iPad Air2 64GBからiPad(第6世代) 128GBに買換え。( 2018.11.11加筆修正)

| 7件のコメント

ました。出てきてこれは飛びつきましたです。またもやiPad Proは見送りですw だってiPadで絵は書かないし、iPadで写真もビデオも撮らないし、CPU/GPU以外のスペック的にはほぼこれまでのiPad Air2で十分。では、なぜ買い換えたのか。スペックはほぼ同じって言ったって…

  • A8Xプロセッサ(トリプルコア)からA10 Fusionプロセッサ(クアッドコア)+MemoryがDDR4(帯域も倍)
  • 記憶容量が64GBでは心もとなくなった。が、256GBは使わず128GBぐらいがいい。

とそもそも重要なところが2つ。あと、Apple pencilが使えるようになったのも、ちょっとは効いてますw まだ買いませんが、多分そのうち買います(苦笑)。 その後すぐに買いました。ちょっと効くどころかかなりいいです。これは所謂スタイラスとは雲泥の差、まさにペンシルと呼ぶにふさわしい使い心地でした。Apple Pencil、やっぱすげーな。

iPad(第6世代)は買いか?

世の中の記事はiPad Pro 10.5inchとiPad(2018新型、第6世代)との比較がわんさとあるのでそれは他をググっていただくとして、iMacをメイン機としてiPhone 7Plusを使い、Ubuntu&WindowsマシンやらAmazon echo dotもある身として(2018.11.11現在では)iPhone XSを使い、Ubuntu&WindowsマシンやらAmazon Echo SpotやらEcho Dotやらもある身としてはiPadはProである必要は全くないわけです。それは2018.10月に出た新しいiPad Proでは尚更。むしろiPhoneとiMacの両方のサブとして使えれば、ってのが主な役目なので先述した通りiPad Air2のスペックで、実は間に合・・・ってたのだが、アプリをはじめとする色々なものが進化してくると使う記憶容量も増えてくる。64GBで十分かなと思ってたが、どうも最近心もとない。でも、iPad Pro 10.5inchの256GBまで要らないし、少しでも安価な方が良い。てことでここではiPad Air2との比較が主になります。

 

iPad Pro 10.5inchまでは今は要らないのは判明してますが、iPad Air2では使ってるとちょっと非力かなぁ、と、感じる場面は多くはないのだけれどゼロでもなくて。Memoryの容量が2GBというのもあるんでMemoryの容量も多いモデルを選びたいところではあるんですけど、新iPadも2GBのままなんですよね。でも、Memoryが実はDDR4になり帯域は倍で、より高速な処理ができるようなってます。A10 Fusionプロセッサなのもあって、ほぼシングルタスクで使うことが多い私には多分Memory容量よりもMemory自体が高速になったのと、CPUとGPUが高速になった恩恵の方があるだろうという事。そして第六世代iPadのモデル展開の32GB/128GB。128GBへの記憶容量アップは私にとってはちょうど良いという事。128GBで48,800円(税別)はやっぱり安い。Appleから買うとSoftBank Wi-Fiスポット(2年間)無料ってのもあるし。ちなみに新しいiPad Proが出て多少安くなった旧iPad Pro 10.5inch 64GB Wi-Fiモデルはそれでも69800円(税別)。その上は128GBモデルは無く256GBになってしまい86800円(税別)・・・高いねぇやっぱり(苦笑)( iPhone XSが馬鹿高くなってしまったのでiPadは安く抑えたいってのもあるねぇ、うん。)

このA10FusionってのはiPhone7と同じ(MemoryはiPhone 7 は2GB、7 Plusは3GB)で、A9と比べて「これまでより40%速いCPU性能50%速いグラフィックス性能」です。さらにその前のA8XのiPad Air2からの性能アップは資料から単純計算するとだいたいCPU/GPUともに倍近い性能ってことになります。ベンチマークだけだとiPad ProのA9Xよりも良いんすから、ねぇ(Memoryは少ないけど)。

こんな感じなんでiPad Air2を使ってた人が仕様をパッと見て「なんだ全然スペック変わってないじゃん!」とおもったら大間違い。確かに目立ったスペックの違いはほとんどありませんが、これらの違いで動作は別物と言って良いかと思います。動作が別物ってことは体感も別物ってことです。(まぁそこまで体感できるアプリを使えば、の、話ですが) スペックが同じでも、搭載されている各チップは違ってたりするでしょうから、細かな部分の動作だったり処理能力だったりそれぞれの機能を使うときの消費電力だったりが違うことにも期待。他にもやっぱりApple Pencilが使えてこの価格、ってのも十二分に魅力。これまではiPad Proじゃないと使えませんでしたからね。この、Apple Pencil、

てことで電脳-煩悩的にはiPad Air2から第5世代のiPadへの買換えはナシ、でしたけど、第6世代iPadへの買換えは十分にアリ、です。(1mmほど厚くなって30gほど重くなってますが(^^;;; つっても、初代iPad Airとほぼ同じと考えると充分充分。)

iPad Proとどちらがおすすめ?

