KTM 125DUKEが好きな訳(^^

| 6件のコメント

最初に見た時からドキドキして、一発でやられてしまったKTM 125DUKE。私はバイクに乗らない期間はあったものの、若かりし頃には何台か乗り継いでいた。中でも思い出深く、大好きだったこいつをふとググってみる。

20121016-003354.jpg
HONDA NSR125Fだ。イタリアHONDAの逆輸入車で1989年に1000台限定発売のレアなバイク。発売すると知って、当時速攻で予約をいれて新車で買った。
22ps/9000rpmと言う水冷2ストらしいピーキーなエンジンで、峠では半クラッチ多用で回転をキープしなきゃいけなかったが、それはそれは楽しいバイクだった(^^
価格をみたら445,000円也。KTM 125DUKEと変わんねーじゃん(笑 当時としては高かったんだねぇ。

ヨーロッパ製、ネイキッド、価格(笑)、レア感、そしてあえて125ccなのは125ccならではの目一杯感(ニュアンス難しいなぁ)がたのしいからだ。外観はネイキッドという以外に似てはいないが、楽しみ方や受ける印象が、私にとっては一緒だった。
aprilia RS4 125やYAMAHA YZF-R 125やHONDA CBR125なフルカウル車ではなくネイキッドなKTM 125DUKEに強く惹かれたのはNSR 125Fへの面影を見たのかもしれないと、ふと思ったのでした。

6件のコメント

  1. 自分は、前にXLR80を、台車で借りた事があって、
    あのポジションとか、トコトコ走る感覚が、妙に気に入ってたので、
    あんな感じので、維持費安くて、小さくて、馬力あって、超かっちーバイク・・・・

    で、125DUKEに、なりました。

    嫁は、2台目なんで、あきれてますが、なにも言わない嫁が” これ、かっこいい!”と、言ってくれます。

    当分、ビッグスクーターと2台体制でいきます。

    (レースの2台体制よりかは、はるかに、楽なんで・・・)

  2. 「排気量を使い切る」「パワーを使い切る」
    そんな楽しさなんですね。
    実際問題、250ccでさえ、一般道では
    そのあり余るパワーを使い切るなんて、無理です。
    その点で、125DUKEは、重量とパワーのバランスが良いのですね。
    自分の技量に応じて、無理なく楽しめるのが良いのです。
    「排気量を使い切る楽しさ」があるのです。
    その分、技量の高い方には、クラッチを酷使することにもなりますが・・・

    ギアチェンジをすることもなく、
    ルーズに走るのをご希望なら、出来るだけ排気量の大きなバイクに乗れば良いのです。

    私は、バイクにオートマチックな走りを求めていません。
    忙しく操作することを求めています。
    そして、装備的にも我慢を強いられることのないバイクに乗りたいのです。
    だから、125ccなのです。だから125DUKEなんです。
    ただ、それだけなんです。

    あ~あ 語っちゃった~・・・ (^^;;

    • わかります、わかります(^^ 激しく共感。
      > あ~あ 語っちゃった~・・・ (^^;;
      いいんです、mistyhillさんは語る資格充分におありです(^^

  3. NSR125F!!

    実は、つい先日…
    嫁さんのモンキーを物色しに、ホンダドリームに行ったら…
    ちょうど、コイツが整備されてたトコだったんですよ!(^^)

    バイク歴の浅い自分は、もちろん、このバイクを知らなかったんですけど…
    一緒に行ってた友人はすぐに気付いてました♪
    …彼もマニアックだし、当時NSR250を乗ってたから気になってたのかもですね!(笑)

    • えぇぇ!!! まだちゃんと走ってるのあるんだぁ(^^ でも経年劣化でパワーは落ちてるんだろうなぁ・・・。1000台の限定販売でしたからねぇ(^^; しかも125ccだから、結構マニアックじゃないと、知らないかもです(笑

      > 当時NSR250を乗ってたから

      ので知ってたんですよねぇ、きっと(^^ そういえば当時私の周りにNSR250、多かったですよ。にしても、奥様のモンキー、可愛いです♪

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。