Radeon RX5700が届いた。

今日届きました。早速eGFX Breakway Box 350に入れてテスト・・・。

・・・。をを!

GeekbenchやらGFX Bench MetalやらUnigine Valley Benchmarkやら走らせてみましたが、RX570の大体1.5〜2倍程度でテストによってはそれ以上の数値にまで達するのもありますね。って、端折りすぎなのでちょっと書いておくと

例えばGeekBench5では

GeekBench5 Metal(eGPU経由)
Intel UHD 630 → 4696
RX570 → 40134
RX5700 → 57651

GeekBench5 Open CL (eGPU経由)
Intel UHD 630 → 5043
RX570 → (測り忘れました。GeekBenchによれば3〜40000の間ぐらい)
RX5700 → 51456

例えばUnigine Valley Benchmarkでは

2倍からそれ以上のFPS

例えばGFX Bench Metalでは

各テストで大体2倍くらい。

参考までにGeekBench4でやると

GeekBench4 OpenCL
RX570 → 34238
RX5700 → 156847

いずれにしてもRX570からのアップグレードは十分にアリ!と言えるかと思います。しかも帯域である程度スポイルされるeGPU経由でこれすからね。写真.appもLightRoomも、PhotoShopも、IllustratorもFCPも動きが違います♪

まぁうちのeGPUがeGFX BreakwayBox 350なんでRX5700ぐらいがいい感じかと思います。RX5700XTやVegaになるとeGFX BreakwayBox 500以上必要ですからね。でもゲーム目的じゃなければ充分すぎるほどです。

そういえばApple Silicon

Apple silicon搭載MacではeGPUが非対応になるのではないかと悲観的な噂がありますが、iPad Air4のA14 BionicのGeekBench5のmetalでのGPUスコアを見ると12571だそうです。Intel UHD 630の倍はありますから仮にそのままラップトップマシンやmac miniに搭載されたとしても通常用途では問題はありませんがプロ用途ではうーん・・・って感じです。実際に搭載されたものを見るまでなんとも言えませんがeGPU経由のRX5700で57651ですからね。eGPUを即座に切り捨てるとは個人的には思えませんが、どうなんでしょうねぇ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA