ubuntu/winマシン 微妙にパワーアップ計画その3 Core 2 Quad Q9400届いた。

| 0件のコメント

届きました(^^
これまでのはCore 2 Duo E7400 2.8GHz、FSB 1066MHz、2次キャッシュ3MB、TDP 65Wというwolfdaleと言われる第2世代のCore 2 Duoでした。で、交換予定の届いたのはCore 2 Quad Q9400 2.66GHz、FSB 1333MHz、2次キャッシュ3MBx2、TDP 95WというYorkfieldと言われるこれも第2世代のCore 2 Quad。あらかじめうちのマザーボードIntel DG31PR(チップセットG31)で動作するか確認してから入手。個人のブログなどの情報では古いのがそのままあったりでG31では動かないなんて書いてあるところもあったりですけど、自分でしっかり調べましょう、うん。
さて、届いたUSEDがちゃんと動くかどうかは取り付け見ないとどうしようもないので、早速取り付け。

取り付け終わったので電源を入れて、ビープ音もならずにBIOS画面を出せることを確認(一安心)してF2キーでBIOS画面へ

うん。ちゃんと認識してますね(ほっ)。

まずはWindows10起動とGeekbench

そのままBIOSを抜けて普通にWindows10を起動します。なんの引っかかりもなく普通に起動して終了(笑)
そういえば「CPU交換すると、OSの再インストールが必要になる」とか「CPUを交換するとOSのライセンス認証が外れる」とか書いている・言ってる人がいますが、CPU交換ぐらいではなにも起きません。それらが起きるのはマザーボード交換の時です。
さて、無事普通に起動して落ち着いたあたりでGeekBench 4でCPUベンチを走らせてみます。

■ Core 2 Duo E7400
Single-Core 1806
Multi-Core 3080
■ Core 2 Quad Q9400
Single-Core 1789
Multi-Core 5291

というスコアでした。Single-Coreではどちらもプロセスルール45nmな同世代なこともあり単純に2.8GHzから2.66GHzになったのがスコアに現れている感じでしょうか。でもそれは想定内。問題はMulti-Coreの方。5291と1.7倍のスコアになりました♪
ちなみにこのMulti-Coreでのスコア、初代のNehalem世代のCore i3、Core i5より高いスコアです。

っていうか上のチャートだとSanday Bridge世代のCore i3 -2120と同等じゃん(笑)また同じCore i3、Core i5でも最後にMのついたモバイル向けのやつもSanday Bridge世代あたりだとCore 2 Quad Q9400の方がスコアは上。
Core 2 Quad Q9400、侮ってはいかん、です♪ 1000円だけど(爆
あ、ちなみにうちのニューメインマシンMac mini 2018の第8世代のCore i5-8500Bのスコアは
Single-Core 5137
Multi-Core 20112
だそうです(笑 

ubuntu 18.04.1で起動してみる

Windows 10でしばらく遊んで特に問題も出ないのでこのUSEDなCPUは大丈夫そう。てことで今度はubuntu 18.04.1を起動。こちらも基本CPUが変わったぐらいじゃ問題は出ません。最初の起動時にちょっと引っかかるぐらいで、2回目からは大丈夫です。

この通り。ubuntuでは何も作業してません。(誰だよ、WindowsでもubuntuでもCPU交換すると再インストールが必要だなんて馬鹿なこと言ってる奴は・・・) 特になにもありませんw

全体的にキビキビ感が増した

Multi-Coreのスコアが上がった通りのキビキビ感です。
動画に関してもGPUだけではなくてCPUも使うんで影響あるはず・・と、VivaldiにてYouTubeの4K 60FPSな動画をあえて選んでFull HDモニターで1080p 60で再生(それ以上は絶対無理w)するとWindows10でもubuntu 18.04.1でもカクカクして720まで落とさないと実用範囲じゃなかったのが、1080p 60でもスムーズになりました。Windows10ではまだ時たまカクッとなったりする時もありますがまぁ、我慢できるレベルぐらいまであがってます。ubuntu 18.04.1の方のVivaldiではそういうこともなくスムーズに再生。

CPU温度はこの動画を再生している状態(このマシンには比較的高負荷)で45-48度を推移。CPUクーラーの取付ともOKなのを確認。

これなら(Memoryがちと心もとない以外は)まだまだイケますね。
実はCore 2 Quiad Q9400入手前に壊れたiMac 21.5inch Mid2010からCore i3を外して使おうかとも思ったんですがLGA1156世代なんでいろいろ買い替えが必要な割に旨味が少ないこと、Core 2 Quad Q9400の方がスコア高かったりすること(笑)からやめました。
てことでubuntu/winマシン 微妙にパワーアップ計画、完了です。+5000円で、結果、微妙どころか結構パワーアップで、コスパよく満足度高し、でした(^^
古いマシンもそこそそに楽しい、って事で(笑

あっ!・・・

年末年始のお遊びだったのに、終わってしまった・・・(苦笑)
仕方ない、ubuntuゴニョゴニョして戯れてましょうかねぇ。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。