Roxio Toast 16にしたばかりなのにToast17に更にあげてみた

| 0件のコメント

今年の夏に重い腰をあげてそれまで使ってたToast 14ではmacOS HighSierraではどうにもならなくなったのでToast 16にした。・・・ばかりなのだがmacOS Mojaveでは「このアプリはMojaveには最適化されてねぇけど?」と出てくる。んじゃぁ使えないかってぇと使えるんだなこれが。。。でも先述のメッセージがうざいのと、Toast 17からは64bitアプリケーションになってるのが如何ともしがたい大きな差だろう。またも重い腰をあげて半年しか使っていないToast 16からToast 17にしてみた。ま、なんだかんだ言ったってToastは結構使うし、ねぇ。

64bit版になってmacOS Mojave対応

早速Installして起動してみたが、なるほどねぇ、感覚的な話で申し訳ないんだけど、サクッと起動するのだ。Toast 16までは裏で準備をしているような感じがあって、起動、だったけれど、サクッと起動する。だからなんだと言われてしまえば何でもないとも言えるけれど、64bitアプリになって正式にmacOS Mojaveに対応しているというのはこういう細かいところで実感するって話です。うん。

通常版にするかPro版にするか

これまでToastを使ってた方はもちろんRoxio Online Storeでアップグレード版を購入するのだと思うけれど、通常版とPro版があってちょっと悩むんだよね(苦笑い) でもちょっとまって。Pro版の違いはBlu-Rayが扱えるかと、さらに追加のアプリがつくというもので、追加のアプリに魅力を感じなければのこるはBlu-Ray対応のみだ。これは実はプラグインで別途販売している。

そして意外と知らない人もいるのだけれど、これ、Toast 11,12,13,14,15,16,17の時から変更は無いのだ。つまり過去にこのHD/Blu-Ray Discプラグインを購入していれば買い直す必要はない。私はToast 11の頃に入手済みなので通常版のToast 17にした。

大きな声では言えないけれど…

Roxio Online Storeで購入するときには日本円ではなくてUSドルにしてみると何かいいこと有るかも、ですよ(笑 ちなみに日本円での通常版のアップグレード料は9,999円。USドルでのアップグレード料は$59.99・・・。いや、ほんと大きな声では言えないのです(笑

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。