e-tint Akari AX-12のアウターボタンが壊れたのでアウターボタン買換え。

| 2件のコメント

e-tint Akari AX-12(電子調光式シールド)導入♪で2016年8月に購入したから1年8ヶ月ですね。

右のアウターボタン(バッテリー兼)の導線部分のフィルムが千切れてます。この部分、ほら、お菓子とかのラッピングや、コードなどを束ねている、中に針金入ってて、束ねるやつあるじゃない。園芸用にも出てますけど、あれみたいな感じなんですが、経年劣化で先にフィルムが千切れて中の導線も切れた、んでしょうねぇ。。。

土曜日にB2さんが遊びに来ました。詳しくはこちら(超手抜きw) の帰り道、突然OFFになって、帰って来てからよく見たら切れてたという。二年弱で4000円か。微妙だなぁ(苦笑)バッテリーはまだへたってもいなかったのに、ねぇ。でも、まるっと買い替えずに部品交換だけで済むというのはやっぱりいいかも。

そうそう、このアウターボタン、なんか在庫が無くなって来ているようですけど、Akari AX-12、販売終了なのかしら?

2件のコメント

  1. あらら。
    一度購入すれば、シールド同じやつな限りずっと使えるもんだと思ってましたが、、、思ったよりコストかかるんですね。
    やっぱ次はA-FORCE RSかなぁ〜。

    • この、アウターボタン、Webikeなんかのレビュー見ると、同じく壊れている人いるみたいですねぇ。まぁ電子部品ですから、定期的に買換えは覚悟してましたけど。もうちょっと持って欲しかった、かな(苦笑)

      見え方も独特なので、本当はシールド内臓で軽ければ一番かとおもいますー。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。