iPhone/iPadをバックアップしとこう、うん。

| 0件のコメント

そーいえば、今更だけど、呼ばれて行った先でiPhoneやらiPadやらのメンテを頼まれる事があるんだが、半数以上がバックアップをしていない現実がある・・・。契約してきたSoftbankショップやらauショップやらdocomoショップやらの説明では「iCloudで自動でバックアップとりますから(^^」との事で・・・。まぁとるっちゃぁとるんだが、その説明は足りなくないかい(^^;;;

iCloudでのバックアップは重要な一部のみ。知らんのかね、ショップ店員さん? (まぁ、端で聴いていると、「ぉいぉぃ、そんな説明で大丈夫かい?あとでクレーム来ないかい?」というような説明しか出来ないショップ店員が多いのも事実だが・・・もっと勉強しろよ、売る側なんだから・・・)

iCloudでのバックアップは自動で裏でこっそりとっててくれるので便利ではあるのだが、定期的にiTunesと同期している人には必要ない。つかPC/Macを使っているならぜひiTunesと同期してバックアップをPC/Macにとっていて欲しい。これをやっていない人が圧倒的に多い(必要性すら解っていない)のだ(^^;;;

ちなみにiCloudでのバックアップには3つの条件がある。

 

  1. Wi-Fiにつながっていること
  2. スリープ状態であること
  3. 電源がつながっていること

つまり3GとLTE回線ではiCloudでバックアップを取ることができない。「Wi-Fiなんか使ってねー、大体家にInternet回線なんざねぇ、携帯電話網Onlyだ。でも、iCloudバックアップってのは自動で取れるんだろ?!」は間違い、です。はい。また画面を消して(スリープ状態で)電源をつなぐ(給電状態)必要がある。

  • 重要な一部のデータだけバックアップされること
  • Appleを介していないデータは同期されないこと
  • 初期化からの復元に時間がかかること

もうすこし詳しく書くと、次の項目は、5 GB まで無料で保存されるって事だ。

・カメラロールにある写真とビデオ
・デバイス設定 (電話のよく使う項目、壁紙、メール、連絡先、カレンダーアカウントなど)
・App データ
・ホーム画面と App の配置
・メッセージ (iMessage、SMS、MMS)
・着信音
・Visual Voicemail

つまり逆にこれら以外はバックアップは無いって事だ。一方iTunesのバックアップは完全なバックアップを取る。ただしアプリ固有の設定等はバックアップは取られない。たとえばLINEを復活させるにはメールアドレスと、専用のパスワードを登録して、それらを使って復帰する(この時過去のメッセージ等は消える可能性がある)。例えばナビアプリの有料オプションはそれぞれに復帰の手続きが必要だったりする。が、それでもiCloudの一部のデータのみのバックアップよりは遥かに良い。

そもそも以前はPC/MacがあってiTunesと同期する事が前提のデバイスだったiPhone/iPadが、PC/Macが無くても使えるようにiCloudでのバックアップを備えてすべてiPhone/iPadだけで完結出来るようにも変更した、という経緯がある。

もし、自身でPC/Macも使っているならiTunesをInstallしてPC/Macと同期し、完全バックアップをとっておきましょう。うん。(まさかとは思いますが、他人のPC/Macでは駄目なので、念のため)

もしもの時に困るのは・・・自分自身です、うん。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。