2018年12月12日
から usadii3
0件のコメント

GPUボード、eGPUについて色々と思案する。

先日のエントリーでeGFX Breakaway Box 350を購入するにあたって下調べをしていて、こんな記事を見つけた。
Mac Mini 2018+eGPUの購入を検討
ふむふむ。。。よく調べてありなかなか参考になる記事なのだが、うちとは要求スペックが大きく異なる。映像系のプロだと思われるこの方はiMac ProやMac Proレベルのマシンパワーを要求しているのがうちとは大きく違う。(どうでもいいのだが「Radeon」を「Radion」と「さすがにそれはないだろう」な間違いで書いているあたり、実は詳しくない人なのか?とも思ってみたり。。。いやほんとに蛇足だけれども(苦笑))

オンボード装着されたビデオボードの性能を100%とした場合、Thunderbolt3でもeGPUは、70%程度の性能しか出せない

これは承知の上。それでもIntel UHD Graphic 630よりは良いだろうよ、って話です。先述のブログによればメインボードに装着されたRadeon RX560を利用した場合と同じ能力をeGPUで出すためにはRadeon RX Vega 56が必要、逆にRadeon RX560をつけた場合には5年前のGPUボードRadeon R9 280相当のパワーとの事…。
ここで「なんだじゃぁダメじゃん!」と思ったあなたは素人です(笑) ボトルネックになっていて本来より遅くなるって話であって、そもそものGPU設計は新しい事、そして必要なパワーが得られるかどうか、が、問題な訳です。GPUパワーをゴリゴリ使う先述のブログの筆者や、ヘビーなゲーマーならいざ知らず、そうでない方は単に自身が必要なパワーを引き出せればそれで良い。以下ベンチマークでの比較だが、eGPUとしてRadeon RX560を利用した場合のRadeon R9 280相当ってのは、かつてのうちのメインマシンiMac 27inch Late 2013のnvidia GT755M(1GB)と比べるとこんなん。

続きを読む →

2018年12月11日
から usadii3
0件のコメント

eGFX Breakaway Box 350 & Raden RX560 意を決してポチる

しばらく悩んでいたがMac mini 2018のIntel UHD Graphics 630についてで書いた通りPhotoShopで一部力不足が露呈。Illustraorでもやんわりと力不足。スリープからの復帰に失敗してメインのHDMIポートにつないだメインのモニターが赤くなってしまうなどの問題も。クリスマスが近くなってくると物流も混み合うし必要な時になかなか届かないのでは困ったっことになるし、そもそも在庫がなくなるのも困るのと、当初から「ちょっとでもきっかけがあればeGPU導入を考える」と言っていた通り、早めにeGPU導入することにした。

eGFX Breakaway Box 350

ポチったのはSonnet TechnologyのeGFX Breakaway Boxの一番下の350wのもの。Akitio NODE Thunderbolt3グラフィックボード専用とどっちにしようか迷ったが、対応GPUボードの互換性表示がちゃんとしている事、重量、サイズ、消費電力を見て、サイズが小さめなeGFX Breakaway Boxの方に決定。

  • Akitio NODE :145mm x 227mm x 428mm
  • Sonnet eGFX Breakaway Box 300w: 185mm x 202mm x 340mm

って、Akitio NODE、428mmって・・・(^^;;; 置き場所に困る。最初からRadeon RX560が搭載されたよりコンパクトなeGFX Breakaway PuckもあるがACアダプタがアホほどでかくて重いという話と7万円近い価格で断念。350wにしたのはそもそも超高性能GPUボードをつける予定がなかったのとできる限り省電力、コンパクト、静かなこと、そしてコストの方が重要だったから。eGFX Breakaway Boxは某秋葉館で33,000円(税込送料込)で買えた(^^

続きを読む →

2018年12月10日
から usadii3
0件のコメント

オーレック スノーグレーダー SGW801を準備する。

めっきり寒くなりましたねー。もう車はスタッドレスタイヤに履き替えてますが、まだ雪がどっかりと積もったりはしてません。してませんが、先日2cmぐらいサラッと積もったので、そろそろ用意しとかんとね、と、SGW801を出してきていつでも動かせるように整備しました。

