今時のIJプリンタ 2017

| 0件のコメント

今時のIJプリンタ 2015。で酷評したCANONとEPSON。2016はIJプリンターに全く興味がなかったので書かなかったが、今年〜来年にかけて買い替えねばならなさそうなので、自身用に色々と検討したののメモ。

そもそも・・・

大前提として6色インク、要らないんだよなぁ。何度か書いてきたが、【作品】としてどこかに提出する/一眼レフでの作品印刷ってんならまだしも、普通にデジカメやスマホで撮った写真を2Lサイズでプリントするぐらいなら実は染料4色で充分だ。かつての個人的名機CANON MP810も5色インク(染料4色)。そして染料の4色インクでの写真印刷の綺麗さは

EPSON > CANON >> Brother/HP

となる。4色でも6色でもEPSONの方が写真印刷の綺麗さは若干上だと思う。だが本体の機構だったり品質だったり、ヘッドが自分で交換できたり、を加味してトータルでCANONを選んできた。MP810での写真印刷は充分に綺麗だった。が、その後継機と呼べるものがずっと出てなかったのだ(今は仕方なく貰い物のMG6230を使用)。使い勝手を無視した背面給紙の廃止、インクの減りの異常さ、機構の品質低下等々、挙げればキリがない・・・。あれからどうなっただろうか。。。

印刷コストは実際に使って見なけりゃわからない

比較検討するにあたって印刷コストは綺麗さ・使い勝手とともに重要な要素だ。ある程度は各メーカーでも目安が載っている。が、これが曲者だ。一昨年のエントリーでも書いたように、不必要にしつこいヘッドの掃除でバカ減りし、しかもそこで大半使うだろうというバカなファームウェアだったりするともう全く当てにならない(しかもそれを改善したりユーザが設定できたりということもない)。実際には使ってみるまではわからないというのが現状だ。

 

EPSON

EPSONは、いち早く市場の「インクの異常な消費」「背面給紙の復活要望」に答えた。が、背面給紙は今年の新モデルになってもあくまで「手差しトレイ」扱いの1枚給紙(EP-710を除く)。インクがバカみたいに減るのは若干(本当に若干)改善されたようだが染料6色機ばかり。インクはITH-6CLならセットで実売5000円〜。EPSONの写真プリントが綺麗なのはこの染料6色という部分だ。CANONと違いシアン/ マゼンダ/イエロー/ブラックに加えてライトシアン/ライトマゼンダが加わる事で写真の表現力をあげている。これは2L版サイズでもわかるかもしれない。綺麗な写真プリントというならEP-710/EP-810/EP-880はいいかもしれない。各モデルの違いは単純に機能の差というのもわかりやすい。また、どの機種を選んでもレーベルプリントができるというのもユーザー側に立っている感じがして良い。

安価でバランスのいい顔料4色モデルのPXシリーズも意外とイケている。PX-049Aなんて実売7000円しないw が、Wi-Fi対応だし、コピーもできるし、スキャンもできるし、基本背面給紙だし、意外と使える。問題は顔料4色って部分だ。染料4色とちがって顔料4色は色は沈みがちになる。発色もそうだが、写真の場合、顔料のデメリットが出てくる。にじまないのでグラデーションが苦手で写真では粒状感が出てくる。だが逆に書類系の普通のカラー印刷、滲みやすい普通紙へのカラー印刷はイケている。糊が悪影響を及ぼしやすいラベル印刷はレーザープリンタと違って熱を出さないためにIJの方が向いている。しかも4色顔料なので、ラベルには打って付け。用途がそちら系だったりコピーが主なら、実は一押しだったりする。(プリント速度がちょっと遅いが)実際に顧客の何箇所かに導入したが、どこも好評(ちなみに、いずれもCANONからの買換え)。

CANON

CANONは、私が酷評した翌年、EPSONが手差し1枚でも背面給紙を復活させたあと、やっと市場の要望が届いたのか、全面的に背面給紙を復活させてきた。しかもかつてのMP810と同様にちゃんと2WAY給紙これは超歓迎すべき点。インクのバカみたいな減りはこれもEPSONと同じく若干、本当に若干だが改善されたようだ。が、相変わらず「半分程度残りがあるインクがある状態で空になったインクを交換して準備していると、半分あったはずのインクも空になり・・・(以下略)」なんてバカ状況は前ほどひどくはないが続いているようだ。実際それでTS6030を廃棄しEPSONに切り替えて満足した顧客もいる(EPSONも似た傾向だがまだマシ)。CANONがEPSONよりよかった理由の一つにヘッド交換が自分で容易にできるというのがあったのだが、昨今の機種ではその優位性はなくなった。厳密には簡単に交換できるようにはなっているのだがメーカー販売が無くなったのだ。純正かまがい物かわからない、非正規にヘッドを購入できるところがあることはあるのだが、CANONのやり方に不満が残る。。。

CANONには4色・5色・6色モデルがある。コスパ重視の4色、バランスのいい5色、写真に特化した6色と選べるようになっているのは良い。が、気をつけなきゃいけないのはEPSONと違い4色モデルは顔料ブラック、染料シアン/ マゼンダ/イエローだ。EPSONと違って写真印刷の場合にはシアン/ マゼンダ/イエローの3色で印刷される。黒の表現はシアン/ マゼンダ/イエローを重ねてする。しかも4色モデルのインクはシアン/ マゼンダ/イエロー一体型だ。どれか一つでもなくなれば他のがどれだけ残っていても丸ごと交換だ。5色モデルは顔料ブラック、染料ブラック/シアン/ マゼンダ/イエロー(インクは個別)となり、EPSONの染料4色モデルと並ぶ(これが一番バランスがいい)。が、インクはというと新しい381系で5色でもセットで5200円〜。EPSONの6色セット5000円より高い(一つ前のTS6030用の371系でも4500円なのでそこまで安価な感じはしない)。そして4色モデル同様注意が必要なのは6色モデルだ。顔料ブラック、染料ブラック/シアン/ マゼンダ/イエローにプラスされるのはグレーだ。モノクロ写真やアスファルト、コンクリート、黒のグラデーションの表現力は確かにあがるが、多くの写真ではそこまで優位性はない。実質、写真プリントでは5色ってわけだ。写真プリントでEPSONの染料6色モデルに敵うわけがない。

てことでCANONについてはバランスのとれた5色モデルがもっとも魅力のあるモデルなんだが、イヤらしいのが5色モデルのTS6130にはレーベルプリントが無い。しかも今年のTS6130は大容量インクの設定がない。昨年モデルのTS6030では大容量インクの設定がある。しかも今年のモデルと昨年のモデルでは機能的に全く違いは無い。その差はインクの型番を変えたことと、本体の型番を変えたことだけだ。ここから想像できることは「昨年モデルのまま続投したいがインクの価格も本体の価格も下がってきたので両方型番を変えて再投入」ぐらいか。もっと言わせてもらえば「大容量インクを投入して見たもののインクの売上もプリンタの売上も芳しく無いのでやめた」とも取れる。下位モデルのカラー一体型といい、どうにかインクで儲けよう買わせようというのが見え隠れする。これだからCANONのIJプリンタ離れが進むのだ。いやはや・・・なんともいやらしいというかバカにしているというか、メーカーとしての誠意がないというか。。。一体CANONのIJプリンタ部門はどうなっちゃっているのだろう?

そうそう、もう2つ。一つは年賀状用途ならCANONの両面プリントはハガキ非対応ということも注意しなければならない事。一つは・・・これが結構重大なのだが、CANONの場合、互換インクは完全にアウト(そもそもオススメしないが)。正確にはリサイクル(純正のタンクに入れ替え)なら大丈夫だがリサイクル品という事で本体へ影響を及ぼす可能性はある。それよりもなによりも、CANONのやり方に閉口する。純正品でないインクを検知するとその時挿していた純正インクが全て使えなくなるようになっている! プリンタは動作しなくなり、全て新品の純正インクに変えないと再度動作させられないのだ。しかも外した純正インクをほかのプリンタにってのもダメなのだ・・・。

2WAY給紙復活で喜んだのもつかの間、そのほかの部分を見るとEPSONへの優位性は全く見えない。逆に1枚手差しの背面給紙を除いてはEPSONの方が圧倒的に優位に思える。

Brother

一昨年のエントリーではEPSON/CANONともに最悪の状態だったのでウチでも推してたし、世間的にも一気に浮上した感のあるBrother。CANONと同じ方式の顔料ブラック、染料シアン/ マゼンダ/イエローという構成。写真プリントは3色で表現。ここがBrotherの写真プリントはイマイチと言われる所以だ。だが、Brotherは上位機種もこの方式のため、Brotherなりに頑張っており、同じ方式のCANONの4色と比べても見劣りしないぐらいにはなってきている。Brotherプリンターが比較されるべきモデルはEPSONでいえば4色顔料インクのPX-049A、CANONならTS5130とTS3130。機能で比べればBrotherの方がいい。インクの持ちもBrotherが優位。EPSON PX-049Aはキャラクターがちょっと違うので単純比較はできないがCANONの4色モデルを買うぐらいならBrotherの方をオススメする。Brotherの難点は機構の精度が良く無い事。紙詰まりや2枚給紙を良く起こす。が、それは昨今のCANON IJプリンターも品質低下で初期不良と合わせてよく聞く話だ。(一体CANONはどこにコスト掛かってんだよ?)やはり今年になってもコスト重視ならBrotherは選択肢に置いとくべきだろう。

てことで

電脳-煩悩的まとめ

  • 写真プリントをメインにしたい。 → EPSON 6色モデル(あとは必要な機能で選べば良い)
  • 写真プリントはあまりしないがカラー印刷は必要。普通紙の方をよく使う → EPSON PX-049A、Brother
  • 写真もそこそこでいい、年賀状くらい。とにかく何かプリンタがあればいい。コスト重視。 → EPSON PX-049A、Brother

CANON、あれから2年経った今でもダメですねぇ。今期は電脳-煩悩的にはCANON IJプリンタはオススメしません。一方EPSONは採算を考えつつも真面目に要望に答えてきている感じで好印象です。顔料インクはヘッドの目詰まりを起こしやすいのでEPSON PX-049A、Brother共に数年での買換は覚悟して置いた方がいいですが、元々の価格が安価で1万円を切っているので修理するより数年で買換えていくもんだぐらいに捉えていた方がいいかと思います。

ふぅ。。。どわーっと書いてきましたが、頭の中でもやもやと考えてたことが、書くとハッキリしますね。普段の書類はCANONのモノクロレーザーで出しているウチではIJプリンターが必要になるのはほぼ写真プリント(たまにカラーが必要なプレゼン資料)ぐらいなもんですからそう考えるとウチの場合はEPSONってことになりそうです。背面1枚給紙(手差し)と両面プリントがあるEP-810あたりかな。。。




コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。