bingの検索結果が使えないものが多いのはなぜだろう。。。

| 0件のコメント

と、思っている人はどれだけいるのだろう? Microsoft edgeの標準検索エンジンなので特に気にもせずにそのまま使い続けている人も多いかも。

たとえば、何かのPCのハードウェアのドライバを探そうとすると、本来チップベンダーのサイトが上位を占めていいはずなのだが、bingでは怪しいダウンロードサイトが上位を占め、目的のサイトがなぜか探しにくい。Googleの検索結果に絶対的な信頼を置いている訳ではないが、同じワードでGoogleで検索するとGoogleはまっとうに検索結果を表示してくれる。そして、目的のサイトを探しやすい。

このことから単に中身はさておきSEO対策されて上位にくるものを上に上げているだけの気がするbingに対して、googleの場合はSEOだけではない独自の何かで上位を決めている気がする。(その仕組みについてはブラックボックスだろうから詳細には解らないが)

ただ、bingの検索結果でフィッシング系(の疑いがある)が上位を占めたり、本家のサイトではなく所謂まとめサイトのようなのが上位の画面を見ていると気持ちが悪くなる。

個人の、とても有用なサイトはGoogleだと見つけやすいが、bingだとなぜかなかなか引っかかってくれない。いまはどんな感じかなと、たまーに思い出したようにbingを使ってみるのだが、この傾向が一向に改善されない。。。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。