また今シーズンもよろしくね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブレード除雪機 SGW802 オーレック
価格:198000円(税込、送料無料) (2018/12/10時点)


2018年12月7日
から usadii3
0件のコメント

WordPress 5.0jaの新エディタGutenbergについて

う・・・うーん。。。。

これ、面食らうなぁ。「より簡単に」「より解りやすく」ってのがキーワードの新しいエディタなんだけど、使い勝手が大きく変わって戸惑う方が今の所多い。これと、前のエントリーを新しいエディタで作成してみているのだが、あちこちで調べながら書いている始末で、決して「感覚的に」使えるものではないねぇ。

でも、一方で、これが本来のあるべきWordPressのエディタの姿とも思う。個人的には歓迎すべき点も多い。が、問題はGutenbergについてこれないだろうなぁ・・・な方達がいることだ。。。

ワープロ的かWeb作成ソフト的か

特に言えるのがこれまでのエディタがMicrosoft Wordなどワープロソフトが使えるレベルなら問題なく使える、と、言えたのだが、そうではなくなったという事だ。これまでのエディタはエディタの中でワープロソフトの様な操作感で記事を作成できたので、あまり詳しくない、ワープロ使えるレベルの担当者でも更新ぐらいはできた。

続きを読む →

2018年12月7日
から usadii3
0件のコメント

Roxio Toast 16にしたばかりなのにToast17に更にあげてみた

今年の夏に重い腰をあげてそれまで使ってたToast 14ではmacOS HighSierraではどうにもならなくなったのでToast 16にした。・・・ばかりなのだがmacOS Mojaveでは「このアプリはMojaveには最適化されてねぇけど?」と出てくる。んじゃぁ使えないかってぇと使えるんだなこれが。。。でも先述のメッセージがうざいのと、Toast 17からは64bitアプリケーションになってるのが如何ともしがたい大きな差だろう。またも重い腰をあげて半年しか使っていないToast 16からToast 17にしてみた。ま、なんだかんだ言ったってToastは結構使うし、ねぇ。

64bit版になってmacOS Mojave対応

早速Installして起動してみたが、なるほどねぇ、感覚的な話で申し訳ないんだけど、サクッと起動するのだ。Toast 16までは裏で準備をしているような感じがあって、起動、だったけれど、サクッと起動する。だからなんだと言われてしまえば何でもないとも言えるけれど、64bitアプリになって正式にmacOS Mojaveに対応しているというのはこういう細かいところで実感するって話です。うん。

続きを読む →

2018年12月7日
から usadii3
0件のコメント

そーいや、Apple Pay & Wallet

Mobile Suicaを入れて一応チャージしてWalletに登録はしてみていたものの、あまり使うわけでもなく放置されていたのだが、ローソンがなんとPontaをWalletに対応させた。しかもローソンのレジで「Apple Payで!」と声をかけて利用すると自動で支払いとPontaポイントまでつくという便利さ。

これはと思いサービス開始日にローソンにいって試してみるとさすが田舎(笑)、「Apple Payで!」といっても通じず、iPhoneの画面を覗き込んで「あ、Suicaですね?!」「違います! Apple Payで処理をお願いします!」「う・・・うーん・・・」と結局その日その店ではApple Payは使えず現金で支払った(笑

あれからしばらく経ってやっと全国のローソンにお達しというか「こうやれ」的なマニュアルか何かが来たのだろうか? 地元でもスムーズにApple Payが使えPontaに自動でポイントが貯まるようになってきた。やっと便利さを実感できている今日この頃です。しかし寒くなったねぇ。。。

2018年12月6日
から usadii3
0件のコメント

macOS Mojave 10.14.2アップデートきてますね。

されてますね。早速適用してみました。アナウンスの無い安定性改善や細かいバグ修正などが含まれたりするのが常なので入れてみないと、なんですけど、アナウンス以外でうちで気づいたのだと・・・

Mac mini 2018のデュアルモニターでメインがMac mini 2018のHDMIポート、サブがThunderbolt3 (USB-C)に挿したTUNEWEARのALMIGHTY DOC CM2のHDMIポートという構成なんですが、なぜか起動時やスリープ復帰時にサブの方がメインになってたんですよね。ログイン後は正常に戻るんですけどなんだかな?って感じでしたが10.14.2にしたらメインのモニターに起動時のアップルマークが出てログインできるようになりました。

