うーむ。。。。「憲法9条こそ守らなければならない」について。。。

| 0件のコメント

ま、いろいろな立場の人がいて、いろいろな解釈、思想の人がいるので、それに関してはそれぞれ議論して欲しいと思うのですが、この方、

憲法9条こそ守らなければならい 侵略されたどうする? – 弁護士 猪野 亨の …

というエントリー。本人は100%正しくて、違う意見の人が間違っている的な、よくありがちないかにも弁護士的な記事を書いてらっしゃいますね。

「今日の憲法9条に関する争点は自衛隊が違憲かどうかではありません。集団的自衛権の行使として海外に自衛隊を派兵することの是非です。」

という部分を含め記事内容には概ね同意。ただし、この手の話をする方がみな同じこと言う一言。

「現状において、ロシア、北朝鮮、中国が日本国領土に武力侵攻してくるとは到底、思われません。北朝鮮には外国の領土に軍隊を侵攻させるほどの国力などありません。」

という部分。根拠がわかりません。しかもこれだけ緊迫している状況でのほほんと平和ボケしているかのように断定している。世界各国でテロや戦争の火種が起きているというのに、なぜ【日本だけ】がその可能性がないときっぱり言い切れているのでしょうね? もっと言うと「そんな大きな津波なんか来るわけない(そんなこと心配してるより操業(そして利益)のことを考えろ)(略)」「うちの子に限って。。。(略)」というのとなんらかわりませんね。

 

その危険性を踏まえた上で9条を語るならもっと違った感想を持ったかもしれませんが、所詮本人自身が指摘している憲法9条改正に賛成の人が漠然と言う

「日本が周辺諸国(北朝鮮と中国が念頭にあるのでしょう。あるいはロシアも含めているか?)に侵略されたら、どうするんだ!」

と、なんら変わりませんね。さらには

「私自身は、憲法9条がある以上、自衛隊は憲法違反として、縮小、解散すべきと思います。いじめ問題やセクハラ問題が一向に解決できないような自衛隊組織では、もはや軍隊としての役割も果たせないでしょう。解散してしまったらよいのです。」

と宣う始末。論点をずらしているのは貴方だと言いたい。

理想論は置いといて、まずは現実は現実として把握した上で議論すべきだと思うが。。。

補足:

意見したので個人的な考えも書いておきます。個人的にはどっちもどっちだと思います。が、やらなきゃいけないことはある。時代に合わない憲法は時代に即した形で変えて行くべきで、第9条に関しても例外なく、今後一切解釈を変えずそのまま一字一句変えずに残すべきとは思わない。いかにも島国なガラパコス的解釈で今の国際社会と情勢になじまない。個人的には「侵略戦争の完全放棄。が、自衛権に基づく交戦権は有する」という、暗に常識となっているであろう、同盟国を有する準中立国的とも言うべき状態(自衛隊を軍と明記してもいい)、つまり現実・現状をタブー視せずに認め且つそれを【制御】する方向にもっていくのが一番理にかなっていると思っている。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。