23日11時にiPhone 12 (PRODUCT)REDに機種変更してきた

オンライン予約の地元Softbank SHOPでの受取りでしたが、昨日には電話があって発売開始当日に受け取れるってことで、11時に来店予約をしてお昼前には機種交換してかえってきました。

バックアップを復元するのになんやかんや(後述)あって手間取りましたが無事使えるように。ところで・・・

iPhone 12 (PRODUCT)REDは、レッドじゃなくてPINKじゃん!(PRODUCT)PINKじゃん!

写真の通り、(PRODUCT)REDにしてみたのですが、大人の赤を想像していたら、赤というより朱色ですね(苦笑)。ブルーでも「思ってたのと違う!」とかいうレビューがどこぞで上がってましたが(PRODUCT)REDもです。ピンクと朱色の中間ぐらいというか。ピンククラウンの濃い色というか。なので(PRODUCT)REDを購入検討している方は真っ赤ではないことに注意、です。上の写真でもストラップの赤と本体の色が違うのはわかるとは思いますが、うちの真っ赤なソファーの上に置いてみるともっと違いがわかるでしょうか。

もう、最初は「赤だよなコレ(PRODUCT)REDだし、きっと赤だ」と、脳内で思い込もうとすんすが、時間が経って見慣れてくれば見慣れてくるほど、ムリ、コレ、(PRODUCT)PINKじゃん! と、ツッコミを入れる自分に気がつきます(苦笑

よーく観察してみると、サイドのアルミ部分は良い感じの明るめのREDです。カメラレンズのリングも同じく。が、背面のガラス内の色と、カメラの部分(上の写真でいえばケースがくりぬかれている部分)の色が致命的に赤ではない。そして、これ、クリアケースに入れるとサイドの赤は目立たなくなり、背面のピンクのみが目立ちます(苦笑)。・・・しっかしAppleのデザイナー/上層部よ、なんでこの色を(PRODUCT)REDとしてOK出したよ? ったく・・・(ぶつぶつ・・・)

まぁ、Appleは、(PRODUCT)RED収益金の一部を、2020年9月末までの期間限定で、HIV/AIDS対策に代わり新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のために寄付してきましたが、その期間を2020年12月31日まで延長、年内はコロナ対策へと寄付金の全額を提供するって話もあって(PRODUCT)REDにしたってところもあるので、諦めます。つか、諦めるしかねぇんですが。

1000円ぐらいのストラップホール付き透明ケースを用意してましたが、まったくもって好みの(大人な)赤ではないので、ま、ケースをクリアから別なのに替えてごまかすことにします(ぶつぶつ・・・

iPhone 12はさくさく感がさらにまし、やっぱりカメラが良い感じ

iPhone XS比較ですが、同じiOS 14.1の状態でサクサク感がわかるほど違います。それからカメラですが広角と望遠から広角と超広角の組み合わせになったのも個人的には好印象。今日さっそく、ちょっとした撮影をしましたが、超広角の便利さはもちろん、その描写力さたるや!今まではコンバージョンレンズで対応してましたからね。雲泥の差です。ちなみに、上のレンズが超広角で下のレンズが広角(標準)です。

ところで・・・

写真が好きな人はわかると思いますけど、望遠より広角・超広角の方が使いであります。素人ほど望遠を欲するのはなんでなんでしょうねぇ?一眼レフ・ミラーレス一眼レフでもレンズキットは標準ズームと望遠ズーム。初心者にわかりやすいからなんでしょうか? 自分が動かないで(つまり構図を練りもせず)レンズだけでどうにかしようとするから、かな、と思ってみたり。確かにどうにもならない場合(野鳥や運動会など)はありますけれど、望遠は近づけばどうにかなるシチュエーションも多いんですが、広角はそうはいきませんからね。あ、そうか、お父さんお母さんの子供の撮影(運動会や学芸会などの)を念頭にしているからか。でもiPhoneやスマホのようにいろんなシチュエーションで使われる場合には望遠より超広角ですよ。やっぱ。望遠より超広角の方が使い方難しいですけどね(てへ

さて、話はかわりますが・・・

iPhone XSのバックアップからの復元に苦労した

最初に書いておきます。

Macへのバックアップ(パスワード付きの完全バックアップ)の方が望ましいが、それをやったとしても、iCloudバックアップは必ずとること

を、お勧めします。いつもの通りiPhone XSの完全バックアップ(パスワード付き)をmac mini 2018にとって、バックアップが10:50に無事終了したのを確認し、ソフトバンクショップに11:10着。iPhone 12に機種交換し、帰ってきたのが12:10分。

さぁ、さっきとったバックアップから復元すればOK・・・のはずだったが、iPhone 12をLightningケーブルでmacにつなげてみると

「このiPhoneを接続するにはいくつかインストールが必要です」

とかなんとか出やがります。「新しいからかな?」と思いつつ素直にしたがってインストールし、一応macを再起動。それから改めてiPhone 12をつなげてみるとさっきとったはずのバックアップが無い!? 「不明なバックアップ」が一つあるだけで、本来バックアップファイルの本体があるはずの
〜/Library/Application Support/MoblieSync/Backup
には0kbのよくわからんファイルがあるだけ。あれ?バックアップに失敗してた?いや、失敗してただけならどうにかなるのだが、mac本体SSDストレージの容量を確認してみるとiPhone XSのバックアップした容量60GBほど減ってるじゃん! 両方再起動してみるも、バックアップは無いといわれ、SSDストレージの容量も相変わらず。

とにかくバックアップから復元せねばなだけれど、iCloudバックアップも無いといわれる! なんじゃそりゃー! 焦るな焦るな・・・ソフトバンクショップである程度設定されていたiPhone 12を再度リセットして初期状態に戻し、初期設定をiPadを利用してすすめて行くと、無事に「iCloudバックアップから復元」が出た。ふぅ。。。完全ではないものの背に腹は代えられないのでiCloudバックアップから復元し、残りは手動で元に戻していき、無事環境復活しました。iCloudバックアップ、あってよかったぁ(泣

ところでどこかに行ってしまったmacへとったiPhone XSのバックアップはどこに?

これが超難題。普通なら
〜/Library/Application Support/MoblieSync/Backup
にあるはずものものがそこには何もない。不可視ファイルを見れるようにしてみてみても無い。念のためにそこのBackupファイルフォルダごと削除し、キャッシュもまるっと削除し、再起動してみるも、SSDストレージ容量は60GBほど使われたまま。Finderで30GB以上の不可視ファイルも含めたファイル検索をしてみてもそんなものはないといわれる。。。

こりゃ、マジでこまった・・・orz

しばらくあれこれ探してみたけれど、どうにもならず、結局最後の手段。TimeMachineで夕べの状態にmacごと復元! 1時間半ぐらいで復元がおわり、無事macが復旧。SSDストレージ容量も元に戻りました。もう確実にiPhone XSのバックアップの幽霊が残ってた感じだよねぇ、これ。長いことパソコン使ってますがこんなことは初めてです。

なんやかんやあったが、結局なところ気に入ってる

色はアレでしたけれど(苦笑)、その他は順当に性能アップしてますしね。カメラ性能と、手ブレ補正がスタビライザーいらずなところも嬉しいです。あとやっぱ軽くなったのがやっぱり嬉しいです。

5Gはいまのところなんの役にも立たないので、この辺でのサービス開始待ちですが、iPhone 12系はiPhone XSより以前の方は機種変更の対象として良いんじゃないでしょうか。iPhone 11系ユーザはiPhone 13待ち(もしくは5Gサービスの状況をみて)の方が良いかとは思います。へい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA