最新バージョン、Drive Genius 2.3.0アップデータが出ました。

Drive Genius 2をSnow Leopardで試す。のエントリーでも書きましたが、Macのメンテナンスウェアで多分現時点で1番お勧めなDrive Genius 2の最新アップデータが出ました。2.2.1から2.3.0へ上がり『新バージョンは、不具合の修正を行ないパフォーマンスが向上しました。』との事ですので可能な限りアップデートをしたほうが良いでしょう。

ちなみに『尚こちらの製品は、最新機種対応の開発キットがアップル社より提供されていない為、旧版Drive Genius 2.2のブートDVDと対応機種が同じになります。(ブート起動する機種が増えている訳ではありません。)』との事ですので、最新機種をお持ちの方は注意が必要です。別なMacからのメンテナンスするという方法に限られます。 […]

Sterling by Music Man Silo20につづいてAX40を入手してみた。

実は4月の前半に右手の指を骨折してましてしばらくお休みしておりましたが、やっとキーボードが打てるようになりましたので、またボチボチと書いていきます。さて、Sterling by MUSIC MAN Silo20 やばいです。のエントリーでも書いたようにSterling by Music Manが気に入っちゃったので、いつか本物のMusic Man AXISかLukeを買うまでの気休め?として
Sterling by MUSICMAN AX40 (TG)
も入手しちゃいました(なんでや!)

いや、思った通り良いです。非常に弾きやすい! Sterling by MUSICMAN AX40 (TG)はもちろんAXISバージョンでゼブラなPUも素敵。スッキリとトーンなし1ボリュームなのも私の好み。音も80年代のロックが好きな私にぴったりのサウンド。Silo20もそうですがこのSterling by MUSICMAN AX40 (TG)も意外としっかりとした造りです。このSterling by MUSICMAN AX40 (TG)はフロイドローズなのでガンガンアームダウンしても当然狂いませんね(^^ またこのSterling by MUSICMAN AX40 (TG)ではボディベタが基本なのでアームアップ出来ませんがその分チューニングの安定性も良いです。

ストラトキャスター、テレキャスター、レスポールのどれでもないAXISタイプなので形の好みは当然わかれるとは思います。が実売7万円以下で買えるギターでは私的には1番のお気に入りになりました。

細かいところですが、ボディ裏のキャビティ内はしっかりと導電塗料が塗布されており、ノイズ対策もきちんとしてあります。その内気が向いたらPU交換とかもしてみるかもですが、多分、当分このままで遊んでるような気がします(^^

2010年バージョンでこれのトランスブルーも出た様ですが、私的にはこのトランスゴールドがやっぱり好きだなぁ。イエローっぽいので零号機と呼んでます(笑)。弐号機(レッド)には本物のAXISを・・・。

電脳-煩悩的 ギターアンプ選び。

さーて、ちょくちょくエントリーしているギター関連のネタですけれど、今回はアンプについて。スタックタイプとコンボタイプ、更にはソリットステート(トランジスタ)アンプと真空管アンプとハイブリットアンプ。世の中には様々なアンプがあって、選ぶのに困る。ギター雑誌等でお気に入りのミュージシャンが使っているモノと同じものを選べる(そしてそれを鳴らせる環境にある)人は別として、自宅練習というか自宅で趣味で弾いている様な人はその音質と共に悩むの音量だ。究極にはVOX anPlugとヘッドホンだけあれば夜間だろうとアパートだろうと気兼ねなしに弾ける。が、やっぱり音を出したいじゃない!で、1年間悩んで実際にあれこれ試してたどり着いたとある意外な?話を。。。 […]

Real Playerのrmな動画をMacでaviに変換。

【2012.10.28 追記】

未だにこのエントリーにアクセスがあります。ありがとうございます。ただ、今現在では下記は正常動作しません。Mountain Lionな方は新しいReal Playerのrmな動画をMacでMP4等に変換。なエントリーを参照下さい。

【追記ココまで】

# めちゃめちゃ忙しくて先のエントリーからだいぶあいてしまいましたが、やっと手が空いたのでボチボチと。

表題の事が出来ないのかなぁーとずっと悩んでいたのです。有料・無料問わずMacでもの動画変換アプリケーションは多数あるがReal Playerのrmには未対応。どうにか出来ないかぁと本腰を入れて探してみると、ありました。

How to convert .rmvb to .avi (on PowerPC and Intel Macs)?

出来た!ちょっと嬉し(^^ 英語が苦手な人のためにやり方をちょっと書いておきます。 […]

Snow Leopardでegword universal 2を(今さらながら)利用する。

いやぁ、すごく困ってたんです。製本の原稿なんですけれど、縦書・ルビ有り・記号有り・旧字体有り・40ページというモノで、elgoソフト無き後はiWorkのpages.appで間に合わせていたんですが、大体、縦書きが出来ないんですよね、pages.app。普段はIllustratorで間に合っているだけに、これだけの為にInDesignを買うのもアレだし、今回は全部Illustratorでやると死にそうだしー。

んではってんでSnow Leopardで動作する縦書きワープロ・エディタをかたっぱしから試してみました。 […]

iPhone OS 3.1.3で不意に3Gネットワークが切れる事がなくなった。

既にあちこちで話題になっているので、ご存知の方が多いと思いますが、個人的にこのアップデートは非常に嬉しいものでした。このアップデートでモデムファームウェアも一緒にアップデートされており、モデムファームウェアのバージョンは05.12.01になります。

