USBオーディオインターフェース付 アナログミキサーをMACKIE ProFX10v3に買い換えた。

| 0件のコメント

からだからちょうど1年使ってみたが、いくつか不満が。

  • USBオーディオインターフェースとして使いにくい、今一つ音が思ったような音で録音出来ない。
  • ワンノブコンプの効きがどうも感覚的に合わない
  • マイクプリがどうも今ひとつな気がする。

全て感覚的な事なんだけど・・・。USBオーディオインターフェースについてはDIボックス経由でギターを繋ぐんだけど、どうもパッとしないんだよねぇ。Hi-Z対応のFocusriteのUSBオーディオインターフェースで録音したのと雲泥の差。いろいろやってみたけれど、解決せず。

マイクプリだけれど、普通の声量だと多分そんなに問題がでないのだろうけれど、大きな声量で録音したりすると早めに破綻する・・・。いや、マイクの使い方・・・とかでは無くて、なんだろ、入力レベルの許容値が低いっていうか。そうかと思うと嫌なところが膨らんだり・・・うまく言えないけれど、つまり安っぽい音っていうか・・・。

で、ぼーっとネット見てたらMACKIEの新しいのが出てて、マイクプリは上位機種で搭載されていたOnxyが搭載されてると。ざっとマニュアルダウンロードしてみたけれど、良さそう・・・。設計古いMG10XUより新しいProFX10v3の方がいいんじゃねぇか? それにそろそろまたボーカル録音しなくちゃな仕事が入ったので、その前にどぉにかせんとなぁ・・・とダメ元で買い換えてみた。

MACKIE ProFX10v3

届いたので早速あけてMG10XUと比較大きさはMG10XUよりひとまわり大きめです。

構成的には同じ。10チャンネルで、ワンノブコンプが1・2チャンネルにあるのも一緒。MUTEボタンが各チャンネルについているのがプラスメリット1。1と2チャンネルはHi-Zボタンがあり、コンボジャックにギターなどを直結できるのがメリット2。

早速繋いでみました。

MacとつなげリャすぐにMacの音が出ると思ったら全然音が出てこなくてびびるがAudio MIDIを見てて気づく

入力2/出力4

これ、USB1/2とUSB3/4と2系統あったんだね(^^;;; USB 3/4が9/10チャンネルに割り当てできるのでそのようにして、3/4の音がスピーカーから出るように設定

音でましたでました。ほっ。。。USB出力が2系統あるのでいろいろできるってわけですね。ふむふむ。

さて、期待のOnxyマイクプリ

!!!

MG10XUのそれとは全然違うじゃんよ! 早々に破綻するので破綻しないようなところまで抑え気味にしてたMG10XUとは違い、思った通りの感じになります。ちゃちくて安っぽいと感じた音は、豊かな音に。少なくともマイクプリは圧勝です。ワンノブコンプも良い感じで自然な効きです。

1年悩んでたのは何だったんだ・・・いや、マイクプリの違い、だねきっと(苦笑) で、価格は似た感じなので、これから買うなら・・ですね。

USBオーディオインターフェースとして

ははっ。こちらも全然いいです(苦笑)音もいいです。

使いやすい。専用のUSBオーディオインターフェースに比べれば操作やセッティングは1〜2手間かかるんだけど、そこまで面倒ではないですね。それより手間が増えるだけで。

DACとしても十二分にいい音ですね。

あと、細かいことですがMG10XUのあのカラーリングのせいでちょいと見にくかったり、安っぽかったりだったのが、見やすく(つまり操作しやすく)、見ていて安っぽく感じるところもないのがいいです。私の使い方だと3チャンネル未使用なので8チャンネルモデルがあればそれでも良いんですが、6チャンネルの上は10チャンネルモデルです。ま、デスクにこれまで通りに置けたので、ま、いっかな。

ともあれ、Onxyマイクプリ、良かったですこれの価値はこれですね(^^

これで安心してボーカル録音出来ます。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。