「SSDは3ヶ月通電しないとデータ消失するからダメ」・・・はぁ?!

| 0件のコメント

いや、逆にびっくりしました。そんな話が一部で(?)まかり通っているなんて。びっくりしてググってみると確かにそんな記事がありますねぇ。自身では検証もしていないコピペ拡散記事が殆どで更に調べていくと、どうもソースは初期のSamsungのサイトと価格コムのQ&Aのようですね(苦笑)。さらに、USBメモリーやSDカードなども同じだそうで、いやはやなんとも・・・。いるんですよね、詳しくもプロでも無いのにそういうネガティブな噂を嬉々として広める人。だからFaceBookとか嫌になってやめたんですけど。

最初に書いとくと【実感】として「そんな訳あるかい!」

デス。いや、正確にはSSDというものが出た当初にはそんなだったかもしれない、Samsungのメーカー保障としては当初そう記載せざるを得なかったのかもしれない、それを今でも通用する事のように書いちゃっているという事だろうなぁ。ちなみに2015年ぐらいに書かれたものが多い。後述するその頃の「高温下でデータロストする」という噂の騒動と特定のメーカの過去の記述と特定の人の個人的意見・思考がごちゃまぜになり、尾びれ背びれつきながら広まった、って感じかなぁ。逆にそれより新しい年に書かれた記事ではそれを修正する記事が多い。
仕事柄多く(自身の、顧客の、納品したもの)のUSBメモリー、SDカード、SSDを扱いますが現実的な話として実感でUSBメモリー、SDカード、SSDでそんな事になった事は皆無です、はい。そういう実感のもてないくらいPCを使ってない人の話なんだろうか、とか。

ただし・・・

これはSSD、USBメモリー、SDカードなどのフラッシュメモリー系に限った話ではなくてHDDを含めPC系のストレージメディア全般に言える事ですが「永久保存メディアではない」というのは間違っていません。特定の条件下では著しく保存率が下がったりするのも事実。件のSSDでは高温下ではデータロストの危険性は確かにあがります。が、45℃の環境でPC使う人もそうそういないでしょう。少なくとも日本の環境で正常にPCが動作している環境では問題にはならないはずです。気にするなら例えばデスクトップPCなら排熱やファンの風が当たるようにするとか気をつけるぐらいでOKかと思います。
(あぁ、Samsungの記載はそういう通常ではない環境下で保証できる期間が3ヶ月、という事だったのかもしれませんね…Samsung好きじゃないのでこれは調べてもいませんし、今、どーでもいい。)

参考までに

こちらのGigaZineの記事が参考になるかも。これも2015年の記事で「高温環境下で数時間でデータが消える」という噂は正しいのか?について書かれた記事。

https://gigazine.net/news/20150514-ssd-temp-endurance/

さらにこちらは多分うちと似たような業務をしている方の、SSDメーカーに2010頃に聞けた話だそうで

http://pcinformation.info/pcparts/ssd-lifespan-leave-long-time-no-worry.html

特にここの部分

SSD は約5年間は放置してもデータは消えない


長期間放置についてです。どれくらい放置しても大丈夫なのか、その目安は SSD の劣化具合と放置環境によって決まってきます。 

容量が 128GB の SSD なら、データ書き込み量が数百TBに達しているほど劣化が進んでいても約5年間は放置してもデータが消えることはありません。約10年間放置してもデータが消える可能性は低いです。 

あまり劣化していない状態だと、どれくらい放置してもデータが消えないのか予測するのは難しいほど長い間放置してもデータが聞こえることはありません。 

ただし、高温の環境で長期間放置すると短期間でデータが消えてしまう可能性が高くなりますので、高温の環境での長期間放置は厳禁です。一般的なパソコンの適切な使用環境の温度上限35度を超えないところで SSD を保管しておくのが望ましいです。

「パソコンの選び方買い方」より

これが実際の話だろうねぇ。私の実感とも一致。というか多くのパワーユーザ・ヘビーユーザの実感とも一致するかと思います。プロ・パワーユーザ・ヘビーユーザ以外の、特に所謂スペック厨あたりが騒いでいたのではないかと想像します。そんな事どうでもいいからまず付けて使って必要な作業しろよ!と言いたい(苦笑)。その上で実感や実体験をもってからにしろよ、と。何か聞いたり疑問を持つのはそのあとじゃね?と。カタログ集めてあーだこーだも楽しいのはわかるけど、喧々諤々とするようなこっちゃない、デス。はい。

あと、ついでにですけど

SSDを買うときには実際に使う量より倍程度以上大きめを買うのがオススメ

デス。これも上の

http://pcinformation.info/pcparts/ssd-lifespan-leave-long-time-no-worry.html

に詳しく書かれてますが書き換え回数が多くなればなるほど寿命は短くなるのは当然で、容量に余裕があればあるほど寿命は延びるって事です。これ、Memoryが少なくて(古いPCで4GBまでしか積めないとかで)、SSDでお茶を濁しているPCではSSDにスワップファイルとか作るので速度的にはHDDにスワップファイルつくるより動作が速くて多少快適にはなるんですが、その分書き換え回数は多くなります。。。んじゃぁ、大容量の高価なSSDを古いPCにつけるかって言ったら・・・悩みますよね(^^;;; 古いPCにWindows10入れるような場合はその辺のことを考えて買い換えるか延命するかといのも一つの目安となります。

結論:普通に使っている分にはそんなの心配する必要はない

当たり前ですが。ただし、やはり温度には気をつけた方がいいのと、バックアップは「自己責任」ですので必ず取るように、できれば複数のメディアに、です。SSDのせいで!とかHDDのせいで!とか騒いだところでデータは戻ってきません。SSDだからとかHDDだからとか関係なく、いかにデータを保存するか、結局そういう事です。
(てことで、私にそんな疑問を投げかけた方、理解していただけたろうか。)

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。