も、一応電脳-煩悩的な考えを書いときましょうかね。。。(要らない?ま、そういわずにw)

iPad Pro 10.5inch/New iPad Pro11inchとどちら?という話なら

  • iPadで写真/ビデオをとる
  • パソコンがなくてiPadがメイン機になる可能性がある、もしくはモバイルPCとの差し替えになる
  • 絵を描く(Apple pencilで!)
  • マルチタスクで使うことが多い

ならiPad Pro 10.5inch/New iPad Pro11inchが良いです。間違いなく。Memory 4GBだし。Apple Pencilの使い勝手はあちこちの情報を見る限りではiPad(第6世代)より、やはり若干iPad Pro 10.5inchの方が良いようです。New iPadではApple Pencil 2が使えますのでこれは比べるまでも無く、です。

もっと大きな画面ってのならNew iPad Pro 12.9inchしか選択肢はありません。

さらに付け加えて

Touch IDが搭載されたNew MacBook Air、とNew iPad Pro 12.9inchとどちらが?

ってのはもう「何をするか」です。もっとハッキリ書けばiOSアプリで間に合うのか、macOS用のアプリじゃないとできないのかです。が、電脳-煩悩的にはMacBookやNew MacBook AirならNew iPad Pro 12.9inchの方を勧めます。

  • 一眼レフカメラで大量に写真をとって保管・整理・印刷
  • ビデオ撮影して編集(プロ、セミプロ)
  • Adobe PhotoShop、Illustrator、などでの作業
  • プログラム開発
  • データベース開発

は、そもそもMacBook/MacBook AirじゃなくてMacBook ProやiMacやMac Proでしょうし。こんな感じで様々なプロ/セミプロの人をのぞいて多くはiOSアプリとその使い勝手で十二分に普段の作業をこなせるはずですし、不足なく使えるかと思います。(ただし問題はバックアップ。iCloudの大容量プランを契約してそこにバックアップするか、やはりMacやパソコンにバックアップするか。でもこれもアプリとちょっと工夫すればいろんなクラウドに保管できるし、直接Lightningにさして外部記憶装置につかえるようにするすべもあるし、基本部分はiCloudと分けるとどうにかなります。)

とか色々と書いた上で

逆にいえば、先述の条件などがなく、メインのパソコンもしくはiPhoneがあるなら、つまりiPadはサブとして使うのなら、2018  iPad(第6世代)で十分に間に合うってことかと思います。何も無理して使わない機能てんこ盛りスペック(iPad Pro)を買わなくて良いかと思うんですよね。iPhoneのスペックを抑え気味にして、iPad Proって感じの構成もありっちゃーありですけど、それも人によるだろうしなぁ。ま、お金が有り余ってるなら、どーでもいいですけど(笑)

てことで2018.11.11現在iPhone XS  256GB、iMac Late 2013 27inch、Ubuntu/Windowsマシン、Echo Spot、Echo Dotとあって、iPad(6世代)という構成ですが非常にバランス取れてます。特に完全にクラウドがベース技術になりiCloudだったり(私はさらにEvernoteだったり)で、必要なものは同期され、それぞれの端末で必要な共有データもどこからでも取れるのでそれぞれ目的に特化したものにしているってことでもあります。

iPhone XS  256GBにしたのは「モバイル」でのメイン機なので。撮影、記録、通話、コミュニケーション、連絡、スケジュール、検索、データ作成、ほぼ全ての作業をこなせます。が、中には画面が大きい方がいい場合もあるので、その場合にはiPadの出番。

iMacやUbuntu/Windowsマシンで作業をしていて、傍でなにか参照したい時など、サブ機が欲しい時にももちろんiPadの出番。iMacでLogic Pro Xを使って、防音室で録音するとき、防音室を閉めて中で歌ってもらって、防音室の外からリモートで操作、も、iPad。

夜ベッドで動画を閲覧するのももちろんiPhoneより画面の大きいiPad。

そう、私の場合ですがそのシチュエーションで最適な端末を選んでいるだけ、なんです。iMacの方がいい場合はiMacでするしiPhoneがいい場合はiPhoneでするし。そう考えると私の場合、iPadは最高峰なNew iPad Proである必要は現在はやっぱり無いです。

そういえばゲーム・・・

最後に蛇足ですけど、ゲーム機としての側面もあろうかとは思いますが、ゲーム向けの機能やスペックは正直どうでもいいのでこれまでもこれからも電脳-煩悩ではその辺りは一切評価しません。ほんと、どうでもいい。体験無視のスペック重視のそれら向けの記事は探せばわんさとあるし「常に最新で最高額のiPhone/iPadを追っかけるぜ〜! ○○(ゲーム)がサクサク動くゼェ〜」的な記事はパソコンにしろiPhoneにしろiPadにしろ全く興味がないので、それはその手の方々の記事にお任せします m(__)m

