RODE VideoMic GO II と SENNHEISER MKE 400-II

基本的にオンカメラ用の、カメラを選ばす使えるのでショットガンマイクで人気の、一段上位機種であるRODE VideoMic GO II と SENNHEISER MKE 400-II。比べられることも多いこの2つのマイク、RODEの方はVideoMicroの上位機種だし、MKE 400-IIの方はMKE 200の上位機種だ。特にMKE 400-IIはMKE 200のデジタル臭い音からステップアップし豊かで高音質になったし、RODEの方は自然で親しみやすい音質だ。すでにあちこちでレビューされているし、音質の聴き比べもできるので、選ぶ場合はそれらを見ればいいのだが、偏ったレビューがやはり多いので、ここではそれらYouTubeレビューとはちょっとだけ違う視点で書こうと思う。

RODE VideoMic GO II

発売当初は人気でなかなか入手できなかったが、現在は落ち着いていて普通に入手できる。このマイクは非常に使い勝手に優れていて、基本的にオンカメラで使うショットガンマイクなのだが、USB-CでPCやスマホと繋ぐと高音質USBマイクとしても使えるのが何よりの特徴だ。そして多くのレビューでは語られていないがそこにこそこのマイクの特徴がある。

USB-C接続して使うと非常に高音質

なのだ。普通にTRS-TRS接続して使うことももちろんできるのだが、USB-Cで繋いだ時には一段音質があがる。なので、普段はUSBマイクとしてパソコンと合わせて使い、外に持ち出す時にはTRS接続のマイクとして使う、の、ようなことができる。

いずれの場合でも音質は派手な、一聴すると高音質に聞こえるが「サ行」が目立ったりするなんちゃって高音質ではなく、中音部もふくよかでバランス良く、トークにも向いている。YouTubeなどではMKE 400-IIの方が高音質だと言っている人も多いが、いろんなシチュエーションで録音してみると、なかなかどうして、いかにバランスの良い音質をしているかがわかる。電池が要らないのも便利で、ゴツめのショックマウントもよく効く。

このショックマウントだが、例えば私はZoom F2やF1と組み合わせて自撮り棒の先につけてフィールドマイクとして使ったりもするが、その時にこのショックマウントのおかげで自撮り棒を握る音(ハンドリングノイズ)はほぼほぼ入らない。つまり

  • オフィスや出先でUSBマイクとして
  • オンカメラマイクとして
  • フィールド録音のマイクとして

十分に使えるマイクなのだ。

ただし、Mac用のアプリだけはダメダメ。全く使い物にならない代物なのは書いておく。

SENNHEISER MKE 400-II

RODE VideoMic GO IIで困っていなかったし、基本的に撮影時の録音、フィールド録音では

  • Zoom F2とラベリアマイク or RODE VideoMic GO II
  • Zoom F1とワイヤレスラベリアマイク
  • Zoom F1+XYH-6
  • アクションカムの内蔵マイク
  • (FUJIFILM X-E4での撮影時は内蔵マイクは同期のためだけに使用し、基本的に音声別撮り)

で事足りているのだが、あまりにもYouTubeのレビューアが高音質、高音質と曰うのでどんなもんかと入手してみた、というのがこのマイク。RODE VideoMic GO IIよりよければ、コンパクトで良いかもとも思ったし。

確かに高音質。が例えばZoomのXYH-6やRODE VideoMic GO IIと聴き比べてみると、高音部と低音部が持ち上がっていて、いわゆるドンシャリ傾向が強め、「サ行」が目立って、トークでは聞きにくい録音となった。高音部と低音部が持ち上がっているので環境ノイズも拾いやすく、目立ちやすい。後処理が必要になるかな。。。

カゴの形状をしており、カゴの中にショックマウントがある構造のおかげでスポンジ状のウィンドシールドなどは必要ない。より風がある場合にはウィンドジャマーが付属するのでそれをつければ良い。

