もうSanDiskのSD / microSDは買わない。(偽物晒す)

他にもあるが、Amazonに出品している「風見鶏」と「New-idea Shop」と「セレクトファクトリー【すり替え・模造品対策店】」と激安ショップから「正規品でした」「ベンチマーク問題ありません」というレビューも多い3つのショップから、「海外パッケージ」とか「並行輸入品」とかのものをいくつか購入。写真ではというかココでは代表して2枚で話をするが

結果、全て【偽物】です。

例えば裏面をみると高耐久microSDの方は見て分かる通り本物とは違い安っぽいシールでシリアル番号等が貼ってありますが、SanDiskのサイトでシリアル番号を確認してみると案の定通りません。はい、偽物。

Extremeの方は表面の印刷が雑なのに加えて、裏面にあるはずのシリアル番号すらありません。完全に偽物。こちらは読み込みできたりできなかったりという不安定さもあり。SDカード変換アダプタも選ぶという不思議っぷり。

ていうかうちにあるSanDiskのSD/microSDは全滅でした(爆)。全部捨ててやりました。

ベンチマークすると速度は出る

そう、これが比較的高評価なショップのカラクリだろうねぇ。あからさまに悪い品質のものは使わない。比較的高品質中身の偽物作って安価にしているかもしくはベンチマーク対策でもしているのか、ベンチマークでは意外とイイ結果が出てくる。極悪品と違い容量詐欺はない。

が、信用ならないねぇ。偽物って時点で信用ならないもんね。一応使えはするのだけれど・・・。

Amazonで見たところSanDiskのSD/microSDカードはほとんどがコレのようでAmazon販売+Amazon発送のものはほぼ無いですね。Yahoo!Shoppingも楽天市場も大手家電店や大手カメラ店以外の出品では偽物が多い様で判断つきにくい、という状況。ましてやフリマで買うなんて言語道断な感じ。

怖くてAmazonでもSanDIskのSD/microSDは買えないっすね。これを機にSD/microSDカードの選択メーカーを正規品だとハッキリわかる購入ができるPro GRADE、Kingston、KIOXIAに変えよう、うん。

結論。Amazon販売・メーカー直ショップの、Amazon発送以外からは買うな! 正規品の市場価格の半額とかそれ以下の価格のものは、もともとそのぐらいの価値しかない品質の偽物か、それ以下の品質の偽物と見ていいんじゃないかと。だいたい、今はかなりの円安なので並行輸入品が安いなんてことはそもそもないので、それでも安いのは、そういうことなのだと思った方がいいってことですね。うん。

Insta360 One RS 1inch 360版をポチれと何かが言っている(爆

一部で話題になっている、Insta360 One RSの360度1inch版。Insta360 One RSのコアだけ使って、バッテリーもケースも別に開発されていて、特にライカと共同開発したという1inch版の360度モジュールは、すでにあちこちでレビューが上がっている通り、圧倒的というか、1inchセンサーの動画カメラで撮影した4K動画と同じクオリティの360度撮影が出来ていて、非常にクオリティが高く、個人が手を出せる360度カメラとしては最高峰と言えるかと思う。

こ・・・これは買えってことだな?

でも書いた通り、Insta360 One RSが思いのほか良かったので4月末に360度モジュールを新たに入手したばかりだが、まだ一度も使わないままだったので、1inch版に(できることなら)買い替えを予定して、まぁとりあえず、と、フリマに出してみたら2万円で売れた。私の場合Insta360 One RSを持っているので「1インチ360度レンズアップグレードバンドル」を入手すればいいのと、Insta360ストアの2000円引きクーポンももらったので必要な金額は残り74600円。うーん・・・やっぱり高いなぁ。

とか思っていたら不意に、全くの予想外に、業務資金とは完全に別で資金的に7万円の余裕ができてしまった(爆) なぜほぼぴったりの7万円なのだ。解せぬ(笑)

・・・はなからなかった7万をカウントしなけりゃ5000円ほど足せば買えちゃうじゃん。ごくごく個人的に結果として普通の360度モジュールに5000円足すと「1インチ360度レンズアップグレードバンドル」を入手できる計算だ。

・・・。こりゃどう考えても何かの力が「買え」と言っている(笑

ていうことで、国内では「1インチ360度レンズアップグレードバンドル」はまだ入手しずらい様なのでいつもの様にInsta360のサイトの本国ストアでポチった。11日出荷予定でFedexかDHLで送られてくる予定。(11日の今日fedexで発送されたようです)

いくつか実物で確認したいこともあるので、届いたらレビューあげます。

Mac Studio (M1 Max)にあわせて有線LAN環境も全体的に2.5Gbps対応したら、激変した その2

の最後にも追記したのだけれど、どのくらい変わったのか、ちゃんと書いておこう、うん。

例えば、SeaGateの5900rpmなNASやRAID向けHDD、IronWolfの3TBのHDDが2つあるのだけれど、一つはubuntu 22.04 LTSにSATAで接続してファイルサーバースペースにしている。もう一つは外してしまって先日のエントリーの通り、アーカイブ用のHDDにまわした。

で、体感的に2.5Gbps接続のubuntuファイルサーバーへのアクセスでも十分速いなぁと感じたけれど、実際どれだけ速いのだろう?てことなのだけれど

USB 3.0接続より速いじゃん(笑

まずは、USB3.0インターフェースでMacに直に接続したIronWolf 3TB HDDの速度はこう。

まぁ、SSDと比べるとアレだけれど、外付けHDDとしては十分な速度は出ている。まぁ、5900rpmだし、7200rpmじゃないしね。

で、ubuntu 22.04 LTSにsambaを入れてNAS化している同じIronWolf 3TB HDDへMacから2.5Gbpdsな有線LANでアクセスしてみると

USB3.0で直接接続するより速いじゃん(笑

SSDだとどうなるんだろう、とかも思ったので、そのうちに気が向いたら実験してみよう。うん。(気が向いて実験したらここに追記します) 

CD-R,DVD-R,Blu-Rayディスクに保管してあったアーカイブデータをHDDへ変更

上の写真は昨年に買ってあった、HDDやSATA SSDなどをそのまま挿せる便利なやつ。加えてこれは、PC入らずでクローンができたり、セキュアイレースができたりとさらに便利。もう新しいのが出てしまったので、一応新しいののリンクを貼っておく。

まぁ、基本的には業務でのメンテ作業用に入手したのだけれど、普段遊ばせとくのは勿体無いなぁ、と、思っていたところ、そこまで使っていない3TBと4TBのHDDが余ってしまったので、「そうだ、ずっとほぉっておいた過去データをこの余ったHDDへ移してしまおう」と思い立ち、作業開始。気がつくと丸一日たっても終わらん始末(笑

そりゃそうか、Blu-Rayなども含めて結構あって場所取ってたもんね(爆 まぁもう廃棄してもいいか、なデータもあったので、実際の取り込みは枚数は結構減ったけれど。それが3.5inch HDD 2台分のスペースで済むのだからだいぶスッキリするねー。ところで。。。

アーカイブデータの保管(長期保管)には光メディアが最適? HDDは向かない?

そう、検索してみるとわかるが、いつもの良く分かりもしない輩の記事が溢れていて、辟易する。ざっとこうだ。

[…]

9月にはApple Watch 8が発表されるだろうっていうのに、Apple Watch 6からApple Watch 7に買い替えた(苦笑

で初めてApple Watch SEを購入したのだけれど、その後やんごとなき理由で心電図が必要となり2021.4にApple Watch SEは友人に譲って自身はApple Watch 6に買い替え。便利に使っていたのだけれど、今年の9月になればApple Watch 8が発表されるだろうとかいう、このタイミングでApple Watch 7に買い替えた(苦笑

なぜか?