7件のコメント

  1. すみません、アドバイスがほしいというか質問といいますか、、、。
    現在、huaweiのT2 10インチを使用していますが、操作のしにくさから買い換えを考えています。
    iPadは以前2を使用していましたが(まだ手元にありますがosが着いていけず放置)、ここ数年のiPadは触れたことがありません。
    用途としまして、ネットサーフィン、ブログの執筆(写真等はパソコンで処理、主に文章打ち)、動画の観賞に使用する予定です。
    販売された年数を考えるとiPad Air2が安くで中古品が出回っていますが、やはり最新のものの方が使い勝手はいいものなのか気になっています。
    iPad Air2と第6世代はどちらが買いでしょうか?

    • 今入院してまして(苦笑)、返信が遅れ気味になりましてすみません。

      入院してまさに今そんな感じに使ってます。このような使い方限定ならiPad Air2でも多分全く問題ないかと思います。バッテリーの状態が良くて安価なら買いかと思います。
      が、価格がそこまで変わらないなら新品の方がいい、って感じでしょうか。
      apple pencil が使えるのはやはり大きなアドバンテージになります。

      • お返事ありがとうございます。
        大変な時期にコメント申し訳ないです、、、。

        なるほどですね!
        値段と相談して選んでみたいと思います!

  2. 記事を興味深く拝見しました。

    自分もAir2から、より新しいiPadへの乗り換えを検討しているのですが、
    Air2→iPad(2018)へ乗り換えられて、体感は大きく変わりましたでしょうか?
    特にChromeやSafariでのブラウジングでの体感が気になります。

    私自身のiPadの用途は基本的に、ブラウジングと動画再生がメインですので、昨日発表されたiPad Proはさすがにオーバースペックすぎると考えています。あれはクリエータさん向けなのかなあと…

    • 明石焼丸さん、こんにちは。

      体感もですが、体験も大きく変わりました。Apple Pencil(初代)が使えるのが想像以上に快適です。(既にApple Pencil 2ndが発表されましたがiPad 6世代では使えません)

      ブラウジングは複雑なところだとレンダリングスピードが違います。そうでないところは単にWi-Fi速度の問題なのでiPad云々ということではないかと思います。ただ、動画再生は変わりました。処理が追いつかなくて止まったりしていたAmazonプライム・ビデオが、全く同じ場所、同じ時間帯、同じ動画を再生して比べてみましたが、iPad Air2では止まったり画質が落ちたりしてたものが、止まることも画質が落ちることもなくなりました。
      Touch IDの反応も良くなってます。こういう細かいところの積み重ねで全体的にサクサク感がAir2より上です。それでいて、この価格なんですから、魅力的です(^^

      > あれはクリエータさん向けなのかなあと…

      ですね。それか、iOSアプリでの作業で充分な人且つパソコンと差し替えられる人、タブレット端末で作業を完了もしくはワークフローを補完できるスキルと知識を持っている人、かな。これまでの第一世代からの「iPad」の最新版は「iPad 6世代」、iPad Proは形は似てますがもっと使われ方が違うもの、と考えていいかと思います。

  3. 参考になりました。
    当方も、ipadair2を使用しているのですが(主に仕事用途)、pdfデータ等にペンを使って書き込みができたら便利だろうなと思い、買い替えを検討しておりました。新発売のipadpro11がいいと考えていたのですが、webでいろいろな方のコメントを見ているうちに、思い直している最中でした。
    ipadpro11はおそらく、高機能なのだろうけど、そこまでの機能が必要か・・・マグネットがつくんだ・・・とか、やっぱり、高いんですよね。
    ipadは、軽くて持ち運びも苦にならず便利だけど、外出時にちょっとした作業ができればいい。やはり、メインではないだよなと。
    そこで、ipad2018でもいいかと考えていたのですが、スペックを見る限り差がない気がしていたので、迷っている最中で、とても参考になりました。
    有難う御座いました。

    • ぴーぴーさん、コメントありがとうございます。
      そうなんですよ、iPad Proはいいのはもちろんなんですけど、コスパを考える必要もでてきます。出来ることをどこまで必要とするか、のコスパです。
      うちでは仕事で最近、学習塾に8台、幼稚園に6台のiPadを納品・設定しましたが全てiPad(第六世代)の32GBです。iPad ProでなくiPadだとできることが大きく変わるかっていったらシチュエーションや使われ方によっては変わらないんですよね。ならコスパがいい方が当然良いってわけです。あとは単に気持ちの問題かと(笑) 以下略…

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。