Safariも12.0.2に上がりましたのでちょっとは期待してましたが、相変わらず白紙ページになります。全然ならないサイトもあるんですけど、高確率でなるサイトはもうダメです。ほんと誰も問題なく使えてるのかなぁ。。。CashクリアしてもPlist作り直してみても、別ユーザ作ってそっちで試してみても状況は変わらずなのでSafariのバグっぽいんだけど・・・なぁ?うーむ。。。

2018年12月5日
から usadii3
0件のコメント

隠れた銘品だと思う、CLASSIC PRO 電源タップ

電源タップの重要性は音楽機材用に電源タップ買換え。でも書いたけれど、これは何も音楽系だけではない。パソコンや周辺機器でも意外と有効だったりする。

例えばMacだがこれに繋いだのと、ホームセンターで売られている安価なテーブルタップに繋いだのとでは安定性が違ったりする。スリープからの復帰だったりが違うのだ。例えばセルフパワーのUSB Hubの電源供給も安定する。

USB Blu-Rayドライブの商品レビューでありがちな「うちのUSBではつかえない!別途AC電源が必要だった!不安定すぎて使えない!」ってのがあるけれど、どれもこれもそもそもちゃんと給電できているのか、がすっぽ抜けて文句だけ言っている。PC本体のUSBポートがダメになっていてちゃんと給電できていない場合もあるし、セルフパワーのAC電源が抜けかけていてバスパワー状態になっているだけだったり(笑)。それでもダメな場合セルフパワーの電源を取っているところを疑ってみる必要がある。電源タップを使っていたら電源タップも怪しんだ方がいい。

ノイズ対策もそうなのだが安定してちゃんとした電源供給ができる高品質の電源タップはPCをはじめとした精密機器で使うと目に見えて効果が期待できる場合があったりする。様々な周辺機器が販売されているがそれらの評価をするなら、まずは電源をある程度ちゃんとしたものにするのが先決ではないかと思う。もちろんちゃんとアースもするべし、だ。

そう考えると無駄に高いオーディオメーカーの電源タップは贔屓目に見ても高すぎる。そこいくと某音屋オリジナルのCLASSIC PROブランドの電源タップはなかなかどうしてちゃんとした作り。無駄にケーブルが長すぎず1.6mなのも個人では使いやすい(3mもある)。そこまで高い価格ではないので試しに使ってみてもいいかと思う。

2018年12月5日
から usadii3
0件のコメント

Mac mini 2018のIntel UHD Graphics 630について

GPU性能を語る時に欠かせせないベンチマーク。しかしベンチマークは単に性能を比較しているだけで【実際に使えるのか、使えないのか】が書かれていないところが多い。しかもパワーを必要とするものの対象が「ゲーム」が圧倒的に多い。GPUはゲームとともに発展してきたといっても過言では無いので仕方ないとは言え、万人がゲームをするとは限らないし、仕事をするためにMac/PCを使っているものには全く関係の無い話だ。中にはパソコンでゲームしないやつなんているのか?ぐらいの勢いで書いてあるところまであるからビックリする。なので、実は全くもってGPUのベンチマークは比較の参考にはなるが、現実に置き換えてみた時にはどれだけできるかの参考には全くもってならないのだ。・・・・困ったものだ。。。

上記は先日あげたGPUのベンチマーク比較だが、それまで使ってたiMac 27inch Late2013のNVIDIA GeForce GT755Mより半分以下の数値しか出せていないMac mini 2018のIntel UHD Graphics 630は、どんだけ使えないのかというと・・・実はそうでも無いのである。実際のMacのアプリや使い方でいうとこんな感じ(ただし本体のMemoryは32GBにあげての話)

続きを読む →

2018年12月2日
から usadii3
0件のコメント

Mac mini 2018のMemoryを32GBに増設。

待ってたMemoryが届きました。私が購入したのはCORSAIRの DDR4-2666MHz VENGEANCE 16GB×2枚キット CMSX32GX4M2A2666C18です。ちょうどAmazonで価格が下がったタイミングで33,154円で購入できました(^^  (うぉっ。。。もう1万円ぐらい上がってるし・・・)

さて。取付取付…。

続きを読む →