TimeMachineを使うとMacが遅くなる?

| 0件のコメント

TimeMachineってやっぱりすごい。の続編。
なんどか書いているTimeMachineの話。未だに上の様な否定的な記事が溢れてます・・・。例えば一例をあげると2013年のブログ記事
Macがクソ重い時に行うとよい5つの対処方法。
とか、似た様な記事が【未だに】沢山ひっかかり「そうかTimeMachineを使うと遅いのか」と、外したり使わなかったり、別なバックアップソフトに乗り換えたり。

いや、TimeMachine使ってもMacは遅くならないってば

結論を書くと「そんなわけない」です。因果関係がある場合はあるでしょう。

SpotLightのmdsが暴走するっていうのが環境によっては「過去のMac OS」であったので(私も一時期msdを切ってた)一部のものがそれをTimeMachineの所為にし始めた、コピペ記事で広まったって事じゃないかと思います。少なくともここ最近はmds云々の話は聞かないですし、先述のブログ記事が書かれた2013年でもうちの環境ではTimeMachineが原因でMacが重くなったなんてことはうちではありませんが、それは置いといても古い記事ってところに注目。なぜ未だに新しめの記事にその手のが出てくるのか不思議でなりません。
考えてみてください、最初はものすごく時間がかかりますが、一度できてしまえばあとは増分差分ファイルを書き込むだけですから重くなる要素がそもそもない。あまつさえ「メモリーを大量に食う」とか「CPUパワーをかなり使う」とか、そんなまさか、です(苦笑)。
TimeMachineが始まるとMacが重くなるならそれは別な要因。環境やキャッシュが壊れていたり、なにかその動作を邪魔しているものがあるとか、増分を検知出来なくなっていたり不整合が起きている可能性の方が可能性高い。ネットワーク越しのストレージならネットワークの方が怪しい。クリーンな状態の、ユーザ環境をゴチャゴチャにしてない状態OSで一度TimeMachineを新たに作って使ってみるといい。

実際、自身を始めいくつかの顧客のMac全てでTimeMachine出始めからずっと使ってますが(きちんとメンテされてます)、TimeMachineのせいでMacが重くなるなんてことは未だかつて経験ありません。あからさまに重たいアプリを使っているときに裏でTimeMachineが動いても影響が出たことがありません。あえて書くならnote型を使っていた頃に常時TimeMachineドライブがつながっているわけではないので差分増分が増え、その時には多少影響あるぐらい。が、それとて手動である程度まとめてバックアップとるのと同じくらいの負荷です。

当方の周りを含めた環境では全く問題ないことからTimeMachineを使うとMacを使うと重くなるという話はイコールでもなく、必ずでもなく、一部で起きていること、と、言えるかと思います。

大事なのはメンテナンス

何か不具合と思しき事象が起こる場合に原因を突き止めやすくするためにメンテナンスは大事です。使ってないplistファイルが大量に残っていたり、システムのpluginになにやら大量に入っていたり、ユーザ環境・システムのキャッシュが壊れていたり、ログイン項目に余計なのが入っていたり、重いと聞いたからとSpotLightを切ってたり・・・。
ちなみにですけど、私の環境(昔からほぼ変わらず)

【常時動作しているもの】

  • Audio midi
  • ターミナル
  • mail
  • Evernote
  • ESET
  • Adobe CC
  • MenuMeters
  • TimeMachine
  • Box Sync(クラウド)
  • Canon IJ Network Scanner

は動いてます。使うのでSpotLightも切ったりしてません。FileVaultは使ってません。かつてはHFS +フォーマット、今はAPFSフォーマット。
顧客のところも似た様なもので加えてFileMaker Serverも動いてたりしてます。
このなかで重要なのはMenuMetersで常時CPU/Memory/メインドライブアクセス/Networkは監視していて、異常な負荷は即座にアクティビティモニタを開いて観察、としています。TimeMachineなんざ動いたところでなんともありません。

好き嫌いはあるだろうからそれは良いとしても「TimeMachineは重いアプリ」だなんて正確性にかける情報を流さないで欲しい、と、ほんと思うのでした。

蛇足・・・

どうでもいいのだが「xxxxx ○つの理由」っていう類のタイトルの記事にロクなのがないのが多いのは気のせいだろうか・・・。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。