ASUS PRIME H270-PROを(いまさら)GET

| 0件のコメント

先日もちらりとコメントとかに書いてたんだけど、今年に入ってわたわたと組んだWin10/ubuntu用のNewサブマシンのM/BがASRockのZ170 pro4のUSED。その時点で安価だったのでとりあえずと選んで組んだが、今となってはUSB3.1 Gen2がなかったりM2が使いにくいところに(メインのPCIe x16のすぐ下でGPUボードとかぶる)あったりして、特にM2の場所がネックで、最近急激に価格の下がって来たM2のSSDをつけてみようかとか思ってもつけられずにいたのを、どうにかしたいと思っていた。

いっそ8世代CPU対応の300番台チップセットのM/BにCPUごと変えちゃうか?とか、M/Bごと替えるならAthlonにしちゃうか?いやRyzenに・・・とか、ずっと考えてたんだけど、7世代(Kaby Lake)のPentium G4560とRadeon RX550の組み合わせで今現在なーんにも困ってないんだよねぇ(苦笑) サブマシンなのでCPUパワーとGPUパワーは今んとここれで十二分。余ったSSDで組んだので250GBでデュアルブートではちょっと心もとないこともあって、替えるならM/BとM2のNVMeなSSD(SSDはそのうちだけど)の方がやっぱりうちでは対費用効果が高いってことで、世の中Coffee Lake世代の300番台チップセットのM/BだというのにKaby Lake世代の200番台チップセットのM/Bをフリマだったり某オクだったりをずーっとウォッチしてみてました。条件は

  • チップセットはz270かh270。OCはしないけれどできればMemoryだけは2666で使えるz270がいいなぁくらいだけど2444でも体感はできないだろうから特には拘らない。
  • ASRockの200番台M/BはUSB3.1 Gen2が無いので今回はパス、残るASUS以外の他メーカーは好みの問題で無条件にパス、ASUSのUSB3.1 Gen2搭載モデルに絞る
  • Soundチップは一般的なチップ搭載(ubuntuで音鳴らせなくなる)
  • M2が使いやすい場所
  • イルミネーション機能はあればいいけど、なくてもCoolerMastarのコントローラで使えてるからそれでいい。

この条件で、よく某オクにもフリマにも出品されるASUS Z270F GamingはSoundチップが特殊でパス、ASUS PRIME H270-PLUSはUSB3.1 Gen2がなくてパス、残るは2つ。

ASUS PRIME Z270-A
ASUS PRIME H270-PRO

どちらもごく普通のKaby Lake世代のM/B。EthernetコントローラーはIntel I219V。そういえばこのチップ、ubuntuをはじめとしたLinuxでうまく動かないとか、Windows10でもそのままではドライバーが適用されないとかいうブログの記事などがわんさと引っかかるんですけど、同じコントローラー採用のASRock z170 Pro4とubuntu 18.04.1で特になにもすることなく全く問題なく動作しているので、それより古いリビジョンでの話だろうね。Windows10にしても少なくとも1809ではなんの問題もない。オーディオは前者がRealtek ALC S1220Aで後者がRealtek ALC887とカニさんで普通なのでubuntuでも問題なく音が出せる。
けど、この二つ、なかなか良さげな中古が出てこない。どちらかというとZ270-Aの方が好みだったので、しばらく待ってみたけれど、適正な価格だなぁってのはなかなか出てこなかった。バカみたいなプレミア価格のは出てくるのだが。。。とかいいつつ4ヶ月・・・。もう諦めてまだ新品9800円くらいで入手できるH270-Proにしちゃうかと思ってみると、最安値はAmazonとドスパラ。とりあえずAmazonを見てみたら、ちょうどAmazonアウトレットであるじゃん! 7000円台。わけわかんねー奴から中古で買って揉めるかもしれないリスク負うぐらいならAmazonプライムで入手した方がひどいの届いても安心だもんね。1つしか無いし、迷わずポチりました(^^
※ さて、どんなのが届くやら・・・。


コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。