OWC Thunderbolt Hub、米国から個人輸入で購入。発送のお知らせが届く

個人輸入(海外のサイトで直接購入)はInsta360 One X2やそのアクセサリーに続いて3回目。

で、書いていたOWC製のThunderbolt4対応のHub。書いていた通り一時的先行販売的にに国内でも販売していたのだが、あっという間に売切れ(今日現在は正式に日本国内販売も開始されたけれど軒並み「入荷待ち」状態)、本国米国でも「予約販売」になっていて品薄なOWC Thunderbolt Hub。日本での価格は税込26,400円。だが本国で買うと$149だ。税金やらShipping料やらを足しても$179.94(18,556円前後、もっと安いShippingプランも選べるがコロナ禍の影響もあったりで郵便系は除外して、安心できそうなDHLにした)で8,000円も安い。ってんで「予約注文」を入れていて「12月中旬頃発送予定」となっていたのが、中旬すぎても発送なく、世界的売れているらしく今現在予約注文しても2月過ぎになるとのことから「まぁ、そのうち発送されるだろう、別に急いでないし」とか思ってたら大晦日の今日になって「発送連絡」が来た(苦笑)(実際の発送日は時差の所為で本国の30日)

ギリギリ、ほんとにギリギリ12月に発送しやがった(笑)。ま、自身のMac mini M1の環境も落ち着いて来てちょうど良いタイミングではある。届いたら電脳-煩悩的な視点でレビューします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA