JAPANNEXT JN-IPS320CUHDR-N(失敗)とSpyderX Proの導入。

【2020.09.08更新】

の、続き。2日ばかりいろいろと弄って、調整してみて、はっきりしたことは、こいつはやっぱり価格相応の部分もあり「コスパ最高」とまでは言えなと感じます。でも、それまでの使ってたVA液晶パネルのPHILIPS 328P6VJEB/11よりは良いのでしばらくこれで行きますが、予算を付けたら買い換えをするやも・・・ってのが正直な感想です。 (後述)

ゴミ混入やドット抜けはなく、普通

32inch/4K/IPSで飛び抜けて安価なのが何よりの魅力のこのモニター。

LGのVAパネルのと同じ価格。これを外せばIPS液晶だとLGの6万円台〜だもんねぇ。でも、先に書いておくと予算つけてLGの方が良いかも。(良いです)

背面はこんな感じでかなりチープです(苦笑)でも、おかげでかなり軽く、薄くなっているという利点もあります。枠も

このとおり今時の感じでかなり狭く作ってあるので、コンパクトになり、正面からの見た目はPHILIPS 328P6VJEB/11よりずっと良いかも。

巷のレビュー通り設定メニューはかなり使いにくいです。とにかくボタンが硬くて押しにくいのと、メニューが消えるまでの時間が短い事が原因です。ま、一度設定すればそんなに使うものでもないので個人的には評価には反映しませんが、ね。

あ、HDR云々は低価格モニターではスペック上あるってだけでほぼほぼ使い物にならないのでご注意を。ので最初からOFFにしてます。そもそもこれ、ゲーミングモニターでも無いしね。

個人的に嬉しい装備としては微々たることですがUSB 2.0が二つあること。mac mini 2018の冷却に120mmファンと140mmファンをmacと連動して回すようにしているのでモニターからUSBの電源が取れるとモニターがスリープ時にはファンが止まるので都合がいい。

他、ちまたで目立つ悪評といえば液晶パネルにゴミ混入やドット抜けですけど、少なくともうちの個体では見受けられませんでした。いうほど酷いってわけでは無い感じがします。一部の酷い個体が当たった人が声を大きく拡散しているだけ。ま、どれにもあるし、いつもの事ですが。それよりも問題は

配置によっては電波干渉の恐れあり

こちらの方が問題です。PHILIPS 328P6VJEB/11と全く同じ配置で設置して使ってみてたら、Bluetoothがブチブチ切れ、Apple MagicMouse2の動きがカクカクになりました(苦笑)。もう、これだけで返品しようかと思ったんですが購入先がAmazon販売のAmazon発送では無いのでその場合は結構面倒。こちらでどうにかならないかと色々としてたら、モニター直下から少し離せば改善することを発見。下記はモニターとmac mini 2018を横からみた図

上の図のようにこれまで32inchモニターを壁づけで浮かせてモニター下にmac mini 2018を配置していましたが、この状態だと電波干渉が発生してBluetoothが軒並み調子悪くなりました。「ん〜・・・モニターから離せばどうよ?」とちょっとずつ離していったら、このぐらい離せば問題が少なくなることを確認。

写真の位置にすればまぁOK。でもやはり完全ではないです。ちょっとしたことですが、PHILIPS 328P6VJEB/11では問題なかったことを考えると本体のノイズ対策は弱いと言えるかと思います。この辺が安価なモデルのカラクリのひとつかもです。

初期状態では目が痛くなるほど明るく、グリーンが強め

モニター自体の調整項目は少ないです。カラー設定も寒色・暖色・ユーザー設定(RGB)のみ。デフォルト状態ではどうみてもグリーンが強めで、明るさはデフォルトの50でも目に刺さるほどです。やはりというか、ある程度でも、きちんとキャリブレーションとられて出荷されてるってわけでは無いですね。んで、手動であれこれやっていてふと思ったのが・・・

この調整しにくい感じ、BenQのモニターに似てるなぁ・・・

ちょいと調べてみたら、ビンゴ(笑)IPS-AHVAパネルは BenQ(台湾)のグループ会社(子会社)のAU Optronicsが開発したコストに優れたIPS方式の一種の液晶パネル。そうか、それでか。。。BenQ系列のモニターは経験的に手動でちょいちょいと調整したぐらいじゃなかなかうまくいかない難敵なんだよなぁ・・・。同じ台湾でもAsusやAcerのはある程度できるし、韓国のLGも同じくなんだが・・・うーん・・・。と、ぶつぶつ言いながらしばらくチマチマやってたが、やっぱりうまく行かず(苦笑)。ええいっ!ポチッ!

Datacolor SpyderX Pro

てことで、届きました。Datacolor SpyderX Pro。よりメジャーなX-riteと迷いましたが対応にちょっとだけ不安があったのと、Spyder5から新しくなったばかりのSpyderXの方に魅力を感じたのでこちらを。もちろん日本正規代理店のもの(並行輸入品も売られているが、一番大事なアプリがダウンロードできない可能性があるので避けた方がよいかと)。

さて、使い方は簡単。アプリをダウンロードしてアクティベーションし、アプリの指示に従っていくだけ。簡単というか超簡単。

キャリブレーションしている時に判明したんだけれど、こいつ(JN-IPS320CUHDR-N)、照度をゼロにしてちょうど良いじゃん(笑)ゼロにして200cdだそうだ。サブディスプレイのPIXIO PX275hの方は25に落として200cd。モニターパネルの素性としては

JAPANNEXT JN-IPS320CUHDR-N
PIXIO PX275h

ちょっと見づらいがグリーンの三角がsRGBだ。なるほど、JN-IPS320CUHDR-Nの方はsRGBにはちゃんと対応している。が、ギリギリだね。というかほぼsRGB。一方PIXIO PX275hの方は余裕がある。AdobeRGBには届かないが。

2つのモニターのキャリブレーションをとってみたら、ほぼほぼ満足のいく結果になったが、先述のそもそもの色域性能の違いで、2つのモニターは完全一致はしない。が十分に脳内変換できる範囲。

てことで

JAPANNEXT JN-IPS320CUHDR-Nは「安かろう悪かろう」とは言えないレベルはあるものの、コスパ最高とまでは言えないという感じ。電波干渉にも注意が必要。そのままでは色味はかなり転んでおり、明るさは明るすぎ。これは出荷時点でのパッと見の派手さを優先した結果か。sRGBまではきちんと表示出来るのでキャリブレーターでキャリブレーションとればWebの作業や慣れた人なら(脳内変換できる人なら)印刷系のPhotoShopやIllustratorでの作業では使えるかと思います。というか、キャリブレーター必須。(あ、普通にWeb見るだけとかOfficeアプリ使うだけならどーでもいい、っていうか安価なVAパネルでいーんじゃね?と。)

「安かろう悪かろう」に変更します。

  1. 手持ちのどのモニターよりも色再現性が悪い(確認済)
  2. シャープネスも弱く、文字がぼやける(会計アプリなどで文字が見えにくく疲れる)
  3. VAモニターよりは良いものの、画面の端では色が変わる(IPS-AHVAという方式のせいか?)
  4. フリッカーフリーをうたっているが、手持ちのモニターの中で一番チラつき、メインに据えてみていると目が疲れる。サブのPIXIO PX275hと並べてみていると一目瞭然に見づらい(色再現性と合わせてバックライトの白色LEDの差もあるかも)
  5. そして決定的なのは電波干渉の問題。配置によってBluetooth機器がブチぶち切れ、Wi-Fiの速度は落ちる。つまりそれはノイズ発生源となりDAW作業などに悪影響を及ぼす危険性を心配する必要がある(使っている部品、設計に不安がある)。実際Ethernetも影響を受けてmacの再起動を余儀なくされたりもする。

Amazon販売ではありませんでしたがAmazon発送のプライム扱いだったので以上の事を特に(5)電波干渉を引き起こす問題はMagicMouse2やらキーボードやら近くに置いているAmazon Echoやらが使えなくなるので、Amazon カスタマーに相談して、返品・返金することになりました。

正直IPS/4K/32inchという条件なら2万円ほどプラスになってしまうがLG 32UN650-Wの方が良いかも、とも思うし、マルチモニター環境ならキャリブレーターと合わせてこのモニターってのもアリかとも思う。

てなわけで、返品・返金を受け付けてもらえたので、先月8月に発売されたばかりのLG 32UN650-Wに買換えます。。。

4 thoughts on “JAPANNEXT JN-IPS320CUHDR-N(失敗)とSpyderX Proの導入。”

  1. なるほどですねー。
    別機種のレビュー見てて、よくある中華モバイルモニタの基盤使ってるとかいう話もあったので、調整は厳しそうだなぁと思ってましたが、それ程とは、、、
    やっぱLGのを狙って、値下がりしたら買おうかなぁと。

    1. > 調整は厳しそうだなぁと思ってましたが、それ程とは、、、

      へい。素直にLGの方をお勧めします(爆

      感覚的なことも加味しますですが
      NANAO,Apple > LG高価格ライン > LG,Asus, Acer, Philips, IXIO, I/Oデータ, iiyama BenQ(こいつは微妙だが) > JAPANNEXT > DMM.com, KEIAN
      って感じですかねー。でも、安価な分無駄にはならない感じと、もったいなく無い感じ(苦笑 

      そのうちLGを更に足して、これはWindows/ubuntuにお下がりして、Philipsの32inch VAモニター(重い)はどっかに持ってくかもw

      ま、でも、今のところ大丈夫ですが、特にお勧めはしませんです、こいつ(^^;;;

  2. ありゃ。ダメでしたか。
    メリットは安い薄い軽いだけでしたか。。。

    でも返金あって良かったですね~。

    1. へい。やっぱりメインのモニターには程遠い感じでしたorz

      ほんと、返金してもらえることになって、よかったです。もやもやしたまま使うことになったので。

      ところで、やっぱりロゴは嫌いだけれどLGは良いです(とどいた(苦笑))

usadii3 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA