Mobile Pointがつかえねぇ。。。

iPhoneの魅力の一つにSoftBankが無料公開しているMobile Pointがある。スターバックスやマクドナルド等で利用できる公衆無線LANなのだが、どうもうまく使えないところがある。もちろん快適に利用できるところもあるがちょこちょこと引っかかったり、異常に時間がかかったり、ちょくちょく切れたりとうまく使えないところがある。
原因はいたって単純。 […]

エヴァンゲリオン Re-Take

51n9zx6VONL._SL500_AA240_

エヴァンゲリオン Re-Take
今回はいつものとはちょっと毛色が違うエントリーですが。。。す・・・すごいものにたどり着いてしまった。いや、エヴァンゲリオンの話なんだが、実はもともとはあんまりエヴァンゲリオンって好きではなかった。たんなる食わず嫌いだったんだけれど、今年に新劇場版 序をTVでやっているの見て初めてちゃんと見ようと思った。それからまもなくTSUTAYAでTVシリーズを借りてきて見たのだが、最終話2話が個人的には消化不良を起こした。「新しい表現にあえて挑戦」とからしいけれど、アニメとして新しいのかも知れないけれど、良く良く考えてみればありゃ「ストーリー」を完全に放棄してますよね? で、どうなったの?も解らないし、どう捉えればいいの?も解らないし、あえて絞り込まないにしても、その世界観すら解らない。ダメだこりゃと思って今度はエヴァンゲリオン旧劇場版2作を借りてきて見ました。今度こそ方向づけくらいは出来るかなと期待していましたが。またはぐらかされた感じ。面白いですよ、確かに。が、途中の実写映像は気持ち悪いし、終わり方には非常に不服。はっきりと書けば最後には嫌な感じしか残りませんでした。ストレスたまるというか。で新劇場版 破を見てきていくらかスッキリする訳です。そして新劇場版 序を改めて見直すと、あぁ、パラレルワールドなのかもしれない、旧劇場版のラストはある意味スタートかも知れない、そう考えるといくらかスッキリ。ふっと途端に全体がつながってくる面白さも出てくるわけです。まぁ次作の新劇場版 Qを見るまではなんとも言えませんけれど、超楽しみなのは間違いないです。
でそんなこんなしてnetを徘徊していたら何気に飛び込んできた「Re-Take」という文字。同人誌らしい。同人誌という時点でウーンとなるんだが、どうもこれは違うらしい。ものすごく人気でHな表現を抜いた全年齢版1・2・3巻があるらしい。でも、ちゃんと読みたいなら元版の方が良いらしい。。。
はい。気がついたら探して元版をほぼ全巻一気(1,2,3,0,4,afterまで。1.5というのもあるらしいが残念ながら探しきれず)に大人買いしてました(笑) 版権とかもちょっときになったり、正直「どーせ同人誌だろ?」と注文はして見たもののあまり斜に構えて見てました。が、届いて読んでみて。。。 ちょっと涙が出そうになりました。私の旧劇場版のストレスが一気に吹き飛びました。これはエヴァンゲリオンが好きなら読んで欲しいと思う本です。ストーリーの一つの可能性として、TV版のラスト、旧劇場版のラストからの世界の一つのストーリーの可能性として、その方向性づけの可能性として、パラレルワールドの一つとして、すんなり受け入れられて、エヴァンゲリオン旧劇場版3として読めました。Hな描写はさほどでも無く、必要なものとして描かれているので大人な方は全年齢版ではない方をお勧めします。それにしてもこのストーリーのレベルの高さといったら無いです。同人誌だからこそなのかもですが生々しい表現、且つ作者の思いが伝わってきて心地よい。「碇シンジ育成計画」なんてそうとうちゃちい感じがするほど。いやそもそも比べるのが間違っているのだけれど(笑)、読みもしないでちょっとバカにしていた自分を恥じました。Re-Takeを世に出してくれた作者に感謝です! 少なくとも私のTVシリーズ・旧劇場版へのストレスは完全に補完されました(^^
# あぁ、それにしても私も例に漏れずてっきり自分では綾波の方が好きなんだなろうなとなんとは無しに思ってましたが、実はアスカの方が好きだったという事に気がついてみたり(笑) (綾波のコアなファンが見たらどぉなんだろうなぁ、とはちょっと思います。見ないほうが良いかも、とも。)
新劇場版 破のDVD or Blu-rayが発売されるのと、新劇場版Q公開がよりいっそう楽しみになりました。

