マツダよ、よく言った!(チラ裏な雑記)

| 0件のコメント

年始早々マツダが

「火力発電+EVは本当にエコ?」と疑問を呈すマツダが「夢のエンジン」開発

なんて発表をしている。常々思っていたことをメーカーとして口に出してくれた。本当そう思う。エコカーといわれるものの中でEVだけはエコカーでは無い、と思っていた。

家電やパソコンまわりでも同じようなことがあったりする。例えばわかりやすいところでオール電化。マツダが言っていることと同じことが言える。ある意味便利ではあるが、決してエコではない。エコというなら自身でお金をかけてソーラー化をして自家発電化の方が地球的にはエコだ。(ソーラー工事が高いのでお財布的には特段エコではないだろうが、それでも何かあった時にも電気が使えるという大きなメリットもある)

他にも省エネ省エネというが「個人のお金を使ってでも地球に優しく」の意味なのか「個人のお金節約」なのかどっちだよ!?と思うものが多々ある。例えば、プリンターの電源をこまめに入れたり消したりする人がいる。節電のためだそうだが、電源オン時とオフ時にインクを多量に使う。待機電力を節電した微々たる料金と余計に使った馬鹿高いインク代の料金とくらべると「はるかに」インク代の方が金額が大きい。あまつさえ使わずにしまいこんでヘッドを詰まらせてプリンター買い換え。・・・何をしたいの?

電子機器は通電して使わないとダメになるのが早くなったりする場合がある。ろくすっぽ使わずに買い替えている人もよく見る。電気代を気にして高い電子機器本体をダメにして買い替えなんて、どんだけの価格差があると? 機器本体を作るのに、廃棄するのに、どれだけのエネルギー使ってどれだけのCO2を出していると考えたことはあるのだろうか? 家庭で微々たる節電をして(微々たる電力料金と)電力のためのCO2を減らすより、機器の買い替えを抑える方がはるかに地球にとって優しい(もちろん結局は家計にも)。こまめにコンセントを抜く、待機電力すら節電、というのはそこだけみるとエコの様に思えるが、実は大きな意味では全然エコでは無い(注:持論)。

ポイントを貯めたいがために無駄なものまで買い物をして、腐らせて捨てしまっている・・・というのと似ていると思うのは僕だけだろうか。。。(^^;;;

とか正月早々にブツブツ言っている、相変わらずの電脳-煩悩でした(笑)。てことで、今年もよろしくです。。。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。