KURE 5-56/CRCは今すぐ捨ててラスペネを買え!

| 3件のコメント

そういえば、先日、誰かから聞かれたので、思い出してエントリー。固着したネジやボルトを外す時、チェーンの潤滑、回りにくい鍵穴、防錆などなどに使われることの多いKURE 5-56。バイクや車などを自分で整備する人は知っているのだが、そうでない人は知らないであろう真実。軽いサビや軽い固着なら5-56で対応できる。サビ洗浄というのならまぁ使える。が、5-56は防錆効果は全くないし、潤滑性能もかなり低い。防錆・潤滑・清浄とうたわれていて、ホムセンでもよく見かけるし有名なので手に取りやすいのだが、過大広告の所為だ。実際自転車でもバイクでも良いのだがチェーンに潤滑油として使うとあっという間に錆びるので嘘だと思うなら試してほしいw つまり、機構をダメにする可能性もある。チェーンクリーナーにサビ落とし成分が付加されている、ぐらいのものだと考えると良いかと思う。(つーか、チェーンにはチェーン専用の潤滑材を使うべき)

じゃぁ、そういう用途には何が良いのかというと、もう、一択。ワコーズのラスペネだ。しかも業務用のA121が良い。手放しでおすすめする。サビに効くのはもちろんのこと、潤滑・防錆・浸透性に優れている。5-56でうたわれている洗浄性はラスペネには無い。古くなって回りにくくなったネジ、ボルトに浸透し回しやすくするというモノだ。5-56はサビと油分を溶かしサビが浮き気味になることにより回しやすくなるという違いがあるのだ。

スプレータイプになっているが、微妙な加減ができる。本当に浸透性がいいので使う量も「え゛!?」というぐらいで良い。例えばギシギシした蝶番には一滴ぐらい。鍵穴にはコンマ3秒噴射。本体価格は多少高いが本当に必要なところにオールマイティに使えて少量で効くからなかなか減らないのでコスパは抜群。下記の用途なら絶対にラスペネだ。

 

ギシギシ音がする椅子の可動部やギーギー音がする蝶番などなど、可動部の潤滑と防錆

鍵穴など、全体が見えなくて一箇所からしか潤滑材を入れられないような構造の潤滑と防錆

固着したネジやボルトを緩みやすくする、潤滑

などだ。1・2に関してはスプレータイプのグリスも良さそうだが、浸透性が全然違うし、グリスだと後からベタベタするのでそういうのがダメなところに使うといい。グリスと違いバイクや車だけではなく家や物のあらゆるところに使えるというのが良い。

なんども言うが、本当に激浸透するので「え゛!?」というぐらい少量、ていうか微量で良い。

家に一つ5-56があって、たまに・ちょくちょく使うひとなら、ラスペネにすると超幸せになるかと思うw

家中に、と言ったが、例えば襖の滑り、カーテンレール、タンスの引き出しなど、対非金属や、広い面積の潤滑や浸透して欲しく無い物などにはKUREのシリコンスプレーの方が向いている。安価だし手軽に使える。同じKUREでもシリコンスプレーはおすすめ。(同じくシリコングリースメイト ペーストもおすすめ)。そういえばついでに思い出したけど、鍵穴にシリコンスプレーをする人がいるが、アレは厳禁!(ついでに言えば5-56もダメ)。

ちょっと分かりにくいが、5-56と表記してあるシリーズは、あまりあてにならないよ、という事です、うん。

3件のコメント

  1. LSベルハンマーがさらにお勧め、一度お試しあれ。

    • es335yyさん、こんちはー!

      あ、LSベルハンマーとラスペネは比較対象じゃないです(^^;;;

      LSベルハンマーと比較するならZoilスプレーとか、AZ CKM-001 超極圧・水置換スプレーあたりでしょうかね。超極圧・水置換の潤滑スプレー。チェーンとかにも使おうと思えば使えますしね。

      ラスペネはチェーンとかには使おうとは思いませんし、シューっとスプレーしたことは個人的には一度もないですw ポチッと数滴分出すイメージです。

      LSベルハンマー、Zoilスプレーなどの超極圧・水置換の潤滑スプレーはシリンダーやスライダーガイドなど、塗布面が露出している部分への潤滑、特に油面が破断するような極度の圧力がかかるようなものに効果を発揮しますよね。
      一方、ラスペネは超浸透性潤滑です。本来バラして潤滑しなくちゃいけないようなところに浸透して潤滑するというのが目的です。ピッチリと組み込まれて隙間のないような金属対金属の間に浸透します。なので固着したネジやボルトにも良いわけです。なのでシューっとっていうよりポチっと数滴、です。

      うちでは超極圧・水置換の潤滑はZoilスプレー使ってますが、ラスペネは浸透するのを重視するところに使います(^^

  2. 勉強になります(笑)

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。