Zoom G1 Four、すげっ。

| 0件のコメント

超久々のギターネタ。マルチエフェクター、ZoomのあれやこれややVoxのToneLab STやらを経由してZoom G3に落ちつていましたがちょっと使いくさと重さも感じて使いやすさとコスパ優先でZoom G1onに換えてましたが、おかしなものでG1onにした途端ノラないんだよねぇ。なんでか弾きたくならない(苦笑) やっぱG3を手放さないほうが良かったかなぁとか思うのですが、手放してしまったものはしょうがない。Zoom G3が2011年発売、Zoom G1onが2013年発売。あれから月日も経つし他になにかいいもの出てるんじゃねぇかと久々に今どんなの出てんのかと見てみたら・・・

5年ぶりの新作、Zoom G1 Four / Zoom G1X Four 2019年2月発売、が人気らしい。G3並に音もいいらしい。使いやすいらしい。

ってんで、小さいし安いし軽いし入手してみました。

いやぁ、細かなレビューはググればわんさと出てくるので、そちらを見ていただくとして、個人的な感想のみ。

いやぁ! この価格でここまで来たか。

というのが正直な感想です。まず圧倒的な使いやすさ。Zoom G3より個人的には使いやすいし、分かりやすい。ルーパーだったり、ドラムだったり、エディットモードなり、それぞれそんなにマニュアル読まんでも直感的に使える感じで、良いですね。ドラムの音もリアルで面食らいました(笑)。

フットボタンには小さい透明なボタンも付いており、指で押すことも想定してます。宅録などでは指で操作したいこともあるのでこれも素直に嬉しい。液晶表示も分かりやすく個人的にはG3より分かりやすいと思ったぐらい。

で、肝心の音ですが、テンションが上がる音。G1onとはハッキリと違う。
姿もいいですねぇ。G1onはあのデザインと色で置いてあると「なにかの子供のおもちゃ」っぽさ爆発なんですけど、G1 Fourは大人なデザインで、音楽機材らしいデザイン。でも軽い。

それからチューナーですが、これがまた使いやすく見やすい。これまでで一番みやすい。

こりゃぁもうね、「初心者向け」ではなくて、こういうもの、ですね。これで間に合うシーンは相当あるんじゃなかろうかと。サウンドを突き詰めていけば本物になるんでしょうけれど、そうでなければこれで十分とも思う。それでいて8000円弱。G3から8年、G1onから5年の新作は伊達じゃねぇ!

これから揃えるならエフェクターやアンプなどはすっぱり無くしてこれ一つと、予算内で少しでも良いギター、の組み合わせの方が良いんじゃねぇかと。

こちらのレビューが分かりやすいかな。参考まで

https://tunegate.me/P20190604005

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。