大晦日の遊び。古いPCを復活させるのも一苦労 の巻。

| 0件のコメント

本職なので雑作もないと思われるかもだが、手順を知っているだけで、手間自体は誰がやってもかかるw

もう大晦日で一段落しているので、復活させられそうな古いPCを(遊びで)復活させるべく作業(遊び)しているのだ(^^

例えばOSだが、現状の OSがWindows XPの場合には当該機種のスペックを調べてMemoryが最低2GB以上搭載出来、且つ、Core 2 DuoやCeleron Dual Core以上でWindows 7が動きそうなら復活の方向で行くがそうでない場合には基本的には廃棄の方向で検討(Linuxを入れて使うという手もある)。現状のOSがWindows Vistaの場合には逆にちと厄介だ。この頃のやつだとHDDリカバリが多いがリカバリした時点のOSがVista SP1以上なら問題ないがSPが当たってないタダのVistaだと苦労する。SPを当てるまでに相当なアップデートを繰り返してやっとSP1がアップデート項目に現れたかと思ったら、Installならない(一瞬で「成功」と表示とされるがいう現象に出くわしたりするのだ(^^; んじゃぁ直接SP1をダウンロードしようと思うとサポートの終わったIE7ではMicrosoftのサイトは表示出来ないと言われる。んじゃぁIE9に上げるかとやるとこれもInstallに失敗する・・・。堂々巡りでどうにもならん・・・な状態になることしばしば。

で、手元にあるWindows 初期Vistaが入ったDynaBook SS M37という企業向けのサブノート。液晶は黄色くなってきてはいるがCore 2 DuoだしMemoryは2GB積めるしIEEE802.11a対応で5GHzの電波もつかめるしでイケそうなので、HDDを入替えて(HDDリカバリ領域もあるので領域ごとコピーが必要)、HDDから購入時の状態へリカバリ。そこからが大変(^^; Windows アップデートを何度も何度もVista SP1がアップデート項目に出るまで繰り返し、やっとSP1が表示されたとおもったら、先述の様に一瞬で終わってしまう(本来は30分以上かかるもの)、つまり成功していないのだ。リカバリされたIEはバージョン7なのでサポートが終わったブラウザではMicrosoftのサイトは表示出来ない。てことでIE9へのアップデートも一苦労、Vista SP1の直接のダウンロードも出来ない。しかも状況をよくよく確認してみるとVista 32bitなのに64bit版をダウンロードしてInstallしようとしてる(その逆も経験あり)ようだ。バカか。つまりはIE7がうまく立ち回れていないのだ。こういう場合にはどぉすれば良いのか。。。

なんの事はないIE7が駄目なだけなので別な最新のブラウザを使えば良いのだ(爆) 例えばFireFox最新版をダウンロードしてInstall後にVista SP1のスタンドアロン版を32bit版か64bit版を間違いなく選択してダウンロードしてInstallすれば良い。(IE9も同じくだが、今回はパス)Vista SP1に上げられればWindows 7へアップグレードInstallが出来るようになる。ふぅ。メーカー製PCには独自のアプリやらドライバやらが入っている事が多いのでアップグレードInstallが選べるならできる限りアップグレードInsatllの方が良い。新規にWindows7をInstallするとそれらのアプリやドライバが入手出来ないという事もメーカーによってはある。

このDynaBook SS M37もそれだ。Tosibaの場合一般向けには色々とサービスが展開されているが企業向けだとそうでもなかったりする。メーカーにWindows7用のドライバーの提供がない場合には自分で探すしかない。最悪PCを開腹しメインボードをじっくりと見て搭載チップを確認してそれ用のドライバを探したりするわけだ(^^;

とか、愚痴りながら(遊びで)DynaBook SS M37をWindows7マシン化しようとしている、大晦日です(^^

何に使おうか。。。Windows PC用のメンテマシンにするかな。うん。

・・・平和だなぁw

そうそう、Windows PCの話題ついでなんだけど、初売りで新しいPCを買おうと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、電脳-煩悩的アドバイス。

【一番高いヤツが一番バカを見ますw】

車などと違いPCは日進月歩なので直ぐに陳腐化します。今は個人的には3年が一区切りだと思います。一番良いヤツを買ったからって長く持つわけではありません。どうしても必要なスペックで一番上のが必要なら仕方ありませんが、「高いヤツが良いんだろ」的な発想だとお金の無駄です。逆に「何が良いのか」と聞かれたら「一番安いのでも十二分に快適に動きます」と答えます。同じ予算なら25万円のヤツをムリして買ってしばらく買い替えられないで6年我慢して使うより、12万円のやつを3年で買い替えた方が利口です。使い方によっては6万円程度ので充分という人もいるでしょう。それなら3年で買い替えても6年で12万です。6万円のPCと25万円のPCの差額19万円の価値を見いだせるか。25万円を3年で買い替えられるなら何も言いませんw悪い事は言いません。

【見栄を張らず、”自身に必要なスペック”で一番安いのを選ぶのが一番お得です】

ま、でも一応最低限のスペックを上げておくと、これからなら

Core i3以上(出来ればCore i5以上)

Memoryは標準で4GB(自身で増設できるに超した事は無いし、これからなら8GB〜16GBが最低ラインにナル可能性も)予算はMemoryにかけましょう。Memoryは積められるだけ積め!です。

ディスプレイはMacを使っている私が言う事でも無いけれど、例えばRetina 5Kディスプレイモデルをムリして買うよりは普通のディスプレイにしてモニタ一つ足してデュアルモニタで使った方が幸せ度は上かと・・・絶対に次か次の次には5kディスプレイは標準になり価格はグッとさがりますから、目新しさだけにお金をだせるかがかキモになりますね(^^

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。