が、この金属カゴの形状のおかげでデメリットもある。ハムノイズが出やすいのだ。電磁波を拾いやすい。

もう一つ。実はカゴの中にショックマウントがあるはずなのだが、実際に使ってみるとハンドリングノイズが出やすい。RODE VideoMic GO IIのようにZoom F2と組み合わせて自撮り棒の先につけてフィールドマイクとして使ったりした場合、自撮り棒を持っている手のノイズ、自撮り棒に這わせているケーブルの擦れる音などがモロに入ってくる。こりゃショックマウントが効いていないか、効いていてもカゴに振動が伝わり、その音を拾ってしまっているかのどちらかでは無いかと思う。ミニ三脚に乗せてテーブルに置いた場合、RODE VideoMic GO IIはテーブルの音を拾いにくいが、SENNHEISER MKE 400-IIはテーブル上の音を拾ってしまう・・・。

この辺の(大きな)デメリットは、私は所有していないが多分MKE 200も同じかと思う・・・。

てことで、うちではSENNHEISER MKE 400-IIはまるで使い道がなくなってしまった。MKE 200含め、高評価している方々はこのあたり、ほんとに困っていないのだろうか?

そんなわけで

マイクとしてみた場合、1万円以下のマイクとは一線を画した音質で価格的に比較的手頃で信頼性もあり、汎用性がある、RODE VideoMic GO IIが電脳煩悩的には一押しのマイク、と言えるかと思う。特に、予算が限られていて、なるべく一つで色々使いまわしたい方にはお勧め出来ます。

ただ、うちでは合わなかったというだけで、トークというより環境録音や場の雰囲気をより伝える目的で、ハンドリングノイズが入らないように工夫したならMKE 400-IIもアリかと思います。癖があるのでちょっと後処理は必要になるかもですけれど、音質自体は確かに良いかと思います。

DJI Osmo Action 3を入手。そしたらDJI Action 2の本当の使い方がやっとわかった(苦笑)

とか書いていたら、1ヶ月足らずでDJI Osmo Action 3とGoPro Hero 11が出てしまったorz. もー少し待ってればよかった・・・。

と、後悔しても始まらないので、Insta360 One RSは一つ手放してDJI Osmo Action 3の方を入手した。ちなみにInsta360 One RSはいい値段で売れたのでホッと一安心。まぁ、手間だけ増えた感じで金額的なマイナスは最小限ですんだので、よしとしましょう。

[…]

カメラバッグ購入。PGYTECH OneGo 6L

公私共に忙しくてまたまた間が空いてしまいました。いやぁ、円安、凄いですねぇ・・・。 あれこれ想像以上に値上がりしていて、ヤバい感じっすね。

円安の所為で

昨日はAppleの発表があってiPhone 14シリーズとかApple Watch8とか発表あったんですが円安の所為で全く興味がわかず(苦笑)。まぁ、無印iPhone 13とApple Watch7で全く困ってないので今回は買い換える気がそもそも無いのでアレなんすが。

他にも、ちょいと欲しいなぁと思ってたモノがぐずぐずしている間に値上がりしてしまって諦めたりするものが、ここ最近多くなってきています。そこ行くと

上のInsta360はまだ値上げの動きはなく実売価格もこなれた状態で買えたのでほっと一安心ですが、今度どうなるかは未定ですし、今日発表予定のInsta360 One X3や今月半ばに発表予定のGoPro 11やDJI Action 3はかなり厳しいことになるかも。

ちょっと前の製品を価格改定前の、円安の影響を受ける前の価格で入手出来るならその方が良いのじゃないか?というモノも意外とあったりしますので、何か狙っているモノがあるなら、その辺りも加味して探すことも必要になってきてます。

新聞などでも「もう政府にも日銀にも手立てはないだろう」とかいうのが載ってたりしますが、そもそも今回のトリガーとなったのは国内の景気のみに目が行った日銀の判断ミスじゃねぇんか?!とかも思って、なんだかモヤモヤします。結果このザマで円の価値暴落と言っても良いんじゃねぇかと・・・。国内景気どころの騒ぎじゃねぇじゃん!いったい・・・(以下略

[…]

Insta360 One RSを更に、更に買い足す。

↑この記事から激忙しくなって1ヶ月ほど間が空いてしまったけれど、生きてます(苦笑)

無事Insta360 One RS 1inch 360度版のアップグレードバンドルは届いて、早速使ってみてます。熱問題以外はおおむねいい感じ。想像通りこれで長尺回すような使い方するのは何か工夫が必要そうです。標準のケースに代わる放熱できるケースとかサードパーティからでも出ればいいんですけどねぇ。。。

[…]

もうSanDiskのSD / microSDは買わない。(偽物晒す)

他にもあるが、Amazonに出品している「風見鶏」と「New-idea Shop」と「セレクトファクトリー【すり替え・模造品対策店】」と激安ショップから「正規品でした」「ベンチマーク問題ありません」というレビューも多い3つのショップから、「海外パッケージ」とか「並行輸入品」とかのものをいくつか購入。写真ではというかココでは代表して2枚で話をするが

結果、全て【偽物】です。

例えば裏面をみると高耐久microSDの方は見て分かる通り本物とは違い安っぽいシールでシリアル番号等が貼ってありますが、SanDiskのサイトでシリアル番号を確認してみると案の定通りません。はい、偽物。

Extremeの方は表面の印刷が雑なのに加えて、裏面にあるはずのシリアル番号すらありません。完全に偽物。こちらは読み込みできたりできなかったりという不安定さもあり。SDカード変換アダプタも選ぶという不思議っぷり。

ていうかうちにあるSanDiskのSD/microSDは全滅でした(爆)。全部捨ててやりました。

ベンチマークすると速度は出る

そう、これが比較的高評価なショップのカラクリだろうねぇ。あからさまに悪い品質のものは使わない。比較的高品質中身の偽物作って安価にしているかもしくはベンチマーク対策でもしているのか、ベンチマークでは意外とイイ結果が出てくる。極悪品と違い容量詐欺はない。

が、信用ならないねぇ。偽物って時点で信用ならないもんね。一応使えはするのだけれど・・・。

Amazonで見たところSanDiskのSD/microSDカードはほとんどがコレのようでAmazon販売+Amazon発送のものはほぼ無いですね。Yahoo!Shoppingも楽天市場も大手家電店や大手カメラ店以外の出品では偽物が多い様で判断つきにくい、という状況。ましてやフリマで買うなんて言語道断な感じ。

怖くてAmazonでもSanDIskのSD/microSDは買えないっすね。これを機にSD/microSDカードの選択メーカーを正規品だとハッキリわかる購入ができるPro GRADE、Kingston、KIOXIAに変えよう、うん。

結論。Amazon販売・メーカー直ショップの、Amazon発送以外からは買うな! 正規品の市場価格の半額とかそれ以下の価格のものは、もともとそのぐらいの価値しかない品質の偽物か、それ以下の品質の偽物と見ていいんじゃないかと。だいたい、今はかなりの円安なので並行輸入品が安いなんてことはそもそもないので、それでも安いのは、そういうことなのだと思った方がいいってことですね。うん。

Insta360 One RS 1inch 360版をポチれと何かが言っている(爆

一部で話題になっている、Insta360 One RSの360度1inch版。Insta360 One RSのコアだけ使って、バッテリーもケースも別に開発されていて、特にライカと共同開発したという1inch版の360度モジュールは、すでにあちこちでレビューが上がっている通り、圧倒的というか、1inchセンサーの動画カメラで撮影した4K動画と同じクオリティの360度撮影が出来ていて、非常にクオリティが高く、個人が手を出せる360度カメラとしては最高峰と言えるかと思う。

こ・・・これは買えってことだな?

でも書いた通り、Insta360 One RSが思いのほか良かったので4月末に360度モジュールを新たに入手したばかりだが、まだ一度も使わないままだったので、1inch版に(できることなら)買い替えを予定して、まぁとりあえず、と、フリマに出してみたら2万円で売れた。私の場合Insta360 One RSを持っているので「1インチ360度レンズアップグレードバンドル」を入手すればいいのと、Insta360ストアの2000円引きクーポンももらったので必要な金額は残り74600円。うーん・・・やっぱり高いなぁ。

とか思っていたら不意に、全くの予想外に、業務資金とは完全に別で資金的に7万円の余裕ができてしまった(爆) なぜほぼぴったりの7万円なのだ。解せぬ(笑)

・・・はなからなかった7万をカウントしなけりゃ5000円ほど足せば買えちゃうじゃん。ごくごく個人的に結果として普通の360度モジュールに5000円足すと「1インチ360度レンズアップグレードバンドル」を入手できる計算だ。

・・・。こりゃどう考えても何かの力が「買え」と言っている(笑

ていうことで、国内では「1インチ360度レンズアップグレードバンドル」はまだ入手しずらい様なのでいつもの様にInsta360のサイトの本国ストアでポチった。11日出荷予定でFedexかDHLで送られてくる予定。(11日の今日fedexで発送されたようです)

いくつか実物で確認したいこともあるので、届いたらレビューあげます。

DJI mini 3 Pro、リモートIDきた!無事インポート。翌6.17にはAir 2sも!

ファームウェアバージョンアップきました。

V01.00.0150

だそうです。DJI RCのDJY Flyのアップデートがなかなか来ないなぁと思ったら、requires DJI Fly V1.6.6 or latarだそうで、なるほど、DJI RC用はV1.6.1から一気に1.6.6を用意していた模様。

最初にDJI RCのファームウェアアップデート→DJI Flyのアップデート→DJI mini 3 Proのファームウェアアップデートって感じでInstallが3段階でした。

リモートIDの項目が出現
DJI Flyもv1.6.6に。
[…]

Aliexpress Standard Shippingの実際。電脳-煩悩の場合 2022。(7.26追記)

の、続き。

ウチでも他サイトの情報が非常に参考になったので、この辺りの情報は多い方がいいよね?って事で、うちの場合の実際の配送例をいくつかと、その備考を載せておきます(他サイトの例をあげてくださってる方々への感謝も込めて)。

[…]

DJI Care Refreshか、エアロエントリー機体保険か。いや個人(個人事業)で使っている限りはDJI Care Refresh一択じゃね?

DJI Air 2sを購入してからもう一年経つのか。早いなぁ。

DJIからはもう一年継続できるCare Refresh +のお知らせが、エアロエントリーからは購入時無償保険継続のお知らせが同時に届いて、どぉしようかなぁ、と。

対人・対物保険は仕事で使う以上入らにゃなんで、それはエアロエントリーのに入るとして、問題は機体の方です。色々と特徴の違いやら比較やらのブログがあって、色々見てましたが・・・。確かに多少エアロエントリーの機体保険の方が多少安いのだけれど、どこにも書いていない重要なことが一つ。

エアロエントリーの機体保険は事故があった時にしか使えない

コレです。どこのサイトも全損時にどっちが安いとかしか書いてないけれど、そうじゃなくて、調子悪くなったとか、異物混入でモーター交換が必要になったとか、不意にジンバルが動かなくなったとか、経年劣化とかそういうのは保険で対応出来ない。ま、当然だけれど。事故による破損もだけど、それらの不調もあるよねぇ。

だからこそのDJI Care Refreshなのでであって、2年目にのみ入れるDJI Care Refresh +なのだ。

まぁ、エアロエントリーの機体保険は海外で使うとか、第三者に貸し出すとか、企業で不特定多数が使うとか、レンタルするとかにも(プランによって)対応しているので、そういう場合にはエアロエントリーの機体保険の方がメリットが大きくなってくるのだけれど。

てことで、ちょっとだけ悩んだが、結局DJI Care Refresh +で1年継続することにした。エアロエントリーは対人・対物のみで更新(6,570円だった)。Care Refreshに入れなくなる3年目にエアロエントリーの機体保険に入ればいいかな。

結論:他人に貸し出さない、国内で飛ばす個人・個人事業主・小規模企業で担当が一人、の様な場合はDJI Care Refreshに入れる間はDJI Care Refreshの方がメリット大きい。て感じか。