2018年5月30日
から usadii3
0件のコメント

そーいえば、ひっさしぶりに「おかせい」で女川丼。

そーいえば、書くのすっかりわすれてましたけど、先週の病み上がりの時に、友人に連れてってもらったデス! したら、引っ越しててびっくり。しらんかったー!女川駅の新しいストリートの良いところに移ってて、テラス席もあったりで、ますます良い感じ。もちろん女川丼(写真は無し)頂きました♪ 注文するとリモコンのブザーを渡されて好きなところで待ってられるのもこういうお店では良いですねー。平日でしたけど、あいかわらずひといっぱい! 美味かったです(^^

2018年5月29日
から usadii3
0件のコメント

そーいえば、komineのサイトが(やっと)今風の、見やすいサイトに変わったね。

ウェア類のデザインが最近ぐっとよくなって来たkomine。でも、サイトが使いずらく、ダサく、Windows環境以外では表示がおかしくなったりしやすいなど、ものすごーーーーーーく、遅れていた。が、どぉやらやぁぁぁぁっと重い腰を上げてリニューアルしたようですね。

サイトは、いまだにちょっとおかしいところがあったりするんだけど、ま、これまでのから比べたら雲泥の差なので良しとしましょう(苦笑

productのページもSSライディングギア、AWライディングギアという項目があれば事足りるところをレディースを別個設けたりして良く考えられていて好印象。高価格化せずに、デザインも機能も良く、安価なもの、を出し続けて欲しいと思います。

http://komine.ac

2018年5月20日
から usadii3
0件のコメント

自動運転バス・・・は、バスロボットと言った方がよくないか?

歩行者がいる道路で自動運転バス ソフトバンク子会社が実証実験 てな記事が上がってつらつら読んでて、ふと、思ったんだが、自動運転レベル4のバスって、自動車産業てきには「自動運転」なんだろうけど、消費者やユーザにとってわかりやすいのは、そりゃもう「バスロボット」じゃなかろうか? と気がついた。そうか、ずっと自動運転の自動車ってものに違和感があったが、レベル3は目に見えないだけで運転を代わってくれるAIのドライバーがいるってことだけど、レベル4ともなればバス型ロボットなんだろうなぁ、と。そう見方をかえたらスッキリ。

上の写真の車の正面を表情を作れるようにとかして、手を挙げてのりたいジェスチャーするとこっちチラッと見てとまって「どうぞ、僕に乗って!」とドアを開けてくれて。出発〜。 トトロの猫バスのようで、うん、それは楽しいかも♪

2018年5月20日
から usadii3
0件のコメント

今日は運動会日和ですねぇ。。。

ポカポカ陽気で良い感じの天気です。。。地元の学校のあちこちで運動会をやってます。

私はというと先週半ばから肺炎にかかって寝込んでます(苦笑) やぁっと、今日になってよくなって来ました。。。もう少し無理せず安静にしないと。。。です。。。

2018年5月20日
から usadii3
0件のコメント

どこにも吐き出せないのでココに吐く。メイドインアビスを全否定する。(チラ裏)

単にあまり好きな系のストーリーじゃないものはただ単に観ないし、観たとしても評価を書くことなどないのだが、アレはなんだ!? 怒りさえ込み上げてくる。アニメ10話で我慢の限界。久々に残り数話を残してもう観る気が失せた。

(以下、全否定なので肯定派、ファンの方は読まないことを確実にお勧めする)

続きを読む →

2018年5月16日
から usadii3
4件のコメント

CASIO デジカメ生産終了。

       「長い間のご愛顧、ありがとうございました」 カシオ、デジカメ生産終了告知ページをオープン     

が公開された。いち早くデジカメを世に出したCASIO。QV10は画期的だったが、画質は荒く「デジカメの時代はまだまだこない、やっぱり銀塩」なんていう声が大多数だった時代。(はぁ?何言ってんの?どれだけ画期的なことなのかわかっちゃいない・・・と思ったもんだが、案の定あっという間に遥か彼方に追い抜かれたがw)

iPhoneやらのスマホの時代になって、何度か書いたが「もうコンデジ要らない」ってのがいよいよ現実になったってことですねぇ。どれか一つ持ってくならスマホだもん、絶対に。取った後の処理も圧倒的に楽だし。

