Kodak PIXPRO SP360 4KもGET。SP360とのおおまかな比較。

| 0件のコメント

速攻で見つかる

探したら速攻で見つかりました(笑) 即GET。即ファームウェアアップデート。

スペックや仕様上の違い

サイズがまず違います。上から見るとSP360は縦長、SP360 4Kはほぼ正方形。ので、ケースやカバー類は使い回し出来ませんね。ほかざっとみると

  • バッテリーは共通。
  • 三脚ネジ取り付け位置などは共通。
  • 映像素子:SP360 MOS / SP360 4K CMOS
  • MicroSD:SP360 microSDHC(32GB)までFAT32フォーマット / P360 4K microSDXC(128GB)までOKでexFATフォーマット
  • 手振れ補正:SP360 手振補正1072×1072(30fps)でのみ / SP360 4K:どのモードでも設定可
  • 静止画最大:SP360 10M(3264×3264) / SP360 4K 8M(2880×2880)で、解像度自体は初代のSP360の方が上
  • カラーモード選択:SP360 4Kでのみ「標準」「白黒」「鮮やか」を選択可能
  • 夜景モード:SP360 4Kでのみ設定あり
  • 画角:SP360 4Kでは水平方向360°、垂直方向はSP360の214°を超えて最大235°まで
  • SP360 4KではWEBカメラとしても使えるように(Windowsのみ、Skype用に最適化されてるとのこと)
  • SP360 4Kでは別売のリモコンが使える

とのことで、まず、HDRの類が相変わらずないのがアレですねぇ。ただ手振れ補正がどのモードでも設定できるようになっているのがまず、良いですね。それからSP360ではダメダメだった夜間も夜景モードが追加されているので、夜間の撮影も幅が広がりそうです(先述の通りHDRの類がないので夜間のツーリングではどうかとは思うけれど)。

動画はドームモードでの最大解像度がSP360では1440×1440(30fps)だったものがSP360 4Kでは同じ1440×1440でも(60fps)が選べる。さらに上の2048×2048(30fps)、4倍の解像度になる最大2880×2880(30fps)でも可能なのが利点。実際の動画でどう変わるか後日試してみたい。

一方、静止画はスペックだけ見るとスペックダウンしてますね。

実際のところはどーなのか

作例は後日あげたいと思いますが、さすが解像度4倍になっているだけありますね。SP360ではVHSテープを何度かダビングしたような(苦笑)潰れてしまっていたディティールもしっかり表現できています。太陽が後ろから当たった雲の微妙なグラデーションも大丈夫。SP360との差は雲泥の差ですね(^^;

イメージ的には4Kじゃないパナソニックのウェアラブルカメラと同等の動画画質でVR動画ができるイメージ。

GoPro Fusionでは見たまんま4Kって感じの高詳細で映像のプロでもイケると思うが、後処理するパワーのあるPC/Macが必要になることを考えるとある程度のスペックPC/MacでなんとかできるKodak PIXPRO 360 4Kの方が現段階では一般ユーザ向けではバランスがいいんじゃないかと思います。うん。

一つだけ気になったのが写真。色が標準でもビビットでもあっさり目になってます。映像素子の違いかと思いますが、解像度自体もSP360の方が多いこともあり、写真だけはSP360の方がそのままの状態ではぱっと見綺麗かも。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。