2020年、Macユーザは複合機を買う場合CANON以外を選ぶべし!

EPSON EP-812Aが届きました。早速CANON TS8230と重ねてみましたが幅が写真のくらい大きいだけ。奥行きも同じく多少大きめ。本来TS8230と比べるべきは一つ上のEP-882だろうと思いますが、EP-882とEP-812Aの違いはメンテナンスボックスが交換式か否かと、有線LANもあるか否かと、大容量インクが使えるか否かと、液晶の方式と大きさぐらいなもんですからね・・・と、言いたいところですが

EP-812Aの、液晶+ボタンのインターフェースは使いにくい

まぁ、想像は出来てましたが、EP-882と違いEP-812Aはタッチ式液晶ではないので操作は全て右横のボタンでしますが、この方式が使いにくいというか違和感ありまくりというか、テレビのリモコンでURL打つ様な感じなので(苦笑)。それでもその分、数千円安価。でも長く使うなら数千円足してメンテナンスボックが交換式なのと大容量インクも使えて、タッチ式液晶のEP-882の方を選んだ方がいいとは思います。思いますが、最近のプリンタはメーカー問わず昔に比べて壊れやすい感じを受けますから消耗品と考えると「必要な機能を絞って出来る限り安価」な方がいいという個人的な判断でEP-812Aにしたわけです。うちの場合普段の印刷はモノクロレーザーで、カラーが必要な時だけインクジェットですから尚更、です。

それとこの機種は排紙トレイが手動ですが、私、いちいち畳んでコンパクトに出来ることに特に魅力を感じてませんので、排紙トレイ出しっぱなしにすればなんら問題はありません。余計な機構がない分壊れにくいという事でもあるし。というかそもそも昔は手動でしたし。 

ファームウェアアップデートしたらWi-Fiやネットワークの設定(手動でしてた)のがリセットされてやり直しが必要だったのもちょっとだけ気になりますが、しょっ中するもんでもなし、気にしないことにします(苦笑)。

WindowsならTS8230の方が使いやすい。が、MacならCANONの複合機は使い物にならない

WindowsでならCANON TS8230の方が総合的に使いやすいと感じます。しかし、何度か書いてますが、CANONはMac用のドライバを提供しなくなったためにAirPrintを使うしかありません。ので、TS8230というか最新のCANONの複合機が本来もっている機能や性能をまったく活かせないで使うことになります。

今回EPSON EP-812Aに買い替えましたが、やはりMacで使う場合には「圧倒的」にEP-812Aの方が使いやすかったです。使いやすいというより本来の機能と性能が活かせる満足感が高いというか、「そもそもMacユーザにとってはCANONがクソ」なだけとも言いますが。

※注)CANONでもプリンタ専用機ではMac用ドライバを提供している機種もありますので、それは除きます。

EPSONさん、感謝

てことで、EP-812AはEP-812で、EPSONはEPSONで言いたいことも多々ありますがとりあえず「Macで真っ当に使える」というだけで評価に値します。というか評価の土台にあがる、かな。

EPSONさんにはぜひ、このままMac用のドライバを出し続けていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA