映画、マダカスカルのペンギンズが大好きだw

| 0件のコメント

3DCGアニメーション映画も好きで観るが、中でもマダカスカルシリーズが好きで、ペンギンズが大好きだw 4人(?)の絶妙な間は吹替版では味わえなので字幕版が絶対にいい。そう言えば先日「怪盗グルーのミニオン大脱出(吹替版)」をTVでやっていたので初めて観たが、面白かったがまた観たいと思わせるほどではなかった。なんかこう、ストーリーだったり、演出だったり、ノリだったりが今ひとつ足りない気がする…。

ふとどこで作ってんだろうとwikipediaでみてみると「イルミネーション・エンターテイメント」。知らねぇ(^^; ユニバーサルスタジオの子会社。他に何か有名どころを作ってるのかみると「ペット」。あぁ、つまらなすぎて途中で観るのやめたやつ(^^;

一方「マダガスカル」シリーズは「ドリームワークス」。現在は同じくユニバーサルスタジオ傘下。「シュレック」シリーズ、「マダカスカル」シリーズ、「カンフーパンダ」シリーズとヒット作数作を手がけてる。

そぉいや「ソニー・ピクチャーズアニメーション」なんてのもあったよなぁ、何を作ってんだろうと思ってみてみると知ってるもの自体がない(^^;;;

3DCGアニメーションの先駆け「ピクサーアニメーションスタジオ」は言わずと知れた「トイ・ストーリー」シリーズ、「モンスターズインク」、「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」「カーズ」「カール爺さんの空飛ぶ家」「バグズライフ」など観たことが無くても知ってはいるものが多数。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ傘下。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの3DCGアニメーションとしてはずっとパッとしなかったが言わずと知れた「アナと雪の女王」で一気に飛ばし続く「ベイマックス」「ズートピア」もヒット。

・・・こうやってみるとそれぞれに特徴があるねぇ。「ソニー・ピクチャーズアニメーション」のは観たことがあるものが一つもないのでアレだが、「イルミネーション・エンターテイメント」は残念ながら全体的に完成度が低い感じ。嫌いじゃないんだが。「ピクサー」は練りに練ってくる感じで売り方も見せ方もハズレ感が少ない。実際にコケているものはほぼ無い。が、ちょっと優等生的な感じ。「ディズニー」は当たり外れが大きく、大コケしているのも多いが、「アナ雪」「ベイマックス」「ズートピア」は全部観たがどれも満足度は高かったし、また観たいと思わせる余韻がある。

で、「マダガスカル」の「ドリームワークス」だが・・・。これはもう個人的趣味としか言いようがないね(苦笑)。笑いのツボっていうか、間というかが、すごく好き。カンフーパンダも好きなんだが「マダガスカル」の馬鹿さ加減、それぞれのキャクターの立ち度合が際立っている気がする。脚本やストーリー的には「ディズニー」「ピクサー」に軍配が上がるが「ノリ」は「ドリームワークス」。作品的には「アナ雪」「ベイマックス」「ズートピア」が好きなんだけど、つい観ちゃうのは「マダガスカル」、的なw

ウサビッチ的なノリの良さもあるし、ワイリーコヨーテとロードランナーの様な間とノリもある。

ミニオンズのグッズは欲しいとは思わないが、ペンギンズは本気で買おうかと思ったぐらいwww

マダガスカル2でリコが寿司を作るシーンや、マダガスカル3でペンギンズが列車を運転するシーンなんか短いけどもう、大好きw

と、ここまで書いて、グルーに入り込めなかったのは「吹替」の所為かもしれないと思い、「怪盗グルーの月どろぼう」の字幕版を観てみた。

!!!面白いじゃん、可愛いじゃん! 入り込めるじゃん! 吹替版がいかにダメダメで台無しにしていたのかがわかった。ミニオンたちの吹替もダメだし、みんなの間だったり声の表情だったりニュアンスだったり、全然違うじゃん! 演出だったり間だったりがイマイチだと思ったのは全て吹替の所為だったのか・・・。むぅ。。。(略

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。