それだけスマホ・タブレットというのはいろんなものを再定義したって事なんだろうねぇ。

なかなか面白いので、こちらの記事もどうぞ。

カシオがもたらしたデジカメの歴史を振り返る

2018年5月12日
から usadii3
0件のコメント

TaoTronics TT-BH035が発売されました。AAC対応は伊達じゃない。

TaoTronics Bluetoothイヤホンの新型。TT-BH026を買って見た。の進化版、TT-BH035が発売されました。

Apple製品にはうれしいAAC対応

TT-BH026を愛用してましたが、AAC対応ってことと今なら20% OFFクーポンのメールもきたってことで入手してみました。

最初の1曲目は音がとんがって耳に刺さる感じでしたが5曲目ぐらいから音が変わって来て10曲目ぐらいから落ち着いて来たので以下のレビューは10曲目以降の話です。

続きを読む →

2018年5月12日
から usadii3
0件のコメント

てことでAmazon Echo Dot追加。スマートコンセントも追加。

Amazon Echo Dotを半年使ってみて。で書きましたが、私には合っているようなのが確認できたので、自宅(事務所と同じ敷地)の寝室にEcho Dotを追加しました。今度はホワイトです。(いや、なんとなく)

寝室には猫が2匹いるので、これからの季節扇風機と換気扇が欠かせないので(エアコンは無い(泣))、それをどこからでも制御できればな、ってのが一番ですが、寝室ならAlexaさんにいろいろ頼みたいこともあるので(^^

スマートコンセントも日本仕様のが充実して来た

スマートコンセントも当初はアース付きの3本仕様のコンセントばかりで、日本仕様の2本のがなかなか出て来ませんでしたので仕方なくつかってましたが。どこぞがクラウドファウンディングで一個7000円で開発・発売なんてバカなことやってる間に、続々と発売されちまってますね。いまんところの最安値はこれかな。

続きを読む →

2018年5月8日
から usadii3
0件のコメント

家電リモコン ラトックシステムREX-WFIREX2

現行モデルREX-WFIREX3は7000円弱だが、旧モデル(といったって昨年末に出たばかり)のREX-WFIREX2の方が4980円になったので、それなら!と購入。
私の場合、実は色々な家電のリモコンを使いたかったのではなく、オフィスの古い三菱製エアコンのコントロールをしたかっただけなので、もともと価格が高いのは買う気が無かったというのと、現行モデルのREX-WFIREX3との機能的な違いはないのとで、REX-WFIREX2を選択。

Alexaホームスキルに対応したが

Alexaのホームスキルやカスタムスキルを使うには「家外設定」をONにする必要があり、そのためにはルーター側でポート開放やREX-WFIREX2のMACアドレスを使った固定IPアドレス割り当てなどが必要と、ありがたい某レビューアの情報があったので、詳細マニュアルを見ながら難なく設定。

注)簡易ルーターやPocket WiFiなど、ルーター側にこのルーター側でポート開放設定や接続機器のMACアドレスを使った固定IPアドレス割り当てが出来る設定の無いものではREX-WFIREX2/3でのAlexaでの操作は難しいかもですので注意

それと、このマニュアルの存在自体がわかりにくくWebマニュアルでいいのかと思いきや、Webマニュアルは簡易版で、別にPDF版の詳細マニュアルがあるのにしばらく気がつかず、エアコンのリモコンテンプレート画面の操作のわかりにくさと合間って機能を理解するのに丸一日かかりました(苦笑)Webマニュアルにリンクが貼ってある「詳細マニュアル」をダウンロードしてPDFで見るなり印刷するなりしてこちらをじっくり読むことをお勧めします。

続きを読む →

2018年5月2日
から usadii3
0件のコメント

Amazon Echo Dotを半年使ってみて。

Amazon Echo Dotを使い始めてから約半年経ちました。対応デバイスもだいぶ増えて来てはいるんですけど、うちではスマートスピーカー対応コンセントが3つとBluetooth接続しているスピーカー以外は増殖していません。

本当に必要なのかどうかじっくり考えてからでも遅くない

IoTでみなさん一番最初にやろうと思うのは照明かもしれませんねぇ。でも、照明を2つばかり対応コンセント経由でちょっとON/OFFしにくいところのやつのON/OFFをAlexa経由でやってみていますがどうだろうなぁ、メインのLED電球x4の引掛シーリング照明 x2がメイン照明なんですけど、こちらはいまだ手動です。なぜか。

  • 調光の必要性を感じない
  • ON/OFFスイッチが入り口にちゃんとあるのと紐のスイッチもついてるので敢えてボイスコマンドでやる必要性を感じない
  • 出先からON/OFFする必要性を感じない
  • hue gatewayの価格の高さに躊躇

て、ところです。なんどか導入しそうにはなったんですけど、今一度「本当に必要か?」と自信に問いただすと「う・うーん・・・」となって今だに未導入なんですw

続きを読む →