macOS MojaveでのDVDリッピング(2018.11.19加筆修正)

| 4件のコメント

えーと、内容が内容なだけにあまり多くは語りませんが(苦笑)、某質問があったのでオススメというか比較というかを、チラリとだけ。。。このエントリー、ありがたいことに意外と参照が多いので別エントリーとせず、加筆修正します。

Mac DVDRipper Pro

えーと、次で紹介するアプリと一字違いのアプリwww だ。アイコンも違うので注意。が、こちらの方は至極まっとうなシェアウェア。現時点(2018.11.11)の最新バージョンは7.2.1だ。このエントリーの最初の投稿時の2017の時には7.0.1だったがそこから1年間ちゃんとアップデートも提供されているのも安心材料の一つ。機能も申し分ない。macOS Mojaveでも問題なく動作確認。そして、超簡単。使い方を説明するまでもないくらいw 現時点で$24.95と安価なのも見逃せない。Installするとちゃんと日本語化されているので、英語が苦手でも心配することもない。

体験版でも5枚まで完全に試せる、というのも、オススメポイント。(物語シリーズのような副音声もOK)

iPhone用やiPad用に変換ももちろん出来るが、MacでVLCで再生、且つ、保存スペースが確保できるなら(これが出来ないアプリも多い)DVD丸ごとそのまんま複製するisoファイルで保存するのが画質の劣化ももちろん一切なく、個人的にはお勧め。isoファイルにさえしてしまえばTOASTなどでDVDに元の画質のまま焼き直すことももちろん可能ですし。

電脳-煩悩的にはこのアプリを一押ししておく。

https://www.macdvdripperpro.com

MacX DVD Ripper Pro

現時点の最新バージョンは5.6.0で、動作も安定して良いのだが。。。基本、価格変動が激しい。ついこの間まで無料で配ったり、現在は半額だったり、通常時は7100円だったり。通常時に買った人は無料で配った期間があったと思うと煮え切らないものがあるだろう。逆にタイミングよく無料でゲットできた方はおめでとう、と言うしかない。

機能的には文句は無し。ただ一つ、その売り方はかなりイヤな匂いがする。必要なワードをいれるとわんさと引っかかる比較記事やブログ記事。が、それらの殆どが一般のブログの比較記事に見せかけた自社サイトだったりする。稀に個人サイトが引っかかっても全てアフィリエイトのための記事で、真っ当に比較しているところはついぞ見つけられなかった。ちょうど今、おまけがついてくる「秋のプレゼントセット」についてくるものに、とんでもないものが含まれている。「5KPlayer」という関連付けを全て奪ってしまい、元に戻すのは難しい極悪仕様のアプリだ。どーもアドウェアの匂いがして手放しで信頼できない。また、タイミングによってはサイト自体がセキュリティアプリで引っかかることがあったりもする・・・。

Free版もあるようにどこのサイトを見ても大きく取り上げて一押ししているが、全くの嘘で単に5分しか使えない単なるお試し版なので注意。

電脳-煩悩的には特にオススメはしない。(Toastのように唯一無二なら必然的に変なことをしなくても客はつくと思うのだが・・・。)

https://www.macxdvd.com/special-offer/index-jp.htm?smart-how-to-use-macx-dvd-ripper-pro.htm01

HandBrake

完全Freeでオープンソース。(ただしコピープロテクトを外す機能は持ってない)

ただ、動画変換としては使い勝手が良く、動作も軽いので、色々と重宝する。かなり細かい設定もできる。昔のだったり、個人で作ったものだったりだったら、これで十分だと思われる。通常のリッピングと動画変換、通常じゃないリッピングwの組み合わせで安価に最強という意味では、HandBrakeとMac DVDRipper Proの組み合わせがいいかな、と。

https://handbrake.fr

VideoSolo BD-DVD リッピング(Mac)

加筆修正ついでに、もう一つ。VideoSoloというところがリリースしている「VideoSolo BD-DVD リッピング(Mac)」というアプリ。これ、Vectorにも掲載されている知った「究極動画変換」のところのヤツですね。他のと違うのはアプリ名からしてBlu-Rayに正式対応している、ということ。特にMacはBlu-Ray再生には基本的に対応していないので、Blu-Ray再生アプリを別途購入して再生するか、変換して再生するかしかないので、これからはこの辺も視野に入れなくちゃ、かもですね。DVD画質を変換するよりBlu-Rayを変換する方が当然綺麗ですし。

ってんで、ちょっと体験版をダウンロードして起動してみました。

ふむふむ。。。難しそうなところはありませんね。が、お試し変換は5分以上のソースの場合は5分まで。5分以内のソースの場合には半分まで。

・・・うーん・・・。これが怖いんだよなぁ。実際にこれらの変換だったりリッピングだったりを試して思うことは一枚まるっと試さないと判断ができないって事です。というはアプリの出来だったり、Memoryの使い方だったりで、あとちょっとってところで失敗したりってのがあったり、最後のファイル変換のところでダメになったりってのがあったりするので・・・。仕方がないので画面だけでも見てみるとプロファイル設定のところがすごいことに!

iPhoneのところだけでも

こりゃ凄いねぇ〜。

1枚まるっと試せないのがほんとに残念。30日返金保証とあるので、まずは自身の環境で動作するかお試しで試して、動作するなら購入して使ってみて、それでダメなら返金、というポリシーなのだろう。でも、「Mac DVDRipper Pro」のように5枚まで試せるとは言わずとも、1枚でも試せて(ウォーターマークついてもいい)ちゃんと良い!ってのがわかれば買うと思うんだよね。そこがほんとにほんとに残念。

価格は年間ライセンス2480円、永久ライセンスが3980円。

あ、そうそう、気をつけなくちゃいけないのが2018.11.11時点で対応環境がmacOS highSierraまで。macOS Mojaveではまだ未検証のようだ。MojaveでデフォルトになったAPFS環境下では特にちゃんと動作確認出来てないとなので、そこも注意が必要です。(あぁ、やっぱり一枚まるっと試せないのが残念) それともう一つ。あくまで「変換」なので最初に紹介したやつのように丸っとisoファイルには出来ないことには注意が必要。

ま、でも、こんなのもあるよ、的な。(少なくとも2つ目に「ダメ」の例で紹介したやつとは一線を画します)。

VideoSolo BD-DVD リッピング(Mac)

4件のコメント

  1. ありがとうございました。
    できました! 感謝!

  2. ありがとうございます。
    MacTheRipperの代わりになるソフトを探していましたが
    こちらの記事を拝見して大変参考になりました。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。