Windows10アップグレードしたPCをリカバリしたら前のOSに戻っちゃうけど・・・(大丈夫)

| 0件のコメント

Windows7,8,8.1だったPCをアップグレードでWindows10にしあるPCが調子が悪い、HDDの調子もわるい、と言う場合、リカバリが出来れば話は早い。データ領域やOS領域が壊れかかっていてもリカバリ領域が生きてさえいれば、最初にHDDクローンをつくって、それからリカバリーすればいい。リカバリーメディアがあるようならそれでもOK。

とにかく目指すは購入時の状態。リカバリ後はそのままWindows10へアップグレードしてOKだ。「え?Windows10の無償アップグレードは終わったんじゃ・・・」はい、終わってます。

意外と知らない方も多いようなのだが、Windows10からライセンス方式がかわっていてデジタル認証になっている。そのお陰で一度でもWindows10へアップグレードしてあるPCならその時にWindows10のデジタル認証を既に受けているのでライセンスを取得している。なのでリカバリーして一旦前のOSに戻ってもWindows10に再度アップグレード出来るという訳だ。(ちなみにWindows8,8.1がプリインストールされたPCはプロダクトシールが無い。これはマザーボードにデジタルプロダクトキーが書き込まれていて他のPCに流用出来ないようになっている。ま、ごにょごにょすれば・・・*略))

Windows10のライセンスを入手してクリーンインストールでも良いのだが別途購入代金もかかるしドライバ探さなきゃだったり、付属ソフトウェアがごそっと無くなったりで何かと不都合もあったりする。

てことで、複数台リカバリー作業中orz…

しかし・・・どうしてこうもWindowsのアップデートは面倒なんかねぇ?

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。