今回はいつものとはちょっと毛色が違うエントリーですが。。。す・・・すごいものにたどり着いてしまった。いや、エヴァンゲリオンの話なんだが、実はもともとはあんまりエヴァンゲリオンって好きではなかった。たんなる食わず嫌いだったんだけれど、今年に新劇場版 序をTVでやっているの見て初めてちゃんと見ようと思った。それからまもなくTSUTAYAでTVシリーズを借りてきて見たのだが、最終話2話が個人的には消化不良を起こした。当時「新しい表現にあえて挑戦」とからしかったけれど、アニメとして新しいのかも知れないけれど(当時)、良く良く考えてみれば見方によっちゃぁありゃ「ストーリー」を完全に放棄してますよね? で、どうなったの?も解らないし、どう捉えればいいの?も解らないし、あえて絞り込まないにしても、その世界観すら良く解らない。ダメだこりゃと思って今度はエヴァンゲリオン旧劇場版2作を借りてきて見ました。今度こそ方向づけくらいは出来るかなと期待していましたが。またはぐらかされた感じ。面白いですよ、確かに。が、途中の実写映像は気持ち悪いし、終わり方には非常に不服。はっきりと書けば最後には嫌な感じしか残りませんでした。ストレスたまるというか。で新劇場版 破を見てきていくらかスッキリする訳です。で改めて新劇場版 序も見直して、あぁ、パラレルワールドなのかもしれない、旧劇場版のラストはある意味スタートかも知れない、そう考えるといくらかスッキリ。ふっと途端に全体がつながってくる面白さも出てくるわけです。まぁ次作の新劇場版 Qを見るまではなんとも言えませんけれど、超楽しみなのは間違いないです。

[…]

コンデジが欲しい。。。

最近ずっと思っているのだけれど、コンデジが欲しい。これだっ!という1つがあれば直ぐに買うのだけれど、ずっと迷っている2台があるのである。1台はRICOH CX2。もう一台はCANON S90。調べてみるとこの目指すところも対象ユーザも違うこの2台で悩んでいる人は結構いるらしい。スペックとして私的に重要な部分を比較してみると […]

Snow Leopard 対応年賀状ソフトは何を使おう。。。

年賀状の季節です。でも(意味もなく)盛り上がるWindowsアプリケーションに比べて、Mac系は寂しい限り。軒並みMac対応年賀状ソフトが無くなって、製品版ではアジェンダの宛名職人と、今年出てきたイーフロンティアの筆一番しかない。逆の意味で特筆すべきは宛名職人で100人いたら100人がまずうまく使えないと思う、というほどの出来の悪さだ。特にインターフェースがめちゃくちゃだ。年賀状ソフトなんてものを使おうと思うのはほぼ初心者だったり、楽しようと思ってお金を出しているのがほとんどなのだから、難解なインターフェースではまったくもって意味を成さない。私は応援する意味もあってVer15まではバージョンアップをしてきたが、さすがに16でキレた。全然ダメ。

では、と探してみるとやっと一つイーフロンティアの筆一番というのがあった。WindowsとMacのハイブリッドでの提供だそうだ。ほほぉ。どんな感じかな・・・ん? どこかで見た感じのインターフェースだな。。。 […]

MacBook / MacBook Pro ハードケース(カバー)SeeThruにしてみた。

speak以前のエントリーでIncase製のハードケース(カバー)を購入して愛用していたのですが、ゴム足がすごいことに(^^;

ので今度はほぼ同じような製品を出しているspeck製のモノにしてみました。speck MacBook 13″ Aluminum Unibody See Thru CLEAR MB13AU-SEE-CLR-1
前回はマットブラックだったので、今回は素直に(?)クリア。実はちょっとだけカッコよさげだったので半透明のクリアにしようかとも思ったのですが、よく見るとIncase製だったので。。。

早速装着してみましたが、Incase製よりも良い感じです。よりしっかりとしており、見た目的に世に出たばかりのiBookが白いポリカーボネイトの上に透明なポリカーボネイトを重ねて合った、あんな雰囲気でよろ上質感があり、正解でした。speckのロゴも嫌みっぽくなく良いです。

アルミユニボディのMacBook / MacBook Proはカッコいいんですけれど、表面がサラサラとしていて、持っていると手からするっと抜けそうになる場合があります(^^; このクリアケースを装着すると […]

