IIJmioのSMS付データSIMも追加。SMS認証ができる端末を増やす。

の、続き。例えばAmazonが個人アカウントとビジネスアカウントと2つある場合、1つは自身のメインの携帯電話と紐づけるが、もう1つを紐付けようとすると「この携帯番号はすでに紐づいています」となって登録出来ない。Google Authenticatorで逃げていたが、何かの拍子にこれが通らなくなり、ログインできなくなり本人確認をしてリセットしてもらうという事があった。メインの二段階認証はSMSにして、控えにGoogle Authenticatorにした方がやっぱり良さそうなので、Galaxy A7にもSIMを契約することにした。

色々比較検討してIIJmioのデータSIMにした

格安SIMの比較サイトなどをあちこち眺めていると、どうも信用の置けないところが圧倒的に多い。データが古いままか、アフィリエイトサイトでキャッシュバック率の高いものを単にお勧めしているところなどが多くて、現状の、正確な比較ではないところが多い。仕方ないので主要なところで自身で比較して、かつ、信用できるところと絞っていったら結局IIJmioになった。

上の「従量制プラン」の「SMS機能付きタイプA」が1GBで480円/月だ。1GBも使わないうちのようにほぼほぼ事務所内でWi-Fiメインで使っている端末ではSMS付きデータSIMの中ではかなり安い。LINEモバイルより安い。mineoはお試しプラン200MB/月で300円だが、SMS機能は別途料金が必要且つお試し期間を過ぎると500MBのプランに自動で変更され結局高上がり。HISなどの激安SIMもあるが安定性と信頼性をも考えると多少の料金の差しかないとなるとIIJmioの方がやはり良い。さらに楽天版SIMフリーのGalaxy A7はdocomo回線やsoftbank回線よりau回線の方が対応しているバンドが多いのもメリット。

ちなみにRakuten Un-limit Vは・・・先述のとおり既にiPhone12のeSIMで使っていて2台目は特典がないのでこちらではパスした(^^;;;

eSIMを契約していてmio IDが既にあれば単に契約を追加すればよかった

eSIMを既にiPhone12で契約してつかっているのでmio IDはあるが会員メニューからは「SIMの追加」は選べなかった。完全に新たに契約を増やさねばならないのかと思ってサポートに聞いてみたら、サイトの画面がわかりにくいだけでmio IDでログインしてから右上の緑の「ご購入お申し込み」ボタンを押してSIMを選んでいけば、実際には本人確認などはすっ飛ばしてくれる。ならそう書いといてください(^^;;; また本人確認などが必要なように最初の画面ではみえるじゃんか!

そしてもう一つ、申し込み画面のどこにもSIMサイズの選択画面が無かった。これはマルチSIMの為で、microSIMにもnanoSIMにも1枚で対応できるものが送られてくるか、だ。だーかーらー、それも申し込み画面に書いといてくれよぉ(^^; 

てことで

au回線で1GB/月でよければSMS付データSIMの安価なものではIIJmioが一押し

です。うちのように持ち歩くものではなくてWi-Fi環境でほぼほぼ使う場合などでSMSが使いたい、というような場合には選択肢の筆頭に来て良いかと思います。

これで、無事Amazon ビジネスのアカウントの方にも携帯電話を紐づけられます。他にもメインのSMSではないSMSを使いたい場合があるので(あったので)、万事解決、です。(ちなみにSMSや通話などはどのSIMを使うかを選ぶ必要があるiPhone 12のeSIMではこの辺は解決しません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA