加盟店側から見たコード決済の大きな違い。

大きくはPayPay、d払い、そして大々的にCMをやってるau Pay。利用者側から見るとメリットは様々だが基本的には使ってるキャリア系列のものを使うのが一番お得になるようになっている。ので、乱暴に書いてしまえば大きな違いはないとも言える。ところがだ。加盟店側からみるとこれが大きく違う。何が違うかっていうと・・・

入金サイクルが大きく違うことに注意

PayPay

  • 1万円以上 → ジャパンネット銀行は最短翌日、それ以外は最短翌々営業日
  • 1万円以内 → 月末締め、ジャパンネット銀行は最短翌日、それ以外は最短翌々営業日

※ PayPayの場合、上記のタイミングで入金申請が必要だったりもするが金額が大きい場合は自動で処理される様だ。

d払い

  • 毎月1日~15日の決済…当月末日に入金
  • 毎月16日~末日の決済…翌月15日に入金

au pay

  • 月1回払いを選択した場合は末日締め、翌月末入金
  • 月2回払いを選択した場合は1-15日分は翌月15日入金、15-末分は翌月末入金

と、だいぶ違う。一番長いのがau payで何をどうしようと1ヶ月後だ。・・・平たく言うとお金の流れ的には実質末締め翌月末払いの掛売りって事ですねぇ。つまりPayPayの場合には実質資金繰りの心配をしなくてもいい、d払いの場合は15日間の資金繰りが必要、au payに至っては1ヶ月分の資金繰りが必要、ってことです。

au payから何度か「加入しませんか」と電話がかかってきてたが、au payの支払いサイクルをどうにかしてもらわない限りウチでは完全にムリです、はい。どうしてももう一つ増やさにゃって場合にはまだマシなd払いの方を選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA