iPad Air2に買い替え。と、Adonit Pixel。

| 0件のコメント

IMG_5209

ぉ。iPad miniが届いた。で書いてあるようにiPad2から初代iPad miniに移行したのは、軽さと小ささから。特に軽さ。そして当時はiPadをもって打ち合わせに臨むというスタイルはまだ浸透しておらず、システム手帳サイズのiPad miniの方が違和感がなかった、というのもあった。

ところが、私も老眼が進み(w)、いよいよiPad mini2のサイズでは文字の判読が難しくなってきた。加えてiPadがAirシリーズになって400g台とぐっと軽くなり、Air2では更に軽くなり、指紋認証も使える様になっている。昨年iPad proが出て、今年はiPad Air3なんてそろそろ出そうだが、どーせ出たばかりのものは定価販売でおいそれとは買えない。が、iPad Air2なら価格もぐっとこなれてきて、買うタイミングとしてはコストパフォーマンス的にはベストとも言える。で、64GB Wi-Fiモデルに買い替え。うん。老眼でも見やすいね(爆)。

 

それと軽さ。400g台なのでiPad mini2とそこまでの重さの違和感は無い。これで目をしぱしぱしながら画面を凝視しなくてすむw

ガラスフィルムとケースはこれにした。ガラスフィルムは安いので心配だったが、エッジ処理もちゃんとしており、これはお勧め。ケースもこのESR製のものは造りもちゃんとしており、普通で良い感じだった。

と、もう一つ買い替え。スタイラスペン。

IMG_5135

Adonit Pixel。Adonit Scriptは10000円弱と高価すぎてポチれなかったが、Pixelはより高機能で6000円台。さらに先日のAmazonプライムデーでポチったので更に安価に入手できた。詳しくはこちらを参照

ペンの隣の長方形のものはUSB充電器。

IMG_5136

こんな感じに充電する。手もちのスタイラス。

IMG_5137

真ん中のAdonit Jot pro 2.0をメインにしていたんだが、先端のディスク、良くなくすw 先日も出先でポロッととれてしまい、見つけるのに、大変www こんどは大丈夫♪

Adonit Pixelはバッテリー内蔵でBluetooth4.0でいろいろと補助的役割をするのだが、例えばパームリジェクト。GOODNOTESで使って見ているが、完璧。紙に書いている感覚で書ける。現時点での唯一の難点はEvernoteのPenultimateが対応していないこと。これは先述のAdonit Jot Script 2.0がevernoteエディションとして出ているからかも知れないが、早く対応してほしい(多分Evernote側の問題なのだが)。

それ以外は価格、品質、ともにこれまでのスタイラスの最上位に位置する。Apple Penは現時点ではiPad proでしか使えないし、たとえ使えたとしても真っ白なペンより、よりペンらしいデザインのAdonit Pixelの方を選んでいたかも知れない。ペン先が細く、ディスクすら無い、というのはやはり素晴らしい。アナログなら当たり前のことが、やっとデジタルで出来るようになった。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。