Googleアカウントを作り直す。

| 0件のコメント

みなさま、今年もよろしくお願いします。

さて、新年早々表題にある通り、Googleアカウントの作り直しをしてました(苦笑)。Googleアカウントは完全に個人用として10数年使ってきましたが、特にGmailがヤーな感じ(良からぬところに記録されてしまい、スパム、広告メールわんさと、過去メール膨大になってスパムフィルタ等が効いてて良からぬものは届かないとは言え全体的に重い)になってきたのもあって、そろそろメアド自体を変えた方が良いなぁと、Gmailのメアドを変えるため(現時点ではGmailのユーザ名を変える事が出来ない)、これまでのGoogleアカウントから新たに作ったGoogleアカウントへ引っ越すって訳です。

ここで「え? Gmailではエイリアスも使えますよね? それじゃダメなの?」って思う方もいるかもしれません。ダメです。Gmailのエイリアスはなんの役にも立ちません。メールアプリのフィルタ、Gmailのラベル機能と出来る事はなんら代わりありません。詳しい事はこちらの方がまとめてくれてますので気になる方は参照してください。補足して置くと、例えば本来のGmailアドレスが

addressdayo@gmail.com

だったとします。これがGmailエイリアスだと

address.dayo@gmail.com や addressdayo+naisyo@gmail.com

も使えるわけですが、例えばとある人・所に本来のaddressdayo@gmail.comを知られたくなくて捨てアドレスとしてaddressdayo+naisyo@gmail.comを教えたとします。が、例のサイトで書かれている通りルールを知っている人なら一発で本来のアドレスを知りえるのはもちろんの事、このエイリアスアドレスは使えるってだけで、明示的に登録したり削除したりとかする訳ではないので、addressdayo+naisyo@gmail.comを教えた人・所からのメールを受け取りたくないと思っても、addressdayo+naisyo@gmail.comのアドレス自体をユーザが明示的に削除する事は出来ません(^^; 受信したメールをフィルタリングして削除するしかありません。逆をやられるかもしれません。a.ddressdayoやad.ressdayoやadd.ressdayoと逆にフィルタリングを逃れて勝手なGmailエイリアスで送ってくるかも知れません(^^; +も使える事から無限に・・・(^^; だったらToでフィルタリングするより最初からFromでフィルタリングした方が確実です。つまりGmailのエイリアスとは簡単に言えばメアド自体に予めラベルを付けているに過ぎません。てことで、まったく意味のない機能って事です。

さて本題。以下、やった事の個人的メモ。

 

まずは新しいアカウントを作る

新しいアカウントを作ります。するとログアウトせずに2つのアカウントを行ったり来り出来るようになります(マルチアカウント)。どちらからも一旦ログアウトして、新しいアカウントでログインするとデフォルトアカウントになります。新Googleアカウントの二段階認証をON。

データ移行の前に、各サービスへのメアド変更

新旧のGmailにログイン出来る状態のウチに、旧Gmailアドレスで登録していた各サイト、各サービスへ新Gmailアドレスに変更手続きを済ませる。場合によっては旧Gmailにも確認のメールが行ったり、その古い方に届いたメールで認証しないとメアド移行出来なかったりする場合があるからね。ココはホントにじっくりきっちりやろう。通販サイト、ネットサービス、保険登録、アプリのユーザ登録、二段階認証のサブアドレス等々、忘れているものが無いか、充分に確認してメアド変更を済ませます。私はそういうのも含めもろもろをEverNoteに記録しているので一発検索(^^ ついでに、もちろんもう必要のないサイトやサービスは省きます。

これは使う時で構わないがiPhoneやiPad、スマホ・タブレットで使っているアプリもGmailで登録しているものがあればそれもログインし直しなどをする必要が、もちろんある。

データの移行

私の場合データがあるのはGmail、Google Drive、YouTubeの3つです。

Gmailのメールをチェックしてどうしても残しておきたいモノを厳選します。私の場合はMacのMail.appを使ってますのでMail.appに新しいGmailアカウントを設定します。新旧のGmailアカウントのメールが扱えるようになるので、先述した厳選した保存しておきたいメールを新Gmailのアカウントのフォルダ(メールBox)にドラッグ。以上w

Google Driveも同じく一旦MacのDesktopにtempフォルダを作っておいて旧Google Driveのフォルダからコピー。MacのGoogle Driveからサインアウトして新アカウントでサインインし直し。新しいGoogle Driveのフォルダにデータを移動。

YouTubeの方はというと、過去にアップロードしたビデオがあるのだが・・・もう良いかな、ってんでそれは移動しない事に。必要なのは登録しておいたチャンネルがあるので、それをチェックしつつ新アカウントの方で登録し直し。まぁ10個ぐらいなのですぐに終わった。

旧Googleアカウントの削除

念のため、サービスから削除。

Google→アカウント→アカウント設定→アカウントやサービスの削除→サービスの削除

と進んで、使ってたサービスのデータごと削除。終わったら

Google→アカウント→アカウント設定→アカウントやサービスの削除→アカウントの削除

と進んでアカウント自体を削除(復活猶予の為に別なメアドが必要となります)。

と、ざっとこんな感じ。Gmailだけで20GB近く、Google Driveにも10GB近くデータがあったからね。超スッキリ(^^

あ、ちなみに私の場合Gmailは個人用とは言っても対個人では使ってないので、ゴッソリ削除できましたけど、個人対個人用途で使っている方は一旦アーカイブして引っ越すとかの方がいいかも。やり方はググれば見つかるかと。それと各個人へのメアド変更のお知らせも、作業に加わりますね(^^;

更にちなみに、GmailをiPhoneのApple IDに使っている方をたまにお見受けしますが、個人的にはお勧めしません。こういう時にも不便ですしねぇ。Apple IDでは素直にiCloudメールを取得する方が後々便利です。

参考までに、あくまで私の場合ですが、iCloudのメールは完全個人用で個人対個人用。これだと(サイトで使わないので)スパムが届く可能性が少なくなるのでAppleがサービスを止めない限りメアド変更のお知らせとかをするような状況になる可能性が少ないって訳です。サイトサービスや通販など、同じ個人用でも相手が不特定多数の場合にGmailを使います。Gmailはフィルタが強力なのでスパム対策もとりやすいってのもあります。更にiPhone/iPadではバッテリーの事を考えて、受信をiCloudはプッシュ、Gmailは手動、他にある業務用のアドレスはフェッチにしています。友達・個人のメールはすぐにお知らせ、お店などは手動、業務用は定期的にチェック、と使い分ける事で、バッテリーの消費を抑えている訳です。特にGmailはメール数が多くなったりすると顕著なんですけど、動作が遅くて他のが一瞬で終わるメールチェックに結構な時間を使ってたりするのでこれをフェッチだったりどうにかしてプッシュにしたりするともう、バッテリー消費がばかになりませんしね。で、こんな感じにしている、という訳です。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。