Kaspersky Anti-Virus for Mac を入れてみた。3日目のレビュー


Kaspersky Anti-Virus for Macを試用し始めて3日が経つが、今のところ全く不具合に遭遇していない。Intego VirusBarrierは初期にはTime Machineに入ると劇遅になったり、DiskImageを開くときにやはり劇遅になったりという事があったりしたが、普段のMac自体はいたって快適でその存在を意識することなく画像編集だろうが動画編集だろうが普通に出来る。これが私がIntego VirusBarrierを使ってきた一番の理由だ。だが先日出たウィルスバスター2010 for MacはWindows用にライセンスを持っていたので(1ライセンスで3台までにはInstall出来る)コストパフォーマンスを考えるとウィルスバスター2010 for Macが優れていれば乗換えるに十分な理由になる。が、実は遭遇した問題は結構ある。 […]

Kaspersky Anti-Virus for Mac も出た!もちろんSnow Leopard対応。


直前のエントリー「ウィルスバスター 2010 for Mac の使い心地」なんて書いてたら、なんと今度はKaspersky Anti-Virus for Macが11/13日発売。先のエントリー後にしばらくウイルスバスター2010 for Macを使ってみて?と思った部分も実はあって、こりゃぁ大本命かも。てことで発売元のJustSystemに行って15日体験版をGet!

早速Installしてみる。なんかサクッと終了。ウィルスバスターと比べてインストールが非常に分かりやすい。ウィルスバスターはWindows的な感じがぬぐえない操作感だがこちらはよりMac的な感じがする。

で、使用感だが先ほど入れたばかりなのでちょっと試した感じでしか無いけれど、私感ではウィルスバスター2010 for Macよりも良いかも。ていうか一番良いかも。動作がちょっとアレげなNorton AntiVirusとWindowsのVirus検索が今一つなIntego VirusBarrierはちょっと置いといて、新規参入のMac用セキュリティソフト2つのメリット・デメリットを私感でまとめてみると […]

ウィルスバスター 2010 for Mac の使い心地

img-04出ましたね、ウイルスバスター2010 for MacのSnow Leopard対応版。トレンドマイクロのSiteからダウンロードできます。早速使ってみてますが、普通です(笑)。 いや、普通ってのが大事なんです。特に問題はないということで、使っているとなんやかんやあったNorton AntiVirusと比べたら、普通に動作するってのがいかに大事かということです、はい。

先のエントリーにもかきましたが、なんといってもウイルスバスター 2010の優位性はBootCampやら仮想環境やらでMacとWindowsの両方を使うことが多くなってきた今、それぞれにセキュリティ対策ソフトを購入しているとそれなりにコストがかかるわけですが、このウイルスバスターはメジャーでありながら、Windows版・Mac版合わせて3台までInstall可能ということに尽きます。
[…]

続 iPhone 3GS ストラップがつけられるシェル型ケース

img55740520

iPhone 3G ストラップがつけられるシェル型ケース

iPhone 3G ストラップがつけられるシェル型ケース 2

で紹介したとおり、このSHIELD製のケースは本当にお勧めです。既に私5個目(気分を変えたいだけで購入したものも含む)なんですが、長く使っていると気がつくのがこのAppleマーク部分の丸い穴。これ、Appleマークが見えるだけなんですが、実際に使ってみるとこの穴が手に持って通話をしたり、iPhoneの画面を使ったりしているときに指の引っかかりになって、落とす確率を格段に下げてくれます。且つ、ストラップも付けられるので(私は金具で傷がつかない様にオール綿製のミサンガの様なストラップ)、更に落とす確率が少なくなります。で、クリア以外全部使ってみた感想ですが、ホワイトはやめた方が良いです。汚れが目立ちます。白っぽいのが良い方はたぶんクリアかシルバーがお勧め。意外と良いのがレッド。大人な感じの落ち着いたレッドです。

HDDの換装・引越にAcronis True Imageのちょっとしたコツ

510OXMEviLL._SL160_AA115_Acronis True ImageはWindows用のバックアップ・リカバリ・HDD引越のユーティリティーの中でも信頼性が高いツールだ。特にHDD引越・入替の時には非常に便利。初期の頃から愛用していて信頼しているツールです。でもちょっとしたコツもあるので、TIPSって程でもないのだけれど、ちょっと記しておきます。

利用しているPCのHDDの容量が足りなくなってより大容量のHDDに交換する場合、一番簡単で確実な手順・・・

  1. ダウンロード版の場合、ブータブルCDをまだ作っていなければ作成
  2. 古いHDDを修復処理しておく
  3. 新しいHDDをPCに組み込み、取り出した古いHDDをHDDケースなどに入れてUSB接続し、ブータブルCDで起動
  4. クローン作成(自動)
  5. 古いHDD(外付けにした方)を取り外してから、PC起動

これだけです。 […]