YAMAHA MT-25故障-放置プレイ中(怒)

あいも変わらずな体調の状態が続く@usadii3です。暫くぶりの更新です。いや、ネタはあるんですけど、なかなか更新できなくて。特にこの記事を書けるようになる(体調)のに(この故障の所為で)1ヶ月近くかかったくらい。そのうちゆっくり書いていきます。

YAMAHA MT-25突然の故障

さて表題にあるMT-25ですが、先月末、走っていたらかすかな電子音のような音がし始め「???」と思いながら走っていると突然電子メーターがシャットダウンしてエンジンも止まる。びっくりしつつ路肩に停めるも「クゥンクゥンクゥン・・・・」とクランキングするような音がするし、エンジン切れているのに前に進もうとする。なんじゃそりゃ。

メーターを再確認。キーを回してみるもかわらずメーターはシャットダウン中。キルスイッチを押してみるも燃料はいってない。エンジンはかかってない。でもタイヤは回る。どうにもならんので1速にギア入れてクラッチを繋いで止めようとするも失敗。2速でも失敗。勢いがついてしまってバランスを崩しバイクを(そろりと)倒してしまう。起こして今度は3速で試すとやっと成功して止まった。。。

どうにもならんのでチューリッヒのレスキューを頼みつつ購入店のハヤサカサイクル泉店にも連絡し状況を説明してレッカーで運ぶ旨を伝える。

暫く待っているとレッカーが到着。MT-25は運ばれて行きました。。。

[…]

OGK Ryuki ピーピーと笛みたいな風切り音を消す。

ごぉぉぉという風を巻き込む音は下から巻き込んでいるようなのと、これはどんなヘルメットでもある程度は仕方なし。ジェットヘルのそれよりはだいぶマシなので、これはまぁいい。

問題は風が強い日だったりヘルメットの角度、風の向きによって「ピー」とは「ピョー」とかする笛のような音の方。これぐらいはどうにかならんかなぁ・・・と。

笛のような音がするということは硬めの空間、狭い空間、ある程度密閉された空間にとある一定の角度で風が当たっているってことだ。そんな空間どこにある? ヘルメットってほぼほぼ内装で包まれてるじゃん。スピーカー仕込むところだって周りはスポンジだし・・・。

と、あちこちみてみると、ありました。システムメットならではの空間。チンガードと本体のすり合わせ部。ここに空間がありますね。音のする位置も言われてみりゃ確かにこの辺。厚み1.5mm〜2mmぐらいのスポンジでうまく空間を閉じてあげればよさそうっすね。

[…]

ラフ&ロードのチェストプロテクターが全くもって気に食わないのでCE Level 2へ改造する。

写真真ん中がラフ&ロードのレザージャケットについてきたRR10112ライトフィールチェストパッド。一応新しく出たパッドでウレタンフォームでやわらかくそれまでのラフ&ロードのよりはマシなレベル。写真左がラフ&ロードで一番プロテクション効果があるとしているRR10074ハードチェストパッド。CE1でもない、komineの以前のチェストプロテクターよりも落ちる感じ。

でも形が独特て互換性が全くなく他社のチェストプロテクターを仕込めないので仕方なくRR10074ハードチェストパッドを入手したんだが・・・。

これ、ダメだ。縦に長いので脇腹のあたりまで来る。つまりジャケットの左右のポケットの裏側まで来る。これが非常に具合が悪い。ライディング姿勢になると硬い分、下が固定されジャケットが上にずり上がってしまう。バイクを降りた時でも縦に長いのでジャケットの前面が板のようになってしなやかさが全くない非常に変な感じになる。ジャケットの前面全部にプラ板でも仕込んでるかのようだ。カッコ悪いったらありゃしねぇ。

どうにかならんかなと1ヶ月ばかりアレコレ使えそうなモノ探してみたり、方法を考えてみてたりしてたのだが、なかなかうまい方法が見つからないでいたのだが、ふと思い立った。komineのエニグマのバックプロテクターを切って小さくして形を合わせて使ったんだから、これも形を合わせりゃいんじゃね?

[…]

YAMAHA BRONCOが好き。

私はメインにはスクランブラーを選ばないけれど、スクランブラーが嫌いなわけではない。今あるスクランブラーが重すぎると思っているだけだ。大排気量のスクランブラーなんていらん。HONDA CL250? 170kgあるじゃん、いらん。そんなことを某motoマジマンさんのブログ記事を読んでいてふむふむとあれこれ考えていた。私はオフロードでもアドベンチャーでもなく、軽量スクランブラーが好き。田舎道や田舎の林道をお弁当もってトコトコとニコニコしながら走りたい。

今回入手したMT-25に追加して、完全趣味に振った2台目のバイクを入手できるとしたら、絶対YAMAHA BRONCOがいい。色はもちろん写真のイエロー。乾燥重量は108kgの223cc。そう、セローの兄弟車。

