結局Canon TS5030に。

| 0件のコメント

Canon MG6230よ、さようなら。。。から必死に探して、結局Canon TS5030に。

選定基準スペック(電脳-煩悩の場合)

うちの場合には基本的にはモノクロレーザーを使ってますので、IJプリンタはカラー印刷/写真印刷が必要な時のみ。

  • さまざまなサイズ・種類の用紙を取っ替え引っ替えで印刷するので背面給紙がメイン
  • カラーは染料インク
  • できればCDレーベルプリント
  • 5色独立〜6色独立インク。できれば5色。(それ以上はiXなA3プリンタもあるのでそっち使う)
  • A3、A1プリンタはあるのでA4サイズ
  • macOS mojaveでプリンタ、スキャナ共に使える事

です。CDレーベルプリントはできれば欲しかったのだけれど今回は諦めました。CANONは最上位機種のみにCDレーベルプリントを搭載なのだが、5色で十分な品質な写真プリントをしてくれるので、単にインクコストが上がるだけの6色の上位機種は却下。Brotherはプリンタ一台だけなら候補に上がったのだがうちの場合は先述の通り写真メインになるので却下。EPSONは2018.10.13現在でも背面給紙はあくまで手差し1枚のままで基本は前面カセット。・・・みんな前面カセットって便利だと思っているのかしら。。。圧倒的に背面給紙の方が便利だと思うんだけど、単に見た目の問題?てことでEPSONは全機種希望と該当せず。

はぁ、またCANONかぁ。。。

仕方ないねぇ。まぁ、互換インクも品質の良いのであればまぁまぁ使えることも分かったので、コストに我慢できなくなればそちらにしてもいいしね。最新のプリンターの場合

「プリント・スキャン機能はApple AirPrintをご利用ください。Apple AirPrintでは、一部ご使用いだけない機能がございます」

になっているねぇ。今後これがトレンドになっていくのだとは思うけれど、AirPrintとメーカーのドライバではまだメーカーのドライバ経由の方が色々と細かい融通が利いたりして良いんだよねぇ。次はそれでもいいけどまだ不安。で、上の条件にプラスしてmacOS mojaveのドライバーの提供があるもの、と限定するとTS9030、TS8030、TS6030、TS5030S(今年のニューモデル)、TS5030のみ(他の最新機種はAirPrint利用のみ)。で、現在でも販売されているのはTS5030SとTS5030の2機種のみ(爆) 選ぶのかんたーん(泣笑)

で、Amazonで見てみたら不幸中の幸い。TS5030のブラックはがっちり価格が下がって8470円。CANONの純正インクセットにちょっと足した価格。この価格なら文句はないです、はい。

実は意外とウチでは使いやすい

TS5030は当然TS5030Sの前の機種ですが、機能は同じ

  • BCI-371大容量インクが使える
  • Alexa対応
  • 背面給紙のみ
  • 自動両面印刷は無し
  • CDレーベルプリント無し
  • Wi-Fi対応
  • 5色ハイブリッドインク

です。ていうか、何が違うの?って感じ。使うインクも同じだし機能も同じ。で半値で買える。一生懸命違いを探したけれど型番以外には見つけられませんでした。単に型番変えて価格の下降を止めただけ・・・かな(ぼそっ) んじゃ、TS5030でいいし!

自動両面は滅多に使わないので今回は諦め。CDレーベルプリントも同じく滅多には使わないので諦めましたが、それ以外は(インクのコスト以外は)ほぼ望む通りのスペック。・・・しっかしEPSONも早く背面給紙を復活させてくれんかなぁ。。。

届いたので実際に使ってみる

一番最初に思ったのは「ものすげぇ、ちゃちい!」です。筐体はまんまプラスチック(笑)黒いってだけで黒いプラスチック。まぁ、ノートパソコンも最近そんなのが多いのでそこまでは気になりませんが。。。それより、用紙を入れるたびに「用紙を登録しろ」と言われるのは面倒だなぁ。これまでどおりドライバーからでいいじゃん。なんでいちいちプリンターに設定しないといけないの? 開発、バカなの? これは使い勝手悪いと思った1番のところ。が、動作音はMG6230より静か。ヘッドの動作音も同じく。これは嬉しい点。排紙受けはもうちょっとどうにかならんかったのかなぁ。。。MG6230がそこまで飛び出たりしなかったのに、TS5030ではプリンターの前面から22cmも飛び出る始末。なーんも、コンパクトじゃないじゃん。やっぱりバカなの??

とか「バカじゃねぇの?」って思うところがいくつかはあるが、まぁ8000円台で購入出来たので、我慢するとしましょう。

印刷品質はこれまでのCanon 5色機です。変わりゃしません。単にドライバーの提供がなくなっただけで買い替えを余儀なくされただけです。

あ、そうそう、macOS MojaveでTS5030のスキャナを使う場合ですが、CanonのサイトのMojave用のダウンロードページみてもスキャナのドライバはあってもを起動するアプリはないのでどぉすんだろ?とか思ってたら、イメージキャプチャ使えって事みたいね。あまりそれと変わりはないけれど、macOS HighSierra用に提供されているCanon IJ Scan Utilityでも動くのでそちらをダウンロードして使うことにしました。プリント時のプリンター設定もこれまでよりずっとシンプルな画面になった。これはmacOS Mojaveのせいかもだし、Canonがより積極的にAirPrintの機能を利用したのか(新しい機種では基本AirPrint)、設定画面がAirPrintのそれっぽいです。(プロファイル選択とか出てくんだけど、あまり慣れてない人わかるんだろうか。。。)

Alexaから使ってみる

最近のCANONプリンターはAlexa対応です。EPSONやBrotherではできない事なのでこれは素直にアドバンテージかと思います(使うかどうかは別として)。ただし、使えるようにするにはiPhoneでCanon Inkjet Cloud Printing Centerにユーザー情報を登録するを参照にプリンターとユーザ登録を済ませる必要があります。その際、iPhoneに証明(プロファイル)を設定したりと、詳しくない方はちょっと面食らうかもしれませんが、指示通り進めばなんとかいけるかと。設定が済んだら、登録したメールアドレスとパスワードをメモって、iPhoneのAlexaアプリからCanon Inkjet Printerスキルを追加し、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力すると使えるようになる。

「Alexa、Canonプリンターの状態を教えて」

「Alexa、Canonプリンターでナンプレを印刷して」

とか使えるのはそんなんだが、ウチみたいにデスクとプリンタが離れているところにある場合にはAlexaで状態を知れるのはなかなか便利かもしれない。

総じて

8000円ちょっとで買えるなら、ってのが前提ですけど、EPSONの4色顔料インクのPX-049Aが、染料インクでもうちょっと写真印刷が綺麗だったらなぁ、ってな向きにはベストかも。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。