ubuntu/winマシン 微妙にパワーアップ計画その2 MSI Radeon R7 240 2GD3 64b LP 届いた

| 0件のコメント

ubuntu/winマシン 微妙にパワーアップ計画の続き。思いの外早く届きました。このMSI Radeon R7 240 2GD3 64p LPは本来のR7 240の仕様から、メモリーバス幅(128bitから64bit)、GPUクロック(730MHzから600MHz)、メモリスピード(900MHzから800MHz)などそれぞれ引き下げられていて、そのお陰もあって搭載クーラーがコンパクトになり2SLOT占有から1SLOT占有にスリム化されているモデル。うちの場合どうしても1SLOT占有じゃないと入らないのでほんと、貴重です。

スペック比較

とりあえずざっとスペック比較してみましょう。

今販売されているロースペックGPUボードと、今時のGPUボードとして先日Mac mini 2018用として入手したRadeon RX570も合わせてスペック比較。
R5 230は設計の古さが際立ちますね(苦笑) 製造プロセスが40nmですから。SPユニットも160です。R7 240(64bit版)ではSPユニットが倍の320ですからね。消費電力も35Wに増えてますが。まぁ、RX570と比べると色々とどうでもよくなりますが(笑)、違うんですよ、この低レベルな戦いは細かいところが効いてくるんです(笑)

GeekBenck 4でベンチマーク

Windows/Mac環境で使えるベンチマークであるGeekBench 4でOpenCLベンチマークを走らせてみました。

これまで使ってたGeForce 8400gsの数値が泣けてきますね(苦笑)でも、それでもWindows7/ubuntuでFullHDモニターでなくて、動画も見ないって環境なら普通に使えてたんですから…。
下から2番目のR5 230(64bit)が4382なんでまぁGeForce 8400GSからすれば2.5倍のパワーってことになります。ちなみにSanday BridgeあたりのiGPU、Intel HD Graphics 2000あたりはその中間ぐらいなのとDirect X11未対応なので、安価にR5 230の搭載も十分あり、って訳です。
さて、今回入手したRadeon R7 240(64bit版)はどのくらいかってぇと12811。をを!思ってたより良かったっすね。このRadeon R7 240より高いGeForece GT710より数値が上、倍の価格するGeForce GT730よりは落ちますがGeForce GT710以上GeForce GT 730以下で、価格はGT710同等〜より安い、ですから、コスパいいです。Radeon R5 230と比べると2.9倍、これまで使ってたGeFoce 8400GSからすると7.3倍(笑)。Radeon R5 230とR7 240の価格差は1000円強。だったら最初からR7 240の方が間違いなく良いです。
そうえば、これからするとIntel UHD Graphics 630ってば意外とイケてるんじゃないっすか、ね(^^ やっぱり最新のはそれなりに良いってことでしょうね。

Windows10では…

Windows10にアップグレードしてRadeon R5 230で感じた微妙さは無くなりました。ドライバー周りもMSIの方が使いやすい感じです。この感じだと(私感ですが)Windows10でFullHDモニターなら最低でもRadeon R7 240の方が良いかと思います。Windows7ならRadeon R7 230でもイケるって感じかな。GeForce GT710を使ってた方はそれよりちょっと良いぐらい、な、感じで間違いないです。

ubuntu 18.04.1では…

AMD公式のドライバーのサポートリストに載っているのでAMD公式ドライバーが使えるのが大きいです。(R5 230は載ってない)
現時点での最新版は【18.50】ですね。ここからダウンロード。ubuntu x86 64bitがそうです。ダウンロードして展開したら、ダウンロードフォルダにあるとどうにもできませんからHome下にでもフォルダを移動して端末で

$ cd amdgpu-pro-(バージョン)
$ cd sudo ./amdgpu-pro-install -y
$ sudo usermod -a G video $LOGNAME

で再起動すれば使えるようなので、その通りにし、再起動。設定の詳細をみるとちゃんとAMD公式ドライバーになってました。ふぅ。ま、こっちは特にどうってこともなく、ですけれど(苦笑)、Vivaldiとかの描画は速くなってますね。うん。そんな感じでチリも積もって全体的にキビキビ感はあります。これもubuntu 18.0.4.1あたりのデスクトップ版でFullHDモニターで使うならWindows10と同じくRadeon R5 230ではなくてR7 240の方が良い感じ。

てことで

MSI Radeon R7 240 2GD3 64b LPはGPUパワーを必要としない(iGPUが古い世代の)サブマシンやSocket LGA775世代の第一候補と考えて良いかと思います。GeForce GT710はRadeon系が嫌いな人、nVidia必須な人の選択肢、Radeon R5 230は数百円でも安価な方が良い人、モニターもFullHDではなく、WebブラウジングとMS Officeとメールぐらいにしか使わない人の選択肢、かな。ただ、この辺の5000円前後までのGPUボードで一番性能と価格のバランスが取れているとは思います。

・・・っていうか、今日、クリスマスか(笑) へっ。関係ないねっ(泣

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。