・・・。かわいぃ。。。

そう、これが好きなのでこれ以上にデカくて重いスクランブラーに全く興味が行かないのだ。クロスカブやハンターカブも好きだけれど、できればこっち。モンキーやダックスもかわいいと思うけれど、自分で買うならこっち。絶版車だけれどセローと共通の部品も多く整備的にも安心目。もちろんメインにMT-25がある前提。

[…]

バイクウェアのプロテクターをCE Level2へアップグレード

体調はもうすっかりいい!と思っていたら昨夜突然にきましたorz。まだ完全に安心はするなってことですね。でもバイクに乗ったり温泉入ったりお昼は食べにいったりはできるようになったので、かなり良くなったのだとは思います。今日は安静にしてましょうかね。てことで。。。昨日の続き。

モノにもよると思うが大体ウェアに標準付属のプロテクターはCE Level1かCE Level1でもないやつがついている。中にはみるからに心許ないプロテクターだったり、さらに中には「これ・・・プロテクターじゃなくてただのスポンジだよね?」なんて感じの無理があるジャケットもある。

手持ちのプロテクターでやりくりしていたんだが、最近良さげなのも出てきたので追加しつつ、寒いし雪があったりでMT-25に乗れないのでそれらをCE Level2のモノにあれこれ差し替えよう、と。

[…]

ラフ&ロードとKOMINEとその他のジャケット

KOMINEのバイク用デニムパンツはお気に入りで、ケブラー入りのやつと普通のフィットストレートの2つもってて気分で履き替えてます。デニムパンツはいいんだよなぁ。。。一方、ジャケットなんだが・・・

写真のWPな3シーズンジャケット、6年使ってみて思うのは、RSタイチのジャケット足元にも及ばないってことですね。止水ファスナーにはなっているもののそこから風が入り込んでくるし、当然水も入ってくる。なので中にウィンドプルーフを追加しないと寒い。縫製も雑なところがあったり、袖の面ファスナーはデザイン重視しすぎて思うように止まらない。メッシュジャケットも縫製が悪くて2つほどダメにした。もうKOMINEのジャケットは買わない(苦笑)。でも、まだ壊れてないし薄手で中にある程度は着込めるのでこれは冬用として壊れるまで頑張ってもらう。

そんなわけで昨年5月にメッシュジャケットを買い替えたが同価格帯のラフ&ロードのMA-1タイプのにした。

[…]

ヘルメット買い換え。OGK RYUKI(え゛っ!?)

気がつくと10年経ってたりして色々と買い替えて出費が重なってしまった。あとはもうないだろうと思ったら、自分でもまさかのヘルメット。いや「つい、うっかり」ではなく「やんごとなき事情」で・・・。

痩せたのが原因

昨年5月に買ったばかりのSHOEI J-Force IVは気に入ってたんだけど・・・。当ブログでも書いている通り昨年夏以降体調を壊して現時点でJ-Force IVを購入時より体重14kg減。

その所為で頭も小さくなり、せっかくフィッティングしてもらったのに緩くなってしまったようだ。L帽体なのでたぶんどうしようもない。ゆるくなったデメリットとしては40km/h以上の速度だと常に「ゴォォォォォゴォォォォォ」という轟音(風切音ではない)とともにヘルメット内を風が行き来する状態。煩い。どのぐらい煩いかというとロードノイズはおろか排気音もイマイチ聞こえない程。もちろんインカムのスピーカーの音も聞き取りづらい。

痩せて衣類を買い換えたりはしていたけれど、ヘルメットもかぁ。。。いや慣れれば大丈夫か?・・・いや・・・だめだなぁ、こりゃ。諦めて買い替えよう。

[…]

YAMAHA MT-25で初おでかけ

天候は安定していて、気温は7度ぐらいだったので初回点検に向けて走らせて来ました。ひっさびさ新車なのでひっさびさの慣らし運転。山はさすがに寒そうだったので海の方へ。

この辺りは昔を知っていると何にもなくなってしまったなぁと思う。整備しなおされて綺麗にはなってたけれど。走ってると寒いけれど、防波堤に座っていると比較的あったか。しばしぼーっとする。

[…]

私にとってのバイクとは、を考える。2024

2024年、元旦から衝撃的です。私も東日本大震災を経験した身ですので心が痛い。被害に遭われた方々、ご家族が被災地にいらっしゃって心配な方、お気持ちお察しします。

そして思い出す2011年の事。あの時に知り合いが私と私の親戚の事を心配して90ccバイクを貸してくれて、ついでにガソリンも分けてもらってやっとの想いで石巻の親戚の安否確認に行けてかなり涙が出るほど感謝した。あの時ガソリンの入手も心許なかったし、実際に石巻に入ってみると車じゃとてもじゃないが動けないような有様で・・・(略)。それから「なにかの時のためにも一台バイクを置いとこう、うん」と思ってKTM DUKE125を入手したのだった。そうだった。

いまもその想いは変わらない。私にとっては第一の理由にはそのためのバイクでもある。

が、その後にCB-1を入手して弄って楽しかったり、部品が手に入らなくなったCB-1を手放しGROM入手して弄って楽しかったりして、すっかり忘れていたのを、2024の2日間の出来事で思い出した。

[…]