Studio One 3をちょっと使ってみたけど、Logic Pro Xがやっぱり私には合っている。

| 0件のコメント

Cubaseはそもそも使おうと思わないんです、なぜか(苦笑)。ま、MacユーザなんでLogic Pro Xが破格に安いってのもありますけど、現バージョンは安定してますし、使いやすい。

他に気になっているDAWというかLogic Pro Xがディスコンになったり、どうにも嫌気がさしたら多分Studio Oneに移行するのが最有力候補。音がいいとの評判ですが、よーくあちこちのブログを読んでみると未完成な感じがそこはかとなく漂ってましてw どれ実際ちょっと試して見るか、と、Studio One Primeを入れてみてちょっと遊んでみました。。。

うーん・・・(^^;;; Logic Pro Xの方が直感的だなぁ。というかLogic Pro Xに慣れちゃってるので、色々面食らうすな。わかってくると操作はStudio Oneの方が速いのかもだけど、なんだろう、イメージ膨らましにくいっていうか、うまく言えないけど、例えばギターとかキーボードをなんとなしに触ってて思いつくフレーズってあるじゃないですか。それがしにくいっていうか。生楽器や外部音源をまとめるのには良さそうな感じだけど、Logic Pro XってDAWなんですけど、私にとって楽器的なんすよ(^^;;; 操作感がMac的ではなくてwinアプリをMacで動かしてる感覚もあります。うーん、やっぱりうまく説明できない(^^;;; スコアエディタがない(外部のスコアアプリと連携はできる)のもちょっと個人的にはマイナスです。

ま、Primeではっきり言えるのは付属音源は全く使い物にならんです。サードパーティ製のプラグイン使ってみようにもPrimeではプラグイン自体に未対応。曲が作れるっていうか、録音したものを仕上げられるだけって感じっすな、Prime。付属音源の音を気にしなければ一通り使えることには間違いないけど、使えるってほどでもないなぁ。やっぱPro版買って本格的にいじってみなくちゃわかんねぇです(^^;

てことでまだまだ移行するには早いかなぁと。でも、移行候補であることには変わりないです。(アップグレード料とかも安めで好印象)

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。