[…]

DJI mini 3 Pro、リモートIDきた!無事インポート。翌6.17にはAir 2sも!

ファームウェアバージョンアップきました。

V01.00.0150

だそうです。DJI RCのDJY Flyのアップデートがなかなか来ないなぁと思ったら、requires DJI Fly V1.6.6 or latarだそうで、なるほど、DJI RC用はV1.6.1から一気に1.6.6を用意していた模様。

最初にDJI RCのファームウェアアップデート→DJI Flyのアップデート→DJI mini 3 Proのファームウェアアップデートって感じでInstallが3段階でした。

リモートIDの項目が出現
DJI Flyもv1.6.6に。
[…]

Aliexpress Standard Shippingの実際。電脳-煩悩の場合 2022。(7.26追記)

の、続き。

ウチでも他サイトの情報が非常に参考になったので、この辺りの情報は多い方がいいよね?って事で、うちの場合の実際の配送例をいくつかと、その備考を載せておきます(他サイトの例をあげてくださってる方々への感謝も込めて)。

[…]

DJI Care Refreshか、エアロエントリー機体保険か。いや個人(個人事業)で使っている限りはDJI Care Refresh一択じゃね?

DJI Air 2sを購入してからもう一年経つのか。早いなぁ。

DJIからはもう一年継続できるCare Refresh +のお知らせが、エアロエントリーからは購入時無償保険継続のお知らせが同時に届いて、どぉしようかなぁ、と。

対人・対物保険は仕事で使う以上入らにゃなんで、それはエアロエントリーのに入るとして、問題は機体の方です。色々と特徴の違いやら比較やらのブログがあって、色々見てましたが・・・。確かに多少エアロエントリーの機体保険の方が多少安いのだけれど、どこにも書いていない重要なことが一つ。

エアロエントリーの機体保険は事故があった時にしか使えない

コレです。どこのサイトも全損時にどっちが安いとかしか書いてないけれど、そうじゃなくて、調子悪くなったとか、異物混入でモーター交換が必要になったとか、不意にジンバルが動かなくなったとか、経年劣化とかそういうのは保険で対応出来ない。ま、当然だけれど。事故による破損もだけど、それらの不調もあるよねぇ。

だからこそのDJI Care Refreshなのでであって、2年目にのみ入れるDJI Care Refresh +なのだ。

まぁ、エアロエントリーの機体保険は海外で使うとか、第三者に貸し出すとか、企業で不特定多数が使うとか、レンタルするとかにも(プランによって)対応しているので、そういう場合にはエアロエントリーの機体保険の方がメリットが大きくなってくるのだけれど。

てことで、ちょっとだけ悩んだが、結局DJI Care Refresh +で1年継続することにした。エアロエントリーは対人・対物のみで更新(6,570円だった)。Care Refreshに入れなくなる3年目にエアロエントリーの機体保険に入ればいいかな。

結論:他人に貸し出さない、国内で飛ばす個人・個人事業主・小規模企業で担当が一人、の様な場合はDJI Care Refreshに入れる間はDJI Care Refreshの方がメリット大きい。て感じか。

Insta360 Sphere 日本でも発売!

DJI Air 2sを残していてほんとよかった(^^

Insta360からDJI Air 2 / 2s用の360度カメラが登場していたんだけれど、日本国内での販売があるのかどうか、わからなかったんだよねぇ。それが

日本語版のサイトでも掲載されました。1ヶ月くらい先になる様だけれど、どーせ、すぐには買えないしね(苦笑)。でも、日本国内でも買えるし、使えるってのが、大事です。はい。急ぎはしませんが、そのうち入手するかも。

これの一番のメリットは機体が映り込まないこと。これに尽きます。これがあるとドローン撮影での幅が一気に広まるねぇ。妄想も膨らみます(笑

Insta360 Sphere

念のため繰り返し書いておきますが、DJI Air 2 /2s専用です。