モニタースピーカー、TANNOY Reveal 402に変更

| 0件のコメント

ずっと目をつけてたTANNOY Reveal 402に意を決して切り替えました。KRK Rokit4 G3をつかって約2年経ちますが特に大きな不満はないし、ランク的にはクラス上でもなくほぼ同じなのだけれど、狭い場所なのでセッティングの自由度がなんとなくTANNOY Reaveal 402が良い様な気がして、試してみたくて「ええぃ!発注しちまえ!」と(苦笑

TANNOY Reveal 402で正解!

図を見て欲しい。うちの場合だが

32inchモニターがあって、その脇にモニタスピーカーを設置している。間は900mm。この状態でKRK Rokit4 G3だと[2]の位置、というか壁だが(笑)にリスニングポイントを持ってこないとうまく鳴ってくれなかったのだ。繰り返すがKRK Rokit4 G3が悪いんじゃなくてココが狭いのが悪いのだが。しかもスピーカーの後ろもスペースが取れずに壁から100mm程度しか離せない。のでKRK Rokit4 G3の低音部の調整で逃げてたんだが、それでも先述の通りで・・・。

では、スィートスポットの広さをTANNOY Reveal 402ではどうだろう?と、届いたTANNOY Reveal 402を早速セッティングして確認してみると・・・!!!

[1]の位置でバッチリ鳴ってくれました!距離を測ってみたら450mmも手前でOKです。これは狭いココでもとても助かります。しかも[2]は当然として[3]でも[4]でも大きく変わることなく鳴ってくれてます。なるほど、スィートスポットの広さを公言するだけのことはあります。

大きさ比較

上から見たところ。左がTANNOY Reveal 402

奥行きがありますね。前から見たところ。

前面の面積はほぼ同じ。

さらに解像感というか立体感が上がった

価格的に大きな差がないのであまり変わらないかもな、と思った音質もTANNOY Reveal 402の方が良いですね。バランス自体は似た様なものですがなんだろ、うまく鳴っているというか、よりクリアというか。サビなどでゴチャッとしがちな所でそれぞれの楽器がハッキリと分離して聞き取れますし奥行き感も上です。ドンシャリという人もいますが、その意見には違和感を覚えますね。確かに低音は豊かに鳴りますが、高音部と低音部だけを持ち上げた感じではありませんね。上質な感じ。何曲かでKRK Rokit4 G3では聞き取れなてなかった音もハッキリ聞こえたのは「あれ?こんな音鳴ってたんだ?」とビックリ。まだエージングも終わってないんすけどね(笑)。FOSTEX PM0.4はランクが下なので致し方なしですが、同じ様な価格帯でもこれだけ違うんですねぇ。個人的にはリスニングにも使うので聴き疲れしないこの上質な鳴り方と、解像感で、アタリ!でした。クラッシックを鳴らしてもとても良い感じですんで、DAWでStringsを使う時にも良い感じ。

ノイズなんてねーじゃん!

TANNOY Revealで検索していると「ノイズ」というワードが引っかかるし、Amazonのレビューで「ずーっとノイズが・・・」とかいうのがあるが、ウチの環境で試した限りは変なノイズなんて乗りませんね。電源タップ(アースもとってます)・ケーブル(バランスケーブルで接続)・など音の入り口から出口までそれなりのもので揃えているってのもあるかとは思いますが。少なくともどんな環境でも必ずノイズが出る低品質なスピーカーではないことは確かです、当たり前ですけど。

KRK Rokit4とかとの音の比較など

KRK Rokitはより現代的な音というか元気な音。エレクトリック系やJPOPなどでもいけます。一方でクラシックやStringsでは物足りない。立体感や定位なんかはTANNOYの方が上です。Stringsの低音部分、チェロやコントラバスの箱鳴りなんかも意外やTANNOYは再生出来てしまってます。ティンパニも良い感じ。逆に言うとこの辺がモニタースピーカーとしてちょっとリスニング的という部分だし、低音なりすぎとい言われる部分かな。高音部がいまいち鳴らないのは勘ですがエージングが進めばなる様になってくる感じかと思います。Stringsを多用したりオーケストラ的なのを作るのが多い方には良いかなと。

ピアノも私はTANNOY Reavel 402で鳴らした音は好きですね。立体感があるので、ホールが見えてくる感じがします。繊細で丸いというのか。エッジがたったスピード感のあるものはKRK Rokitの方が向いてる感じ。

同じ価格帯でいうと私感ではハードロック・クラシック・Strings系・演歌・ワールドミュージックはTANNOY Reveal 402、メタルやEDM・ラップ・パンク・エレクトリック系はKRK Rokit4 G3、JPOP・JROCKならYAMAHA HS5って感じでしょうか(※完全に私感です)。んで、より厳密にモニターするならこの価格より上のものをって感じかな。因みにどれも選んでも一定レベルには行ってますのでそれなりには鳴ります。FOSTEX PM0.4はこれらよりちょっと落ちます。ペアで1万円前半のモニタースピーカーはガクッと落ちます。
(さらにちなみにこのメインモニタースピーカーだけで最終的な音を判断するわけではありませんし、ミックスの時はヘッドホンをメインに使います。)

何にせよ、KRK Rokit4より私の好み、です(笑)。私が携わる楽曲の傾向とも合致します。JPOP・JROCK系が多くて、より万能を求めるなら、YAMAHAの方がいいんじゃないかなぁとも(私感)。私はTANNOYの方が好きですが。セッティングのしやすさはYMAHA HS5は個人的には持ってないのでなんとも言えませんが、使ったことがある中ではTANNOY Reveal 402は一番です。

てことで

狭い場所でDAWをしている人でセッティングに苦労している人には一押しかも、です。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。