Sena 20S メインバッテリーを交換してみる。

| 0件のコメント

例に漏れずバッテリーが持ちが悪くなったうちのSena 20S。ググってみると自力でバッテリー交換しているかたもチラホラ。使っているバッテリーはこれが多いようです。

てことで私も入手してみる。

バラして・・・

むぅ、ちょいと膨らんでいる気がするな・・・。コネクタはもちろん違うので移植して絶縁収縮チューブ巻いて、取り付けて、終りょ・・・終りょ・・・収まんねぇ(笑 よくみんな入れたなぁ(笑 角度とか位置とかちょっとでもズレるとハマりません。試行錯誤して、もうダイヤルスイッチギリギリまでつかってやっと収まりました。厚みも違うのでネジで無理やり締めるのね。。。

充電できるか一応テストしてみるとそれはOKだけど・・・。ダイヤルの動きはやっぱり悪いなぁ。無理やりなら入る、けど、ダイヤルの動きは悪くなる。んー・・・安上がりではあるんだけど、そこはかとなく「これ、だめじゃね?」ともチラッと思うなぁ。だったら、某ヤフオクで6000円程度でメインとサブの両方のバッテリーがセットで売ってるんでちょい高いが特にサブの小さいのは入手困難なんでそのあたりの事情を含め販売者への手数料と思えば納得できる価格ではあると思うのでそちらを買った方が良いような気もするなぁ。でもまぁ、メインバッテリーだけがダメで工作も出来るなら1000円以内で済むんでとりあえずやってみても良いかな、って感じデス。

今回とりあえず簡単に入手できるメインのバッテリーを交換してみたけれど、大きさが違うのでイマイチ。サブバッテリーも交換が必要となったらコネクタの移植も必要ないし基本ポン付なんで、素直に某ヤフオクの方を入手してみましょうかね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。