かなーり今更だけど、AirTagを入手。

AppleのAirTag。発売されてからかなり経つけれど、その間にも多くの方が触れて、多くの意見は大体

「いるような・・・要らないような・・・あったら便利なような、なくても良いような」

てな感じ(苦笑)。まぁ、ほんとそんな感じかと思う、確かに。みんながみんな持っていた方が良いデバイスでも無いし、本当に必要性を感じないのに買っても全くもって役に立たないのだから、ね。

そういう私は「あった方が良いなぁ・・・」と、AirTagをつけたいと思っているものが3つばかりあったのだが、単体を3個買うのか、4個セットを買って一個余すのか・・・と、買いあぐねてずっと後回しになっていたのだが、クリスマスのプレゼントに2個ばかり必要になったので、ここだ!とばかりに4個セットを刻印入りで購入し、うち2つをプレゼントにし、単体で1つ買い足した。

必要な人には便利。必要で無い人には無用の長物。

私の場合、AirTagをつけたかったのは3つ。

  1. 業務用で使っているメインのUSBメモリー
  2. 家の鍵
  3. 財布

(1)は実際に出先のPCに挿しっぱなしで忘れて帰って来てしまったり、作業中にどこかに置いてわからなくなって必死に探したり、というのが何度もあったので、まさにAirTagがあれば相当に助かるもの。加えて、このメインのUSBメモリーは内容的に絶対に紛失したりできない代物でもあったりする。

(2)は、車のスマートキーとは別にしてあるので、これまた置き場所を忘れて必死に探すことがある(苦笑)。車のキーは外出してれば常にジーンズのポケットに入れているので、ほぼほぼ落とすことは無いし、無くすこともないのだが、先述の通り別にしている家の鍵等のセットはどこかに置いたり、入れたりするので、どこに置いたのかわからなくなることがあるのだ(つか、これも何度かあった)・・・。

(3)の財布はまぁ、普通の使い方。買い物時や食事の時にバッグごとお店に入る方も多いが、私はできるだけ手荷物を持ちたくない派なので、財布だけで行動することが多く、そんとき、ふと、どこかに置き忘れそうになることしばしば(いや正確には過去に2度ほど無くしたことがあるのだけれど)。

こんな感じなので、確実に必要だったのは3つのみ。あとは・・・私の場合は要らないかな。無理して考えれば「ドローンのハードケースに入れる?」「カメラバッグに入れる?」「折りたたみ自転車のサドルとかにつける?」とかいつくか出てくるけれど、「無理して考えてる」時点で必須ではないって事なので、要らないってことです。はい。

「AirTag」でググると「AirTag、何に使う?」なんていうのが溢れているが、そうじゃなくて、何に使うか考えなくちゃいけないような人は別にAirTagがなくても良い人です。

安心感が違うね

実際に使い始めてみてますが、こりゃ良いね。オフィス内でわからなくなることもあったりするので、ね(苦笑)。音鳴らして場所確認できるだけでも良いです。盗難防止にはならんけれど(盗難防止用ではそもそもないし)、紛失防止にはかなり役に立つと、実感できます。外出時には「手元から離れたら通知」もできるんすね。ふむふむ。できることも微妙に進化したりするのもAirTagのいいところでもあります。

繰り返しますが「必要な人には便利」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA