今時の決済システムはコード決済がオススメ。

| 0件のコメント

と、そのまえに・・・乱立している「◯◯Payを比較、ランキング形式で紹介」的な記事のヘタレ具合

きちんとわかって解説しているところは本当に少なく、多くは自身でも良くわかってないまま(アフィリエイト)記事を書いている始末。

そもそもバーコード決済/QRコード決済と電子マネーは全く違うものなのに、一緒くたにしているところが多く、あまつさえ全くシステムが違うAmazon PayやPayPalまで一緒にしているところまである始末。Amazon PayやPaypalに至ってはスマホ決済ですらなく、単にサービス名に「Pay」という言葉が使われているに過ぎない。わからないなら書かなきゃいいのに・・・。

さて、本題のスマホ決済。スマホ決済と一口に言っても大きく2つに分かれる。意味合いも使い勝手も違うのでちょっと整理してみたいと思う

電子マネー

交通系のICカード、例えばsuicaなどと、waon、edy、QuickPay、iD、Google Pay、Apple Payがここに入る。非接触ICカード、チップを読み取り機にピッとかざして決済をするのが基本。いわゆる昔でいうところ「おサイフケータイ」もこれ。

コード決済

PayPay、R Pay、au Pay、d払い、メルPay、LINE Payなどがこれに当たる。バーコード/QRコードを読み取ってもらって支払う。問題を起こして挫折した7Payもこれ。ゆうちょペイも。

乱立してきているのは、こっち、(以後バーコード決済/QRコード決済をまとめてコード決済と表記)コード決済だ。先述の電子マネーではない。クレジットカードとプリペイドカードを一緒くたにしているようなものだ。そこを間違うとなにも解説できないのだが・・・ねぇ・・・。

で、コード決済何がどう良くて流行ってるわけ?

簡単に書いちゃうとそれまでのクレジットカード決済や電子マネー決済よりシステムがよりシンプルになっているのが、いいのだ。

最近のSoftbankのCM

田舎の田んぼ道で直売しているおばちゃんから野菜をコード決済で買う、的なのが冒頭に出てくるが、まさにコレだ。CMでも先述した様なヘタレブログでもかかれていないが、コード決済は使うユーザよりも提供する側に大きなメリットがあるのだ。支払うユーザ側には実のところ電子マネーとの使い勝手の大きな差は無い(キャンペーンでの差はもちろんあるが)。

電子マネー決済を提供するには当然申請して審査がある。その審査も意外と厳しく、個人事業主などにはちと厳しいのに加え、他に、非接触ICを読み取るリーダーも用意する必要が当然あるなど投資もでてくる。固定費用もかかったり手数料も高め。これはひとえに加盟店側というよりはユーザ側の利便性のみを追求して提供した形だ。

一方のコード決済は、例えばPayPayは加盟店になるための手数料ゼロ、最低限必要なものはスマホのみ。審査は当然あるが、営業している事がわかりさえすれば多分審査は通る。なので、CMの様に直売のおばちゃんでも加盟店になれる、というわけだ。こういう直売やら個人のお店やらがスマホ決済できる様になると購入ユーザ側の利便性も当然高まる、というわけだ。

なんども言うが電子マネーとは話がまるで違うのだ。

PayPayと楽天PayとメルPayとLINE Pay

大きくはこの4つのサービスが主だろうと思われるが、支払い側ユーザの利便性やポイントという側の事だけを考えるとそれぞれに特色があって、なかなかに拮抗しているから「どれかつかってみよーかなー。どーれーがーいいかなー。」とあちこち調べたりしているかも知れない。楽天のヘビーユーザで楽天ポイントをガンガンためている人なら迷わず楽天Payを利用すべきだし、メルカリのヘビーユーザなら当然メルPayがいいと思う。

が、視点を加盟店側から見てみると見方が大きく変わってくる。まず、微妙なのがLINE PayとメルPay。SoftbankのCMの様な田舎の・・・って考えると知名度はそこまで高くなくユーザを見込めるかとなると圧倒的にPayPayの方が知名度が高く利点が大きい。そして、

  • PayPay: 導入費無料。利用手数料 2021.9まで無料(ユーザスキャン方式に限る。また2021.9以降は有料)
  • LINE Pay:導入費無料。利用手数料は2.45%(2021.7まで0%)
  • メルPay:導入費無料。利用手数料1.5%

現時点ではPayPayとLINE Payは導入〜運用を含めて2021年夏までは完全無料。

ん? 楽天Payは? と思ったあなた。そう、楽天Payだけはちょっと毛色がちがうのだ。コード決済にも対応はしているが、クレジットカード決済、電子マネー決済にも対応するサービスなのだ。つまり加盟店側からすると、クレジットカード決済審査、電子マネー決済審査、リーダーが必要だったり、と、PayPayとは違い個人店舗や個人事業主が加盟しやすいってわけでは無いのが大きく違う。大きなお店では楽天Pay一つであれこれできるのでコスト的なメリットはあるが、そうで無いところはコストが大きくのしかかる。

というわけで(笑

PayPay加盟店になってみた話しでした(ぉぃ

いやほんと、無料です。スターターキットも無料で送られてきました。どれかのサービスへの加盟を検討しているなら現状の一押しはやっぱりPayPay。そうやって個人店や個人事業主の参加が増えていることを踏まえて考えると、楽天サービスやメルカリのヘビーユーザ以外の一般的な購入者側が選ぶコード決済サービスとしてもPayPayが現状では一番かな、と。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。