Ploom S 2.0来た! 最速レビュー(?)

| 0件のコメント

久々のPloomネタ。

からさらに5ヶ月の7/2よりPloom SのNEWバージョン「Ploom S 2.0」が全国発売される。価格は

税込3980円

です。先のエントリー含めいろいろと書きましたが、やっと、やっと、正常に進化して来ました。以下、リリースより。

“メンソール特化型”デバイス「プルーム・エス・2.0」。よりスマートに進化。

加熱式たばこはメンソールを選ばれれるお客様が7割を占めていますが、メンソール感の向上を求める声は多くありました。このたび「プルーム・エス・2.0」では、新加熱モード「テイスト・アクセル」を搭載。本機能により、現行の「プルーム・エス」よりも加熱温度のピーク時間を長くすることで”圧倒的なメンソールの爽快感”と満足のいくすいごたえ”、さらには”クリアなフレーバーの香り太刀”のバランスを高い次元で実現し、”メンソール特化型”デバイスとしてリニューアルしました。レギュラー銘柄についても「テイスト・アクセル」の使用によりすいごたえが向上しております。さらに、お客様の利便性を考え、充電完了までの時間短縮や、1回の充電での使用可能本数を増加させるなどの基本機能を改善し、より使いやすいデバイスへと進化しました。

JTリリースより

だそうです。で、個人的には・・・

祝 !! 1箱分もつバッテリー

そう、なによりもコレです。これまでは10本(実際には12本くらい)でしたからね。嬉しい限りです。初代がやっぱりバッテリー持続時間が短すぎ。統計をとったわけではないのですが、感覚的にこちらの方が多くの人の感覚と合っているかと感じます。満充電バッテリーで喫煙できる本数は倍になりましたが充電時間は同じ・・・いや、20本なら60分充電でOK、90分の満充電なら22本です。先代は90分充電で10本でしたからね。

しかも加熱時間が40秒から30秒へ短縮!これ、大したことないようだけど、実際には「え?もう?」って思うぐらい違います。

コネクタはUSB-Cに変更

充電コネクタがUSB-Cタイプに変更になりました。これも嬉しい。暗がりでコネクタの方向を確認せんでもコネクタ挿せます!

掃除用の穴はサイドに移動しました。でも、ほとんど掃除なんてしなくていいんだよねぇ(^^

ホワイト、ブラックは先代と同じくしっとりとした質感のマットですが、写真のシルバー(限定色)もなかなか良いですね。大人っぽいオシャレな感じがします。先代みたいな上下で違うカラー展開もまたあると良いなぁ。

テイスト・アクセル

標準状態では「テイスト・アクセル」はONになってます。LEDはグリーン。メンソール系、レギュラー系どちらも試してみましたが、こればっかりは好みですねぇ。ちなみに私は「テイスト・アクセル」はOFFの方が好みでした。

スライド蓋を開けた時にグリーンなら「テイスト・アクセル」ON状態。

この状態で下のアクションボタンを素早く3回押すと「ブーン」と振動してブルーに変わって「テイスト・アクセル」OFF。

うん。わかりやすい。

・・・この、2.0シルバーの上部ブラック、良いですねぇ。初代のシルバーより私は好きです。ちなみにホワイトとブラックは濃い真鍮のような色合いになってます。

CAMELブランドからも2銘柄追加

「キャメル・メンソール・イエロー」と「キャメル・メンソール・レッド」が追加になりました。これまでは「キャメル・メンソール」「キャメル・レギュラー」の2つだけでした。価格は同じ460円/箱。

個人的にはこれまでの「キャメル・メンソール」「キャメル・レギュラー」の方が好きかな(苦笑)。ついでイエロー。イエローは気分を変えるのに良いかも。

Ploom S 2.0、良いです。かなり。

先のエントリーで書いた「メリット」そのままに、デメリットを全て打ち消してきましたね。ちなみに前回書いたメリットを簡単に書くと

  • JTの採用しているバッテリーは本当にヘタリが少ない
  • 素材の安全性やギミックの壊れにくさといった信頼度
  • 圧倒的な匂いの少なさ
  • 掃除がほぼ必要ない

これに、デメリットとして書いたのが

  • 10本しか持たないバッテリー
  • マイクロUSB

でしたからね。完全に解決してさらに上乗せしてきた感じ。JTの事だからまたデザイン性に優れたカラー展開すると思うし、アクセサリーも期待できますね(^^

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。