macOS High Sierra public beta6 17A344bを入れてみたファーストインプレッション。

| 0件のコメント

使えなくなったアプリ

えーと・・・。APFSに変換されずHFS+のままなのですが、逆にそのおかげでParallels Desktop(APFSでは起動すらできないらしい)は普通に使えてます。今のところ完全に起動すらしなくなったのは KORG M1と、まぁそうだろうな、な、OniX。じみーに痛いですけど(苦笑)

ユーティリティー系ではTechTook Pro 9は未検証の警告がでます。ま、OSのバージョンによる検証が必要なアプリはほぼダメかと。

さすがにDAW系、Adobe系、そしてプリンタードライバが動かないようだと仕事にならないので、その時はとっととベータ版を外そうと思いましたが、先述のKORG M1以外は大丈夫そう。

進化した「写真」アプリ

目立った進化のあった写真アプリはまだちょっと慣れない(^^; 機能が追加にはなってますが、私の場合じっくりいじるのはLightRoomかPhotoShopでするので、そもそもそんなに期待はしてなかったのですが、それでもiPhone/iPadで撮った写真はこちらで管理しているので、それをすぐに修正できるのは便利ですね。なかでもレタッチとビネットは結構使えますね。できることがLightRoomに近くなっている感じ。

Safariがより快適に

なかなか不具合が治らなかったSafariは10.12.3ぐらいで治って快適になっていたんですが、更に軽くなっている感じ。不安定さもありません。

 

そんな感じですが・・・ベータ6だけあって、全体的に不安要素は少なくなってます。が、目立つ新機能が試せるわけでも無いので、興味本位でベータ版を入れるのはやっぱりお勧めしないです。あくまで予め挙動とかを知っておく必要がある人向けですね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。