公的な内容には一切書かれていませんが、いや、何気にiPhone OS 3.1.2の時にはしょっちゅう

「ネットワーク接続が解除されました

選択した携帯電話ネットワークはもう利用できません。”設定”で別のネットワークを選択して下さいネットワーク接続が解除されました選択した携帯電話ネットワークはもう利用できません。”設定”で別のネットワークを選択して下さい。」
ていうのが頻繁に出て、一度交換した程です。iPhone OS 3.1.2以前はそんな事はなかったのですが、3.1.2にした途端にはじまりましたので、モデムファームウェアっぽいなぁと。ちょっと室内だったり、ポケットに入れてたりすると3Gネットワークに接続出来なくなり、復帰するには一度「機内モード」のON/OFFをしたり、ネットワークを自動/SoftBankを切り替えたりすると、アンテナマークが5本無事に立つという・・・。つまりその場所は電波状態が悪いわけでもないになぜか接続が切れてたわけです。
それが今度のiPhone OS 3.1.3では出なくなりましたし、安定しているようです。これに困っていた方に限らず、セキュリティアップデートも含みますので、早めにアップデートをした方が良さそうです。

広瀬香美さん、「愛ぽんちゃんの歌」(iPhoneの事ね)発表(笑)

わははは。深夜に発見して早速聞いてみて不覚にも笑ってしまいました。ちなみに「愛ぽんちゃんの歌」の愛ぽんちゃんとはiPhoneの事。ソフトバンクがんばれとか孫さんがんばれとか、セカイカメラすげーとかそんな歌詞です(笑)ちょっと歌詞変えればSOFT BANKのCM・・・いやアップルのCMに・・・。

広瀬香美さんオフィシャルブログより:夜ブログ)今週の新曲♪「愛ぽんの歌」発表です♡

Sterling by MUSIC MAN Silo20 やばいです。

Sterling by MUSIC MAN Silo20 やばいです。入手してからこのかたずっとこればっかり弾いています。もんのすごい弾きやすい。手に、体にすっと馴染みます。ネックの握りも今までに無い感じでとても良いです。MUSIC MANおそるべし。このSilo20の元はもちろんMUSIC MAN Silhouette(シルエット)なんですが、巷ではあんまり人気が無いモデルで(^^;

私も最初見たときには「うーん。。。このピックガードのデザインがなぁ。。。ピックガード無しなら、Lukeみたいでカッコいいのに。。。」とか思ってましたけれど、いや、正確には今でも思ってますが、それを差し引いてあまりある魅力あるギターです。チューニングの狂いにくさはこの価格帯では特筆すべきモノですし、このオールマイティなサウンドは趣味でギターを弾くには持って来いです。エフェクターとの相性も良いです。さすがにネックなどをみると良い材を使っているわけではないのは一目瞭然なのですが、それでもこの価格帯でこんなギターが作れるというのはすごいです。元のsilhouetteが如何に優れたギターなのかというのがばっちり解ります。これは元のMUSIC MAN silhouetteが俄然欲しくなりますねぇ。てことはMUSIC MANの思惑はばっちり、て事ですね(笑) いやぁ、これ、 […]

電脳-煩悩的 定価7万円以下のGuitarランキング

先のエントリーでSterling By MUSIC MAN Silo20の簡単レビューをしていてふと、このぐらいの価格帯のGuitarのまとめをしといたほうが実際に買おうと思った方の目安になるなと思い立ったので、以下簡単に現在手元にある・過去に使ったことがあるGuitarのまとめというか順位付けというか。(もちろん個人的主観で書いてます) […]

Sterling By MUSIC MAN Silo20他を入手してみた。

しょーこりもなく、Sterling By MUSIC MAC Silo20を入手してみました。定価68250円、今回はアウトレットではなく最安値40,000円で。いやぁ、ずっと気にはなっていたんです、Sterling。もちろんMusic Manなんて気軽に手が出せるわけもなく、指をくわえて見ているだけですが、その兄弟ブランドが日本上陸となると俄然興味が湧いてきたわけです。つまりはPRSに対してのPRS SEのようなもの。PRS SEは評判ガタガタだったからなぁ(^^; チューナーは10曲弾くとメタメタ狂うとか、PUが全然良くねーとか。材が価格ほどの事はねーとか。。。はい、食指は動きませんでした。実物見に行っても今一つでしたし。結局その時にはFender JapanのエアロダインストラトとPRS SEと島村楽器オリジナルのCoolZ(中身はFUJIGENのOEM)を試奏してみて結局CoolZを入手したくらいですから。。。

で、Sterling By MUSIC MANはインドネシア製なんだが「ネック調整、フィンガーボードの処理、フレットワークなど、直接のプレイアビリティを左右する最終調整はカリフォルニアの工場で行い出荷しています。」だそうで品質にも期待がもてる。これは弾いてみたい。そう思ってまずはググってみるも、Sterling by MUSIC MANのレビューなんて皆無でした(^^;;; なので評判も分からず。これは人柱になるしかないなぁと正月早々に注文しました(笑) 注文直前までAXISデザインのAX20と、SilhouetteデザインのSilo20と迷いましたが、結局よりシンプルで安価なSilo20を兎に角試してみようとSilo20に。

ということで届いたので早速開梱してSilo20を出してみてマジマジと眺めてみる。。。いいじゃん! つ・・・造りも […]